今週の医療経営Q&A・CaseStudy トピックス


クリニック経営CaseStudy 一覧を見る

最先端技術の安全な導入に尽力し日本の眼科医療の技術推進を目指す

福岡市の市街地から車で1時間ほどの立地にもかかわらず、日本中から来院者が絶えず、開院1年目で1日平均外来患者数150人を突破した。そこまで同院が支持を受けている理由が、最先端の水準を担保した眼科治療だ。 ...続きを見る


病院経営Q&A 一覧を見る

Q.2020年改定で「特定行為研修」修了看護師の配置が施設基準に追加された診療報酬項目とは?

2015年から看護師の「特定行為」研修事業が始まっており、当院では修了者は未だ出ていませんが、現在、指定研修機関に2名を派遣したばかりで養成中です。ところで、2020年度療報酬の個別項目の中で、既に「特定行為研修」修了者の配置が施設基準に入ってきた事例はあるのでしょうか? ...続きを見る


クリニック経営Q&A 一覧を見る

Q.いい人材を確保するためには?

最低賃金額が改定され、大阪府の最低賃金額がどんどん上昇しています。人件費率が確実に上がっていますし、採用も困難、スタッフがいつ辞めてしまうかという不安感もありますが、腹を括るしかないでしょうか。 ...続きを見る

新着レポート


人事コンサル橋本の 役職者としてのヒント 一覧を見る

いつの間にか、個人主義

昔、子どもに一人部屋を与えるべきかどうかという話がよく議論された頃がありました。-人部屋になるとコミュニケーションをとらなくなるのではないか、自分勝手に育ってしまうのではないかといったことが論点でした。しかし時代は過ぎ、少子化の中で兄弟姉妹のいない子どもも増え、自然と一人部屋の子どもも増え、あまり議論されなくなったように感じます。 ...続きを見る


調剤薬局最前線 一覧を見る

2020年度診療報酬改定(1)

4月から解禁されるオンライン服薬指導運用のプロセスで、ビデオ通話等、必要なハード・ソフト面の充実のための設備投資、患者宅への薬剤の配送費等に関し、厚生労働省の委員会(中医協)で“患者から徴収可能”になったことは知っていました。 ...続きを見る


特集記事 一覧を見る

厚労省・医療計画見直し検討会が外来機能の分化・連携の議論を開始

日帰り手術の実施や高額医療機器を保有しているといった重装備の外来医療の提供について、将来の外来需要を参考に地域医療構想調整会議で調整・協議し、医療機関に経営判断を促す―。入院医療の地域医療構想や病床機能報告制度の「外来医療版」ともいうべき仕組みの検討が、現在、厚生労働省の「医療計画の見直し等に関する検討会」で進められている。 ...続きを見る

MMI一週間無料購読
医療経営相談室
日本経営グループの経営セミナー