今週の医療経営Q&A・CaseStudy トピックス


病院経営CaseStudy 一覧を見る

大腿骨近位部骨折の入院期間短縮 多職種連携で周術期管理を実現

社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷佐倉市民病院は、2015年4月より、大腿骨近位部骨折の24時間以内の手術実施に取り組んでいる。他職種が連携することで、術前管理から退院後の二次骨折予防まで包括的なサポートを行っている。 ...続きを見る


人事労務Q&A 一覧を見る

Q.社会保険の報酬の定義は何ですか?

社会保険料を算出する報酬区分について教えて下さい。 ...続きを見る


クリニック経営Q&A 一覧を見る

Q.小規模診療所でも「スマートウェルネス住宅」事業の参加は可能ですか?

国土交通省の「スマートウェルネス住宅等、推進事業」は医療法人でも手上げすることが可能と聞きましたが、私たちのような小規模診療所でも応募することが出来るのですか? ...続きを見る

新着レポート


調剤薬局最前線 一覧を見る

「健康サポート薬局」の胎動と、セルフメディケーション(1)

2016年4月より法令上、位置づけられた「健康サポート薬局」について、「かかりつけ薬局・薬剤師」の機能と重複する部分が多く、運用面で迷いの生じる局面も出て来る可能性も想定されますので、今一度、制度の内容を比較・検討しながら整理したいと思います。 ...続きを見る


特集記事 一覧を見る

特集 公的保険外サービスの最前線(下)

「人はいつから粧よそおうことをはじめたか」正解は20万年~30万年前から始まったと言われている。ネアンデルタール人の時代だという。なぜネアンデルタール人は粧う必要があったのか。池山氏によれば、自分の存在を伝えるためだという。 ...続きを見る


医療・福祉経営の眼目/セミナーレポート・インタビュー 一覧を見る

医療IT最前線 第37回

最近、医師のそばでクラークが電子カルテ入力を支援する「クラーク運用」が注目されている。その運用効果は医師の業務負荷の軽減だけでなく、診療所のコントロールタワーの役割を果たす人材の育成にもつながる。 ...続きを見る

MMI一週間無料購読
医療経営相談室
日本経営グループの経営セミナー