今週の医療経営Q&A・CaseStudy トピックス


クリニック経営Q&A 一覧を見る

Q.今回の新型コロナウイルス感染症拡大を受けての歯科診療における特例措置について

今回の新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、時限的・特例的な対応として電話や情報通信機器を用いた歯科診療の実施が容認され、歯科診療報酬も算定できるとのニュースを見ました。 ...続きを見る


調剤薬局経営Q&A 一覧を見る

Q.薬剤師の判断でオンライン服薬指導を実施する場合の「患者、服薬状況等に関する情報」とは?

最近届いた厚生労働省の通知によると、新型コロナウイルス感染症防止のための「時限的対応」として、薬局薬剤師が患者・服薬状況等に関する情報を得た上で、薬剤師自身の判断で電話や情報通信機器を用いた服薬指導が行えるようになったと聞きました。この場合の「患者、服薬状況等に関する情報」とは、どのような内容になるのでしょうか? ...続きを見る


介護福祉経営Q&A 一覧を見る

Q.「新型コロナウイルス特措法」に基づく緊急事態宣言発出に伴う介護事業所の対応について

私は地方都市で特別養護老人ホームや、複数の介護サービス事業所等の経営に携わっています。4月17日「新型コロナウイルス特措法」に基づく緊急事態宣言が全都道府県に発出されました。 ...続きを見る

新着レポート


特集記事 一覧を見る

特集 本人の「心づもり」を共有するために、患者・家族が納得できる「人生会議」

患者の意思を尊重した医療・ケアを提供し、尊厳ある生き方を実現するというアドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning:ACP)。言葉自体は知られるようになったものの、なぜACPが必要なのか、どう取り組めばいいのかといった疑問点なども多い。国立がん研究センター東病院精神腫瘍科の小川朝生科長にACPの考え方、日本で推進していくうえでの現状と課題、ACPで重要となる意思決定支援のあり方を解説してもらった。 ...続きを見る


医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー 一覧を見る

医療IT最前線 第92回

診療所は院長(医師)のもと、看護師やコメディカル(放射線技師、検査技師など)、事務員など様々な専門職種が、それぞれの役割を担って、組織として存在しています。小さい組織のうちは、院長のリーダーシップでなんとかコントロールすることは可能ですが、組織が大きくなるにつれて、徐々にコントロールが難しくなっていきます。 ...続きを見る


今月のキーポイント 一覧を見る

新型コロナウイルス感染症災禍における医療保険制度の「特例的対応」について(1)

安倍首相は「緊急事態宣言」の対象を全都道府県に拡大することを表明し、翌4月17日に開催された記者会見で、都道府県医師会が主導する「検体の摂取に当たるPCR検査センターの設置」や、「初診オンライン診療の積極活用」等に加え、重症患者の治療に当たる医師や看護師の処遇改善に向けて、「診療報酬を倍増する」方針を打ち出した。 ...続きを見る

MMI一週間無料購読
医療経営相談室
日本経営グループの経営セミナー