今週の医療経営Q&A・CaseStudy トピックス


介護福祉経営CaseStudy 一覧を見る

手厚いケア体制を整え 医学的管理下の重度者を受け入れる

手厚い看護体制で地域のニーズに応え続けてきた有限会社コスモスが、2012年3月に開設したのが「ナーシングホームあい暖(ぬくもり)」だ。医学的管理が必要な重度者の〝駆け込み寺〟として地域のより所となっている。 ...続きを見る


クリニック経営Q&A 一覧を見る

Q.「在宅緩和ケア充実診療所」を届出するには?

訪問看護と連携し、在宅がん患者の終末期医療や、在宅緩和ケアにも携わってみたいと考え、「在宅緩和ケア充実診療所」の届出を検討しているのですが、当クリニックのような小規模診療所でも可能なのでしょうか? ...続きを見る


人事労務Q&A 一覧を見る

Q.今年70歳になる従業員の厚生年金について、何か手続が必要ですか?

70歳に到達した場合、厚生年金保険を喪失すると聞いています。どのような手続が必要なのでしょうか。 ...続きを見る

新着レポート


特集記事 一覧を見る

特集 介護医療院の転換状況

厚生労働省は2019年4月に開かれた社会保障審議会介護給付費分科会で、介護医療院の実態に関する調査結果を報告。 ...続きを見る


調剤薬局最前線 一覧を見る

調剤薬局が担うべき「医療の国際化」への対応(2)

(一社)くすりのしおり協議会が、「調剤薬局における外国人患者への対応の実態」を把握する目的で「全国の調剤薬局で外国人患者の対応経験がある薬剤師409名」を対象に行った調査。 ...続きを見る


今月のキーポイント 一覧を見る

施設ホスピスから在宅ホスピスの時代に(上)

2012年度診療報酬改定から「緩和ケア病棟入院料」に入院期間に応じた逓減制が導入されるようになり、国は緩和ケア病棟を「緩和ケアの提供と共に、外来や在宅への円滑な移行を支援する」施設として、明確に位置付けるようになった。 ...続きを見る

MMI一週間無料購読
医療経営相談室
日本経営グループの経営セミナー