MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

病院経営Q&A

看護師の定着対策

2007年11月06日

Q: 看護師は病院に定着せず、転職・離職が多いように感じます。転職・離職の本質としては何が考えられるのでしょうか。また、定着対策として何が考えられるでしょうか。

看護師の処遇・給与

2007年11月05日

Q: 最近、看護師の採用が厳しいこと、看護師が定着せずすぐに辞職・転職してしまうことに関して病院経営における共通の問題としてクローズアップされています。看護師の定着を図るうえで給与を上げることは有効なのでしょうか。

患者に選ばれる病院の要件

2007年11月05日

Q: 今後、生き残る病院とは、患者や利用者に選ばれる病院や施設でなくてはならないと思います。そこで、患者や入所者の入院、入所を決定するための(どんな病床、施設に入るのか)評価項目について教えてください。

タボリックシンドローム対策の特定健診・特定保健指導体制

2007年11月02日

Q: 2008年度よりメタボリックシンドローム予防に向けた特定健診・特定保険指導が開始されます。厚生労働省からも「標準的な健診・保険指導プログラム」が提示され、多くの医療機関が特定健診へ取り組みを開始しようとしています。また民間企業からの参入も考えられますが、医療機関としてどのように対策をうつ必要があるのでしょうか。

DPC導入病院における有効なベンチマーク項目と着眼点

2007年11月02日

Q: DPCの導入で急性期病院が確立されてきました。今後、病院の視点として、DPC実施病院が行うべきことや有効なベンチマーク項目、着眼点について教えてください。

7:1入院基本料のメリット

2007年11月01日

Q: 現在は7:1看護の基準を満たす条件のひとつに平均在院日数が19日以下であることがありますが、これが次回(2008年)の診療報酬改定では14日まで短縮される可能性があると伺いました。実際7:1看護の基準を満たす平均在院日数が14日まで短縮した場合、病院や患者様にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

中小病院の生き残り戦略

2007年11月01日

Q: 今後、中小規模の一般病院が急性期医療を担っていくのは非常に困難な状況にあると考えます。中小規模の一般病院が生き残っていくためにはどのような戦略をとる必要があるでしょうか。

<<前の10件を見る  先頭    13 | 14 | 15 | 16 | 17 
ページの先頭に戻る