消費税増税が目前に迫った今、医療機関の損税問題は解消するのでしょうか。

今週の医療経営Q&A・CaseStudy トピックス


介護福祉経営Q&A 一覧を見る

Q.急性期病院から退院してくる患者を受け入れるには

2016年の診療報酬改定で、病院の退院支援に高い加算がつきました。今後在宅や介護保険施設に早期に移る高齢者がますます増えることが予測されます。受け入れ側の介護施設や居宅の事業所が考えるポイントはどのようなことでしょうか。 ...続きを見る


病院経営Q&A 一覧を見る

Q.第二次「公的病院改革プラン」における公設民営について教えて下さい。

民営化した暁には、旧公立病院の職員との人間関係を円滑に維持することの難しさも予想されます。仮に公設民営が実現した場合には、どのような組織運営が必要になるのでしょうか? ...続きを見る


人事労務Q&A 一覧を見る

Q.傷病手当金、出産手当金の計算方法の変更について教えて下さい。

今年の4月1日より、傷病手当金及び出産手当金の日額計算方法が変更になったと聞きましたが、どのように変更になったのでしょうか? ...続きを見る

新着レポート


医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー 一覧を見る

医療現場のイノベーション データの活用が変える「医療の未来」(下)

現在はビックデータによって、イノベーションがさまざまなフェーズで連携して行うことが可能となった。今までの医療機器・医薬品は、開発のフェーズがあり、検証・評価、すなわち知見と言われるフェーズなどがあり、それが承認された後、現実世界で拡大、市販をしていくというフェーズがあった。 ...続きを見る


特集記事 一覧を見る

特集 災害にどう立ち向かうか(下)

公益財団法人東京都医療保健協会練馬総合病院では、阪神淡路大震災前から災害対策に取り組んできたが、その対策を進めながらも理事長の飯田修平氏は実効性について疑問を持っていたという。 ...続きを見る


調剤薬局最前線 一覧を見る

「かかりつけ薬剤師」制度化の議論と診療報酬(2)

「保健医療2035提言書」(2015年6月)に基づき、2025年の10年後に当たる2035年に向けての調剤薬局のあるべき姿が示されており、この部分は、非常に興味深い内容です。薬局が「かかりつけ」機能を発揮するためには、大規模門前薬局を地域で「解体」し、地域住民に“より身近な”小規模サテライト型薬局へと再編・展開する流れが読み取れます。 ...続きを見る

MMI一週間無料購読
医療経営相談室
日本経営グループの経営セミナー