今週の医療経営Q&A・CaseStudy トピックス


病院経営CaseStudy 一覧を見る

幅広いニーズに対応する地域住民のための急性期を追求

2018年1月1日に新築移転した大原綜合病院。法人内の病院の機能分化と連携を進め、地域完結型医療、さらには“まちづくり”の中心となる病院づくりに取り組んでいる。 ...続きを見る


介護福祉経営Q&A 一覧を見る

Q.2018年度ダブル改定を受けて「介護医療院」に早く転換するメリットとは?

今回の診療報酬・介護報酬同時改定で、「移行定着支援加算」の新設以外に、早く「介護医療院」に転換するメリットについて教えて下さい。 ...続きを見る


クリニック経営Q&A 一覧を見る

Q.診療報酬・介護報酬の両面からの地域包括ケアモデル・有床診への手厚い評価とは?

地域包括ケアモデルに対して幾つかプラスになる改正点があったと聞きました。具体的に教えてください。 ...続きを見る

新着レポート


特集記事 一覧を見る

特集 4月スタート!「介護医療院」に未来はあるか?(下)

厚生労働省はさまざまな施策を通じて2018年度末で廃止される25対1医療療養病床や介護療養病床からの転換を後押ししているが、一方で自治体は介護保険財政の負担増への懸念などを背景に、必ずしも積極的ではない。転換する際には財政負担を懸念する自治体や自己負担増を迫られる患者・家族への十分な説明が求められそうだ。 ...続きを見る


医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー 一覧を見る

医療IT最前線 第46回

現在、診療所の電子カルテの普及率は約4割。既存の診療所ではなかなか普及が進まない要因は、「電子カルテの費用対効果」が見いだせないからではないでしょうか。 ...続きを見る


今月のキーポイント 一覧を見る

急性期医療におけるタスク・シフティング

前回に引き続き、今改定における7段階に再編された「急性期一般入院料」について紹介する。地域中核的な高機能病院や大学病院等は別として、全国的に数多く存在する「7対1」急性期病院にとって要件の厳しい同入院料1届出に固執することが果たして得策なのかどうかを今一度、考えてみたい。 ...続きを見る

MMI一週間無料購読
医療経営相談室
日本経営グループの経営セミナー