MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

特集記事

特集 医療費はどれだけ増えるのか(3)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月05日

フォーラムの最後に、慶応義塾大学大学院教授 中村洋氏を座長とし、シンポジウム「健康経営の実践で明らかに業績に差がつく」を開催した。

特集 医療費はどれだけ増えるのか(2)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月04日

年金・医療費・介護費において、年金問題は「マクロ経済スライド方式」の導入により、大まかな問題は解決した。公的年金はインフレ・デフレ対応を行いながら「現役勤労者」の平均給与を目安に設定される。

特集 医療費はどれだけ増えるのか(1)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月03日

医療費抑制策を考察するシンポジウムは数多いが、論点は医療提供体制の変革にとどまりがちである。医療経済フォーラム・ジャパンが10月25日、都内で開いた公開シンポジウムでは新たな視点が提示された。特に経済産業省の提言がクローズアップされた。

特集 インターバル制度の視点(3)

看護職の夜勤負担

2018年11月29日

看護師の夜勤について、安全、健康、生活の視点から大原記念労働科学研究所上席主任研究員の佐々木司氏が報告した。

特集 インターバル制度の視点(2)

看護職の夜勤負担

2018年11月28日

看護師確保に悩んでいる医療機関は多い。その点を日本看護協会看護労働・確保対策担当専門職の奥村元子氏は「子育てや介護をしながら働き続けることができる夜勤交代制に取り組む」と話した。

特集 インターバル制度の視点(1)

看護職の夜勤負担

2018年11月26日

「働き方改革関連法」が成立して、勤務と勤務の間に一定の間隔をあける勤務間インターバルの確保が事業者の努力義務となった。日本看護協会は9月、「看護職の夜勤負担に関する調査研究報告会」を開催。研究者らが勤務間インターバルは看護職にとってどのような意味を持つのかを報告した。

特集 『かかりつけ病院』待望論(3)

中小病院の出番はここだ!

2018年11月21日

医療政策が医療機関に求める大きな流れは「高度化・機能分化」に見えるが、2018年度診療報酬改定からもわかるように、とりわけ中小病院にはこれとは別の役割も期待されている。

特集 『かかりつけ病院』待望論(2)

中小病院の出番はここだ!

2018年11月20日

たとえば当院の在宅患者は常時60人、外来患者は一日平均80人、入院患者も30床がほぼ満床状態です。これらすべての患者さんについて、生活情報まで含めて医師一人ひとりが頭の中に入れ、その変化を逐一把握するのはさすがに不可能です。

特集 『かかりつけ病院』待望論(1)

中小病院の出番はここだ!

2018年11月19日

病院の機能分化が進み、地域包括ケアシステム時代を迎えつつある今、中小病院が生き残るには、地域に根ざす以外に方法はない。そこから導きだされるのは「かかりつけ病院」というあり方だ。

特集 医療の使命を問い直す(下)

「国民の健康会議」が投げかけた課題

2018年11月14日

これだけの長寿社会が訪れることは誰も考えていませんでした。今はアクシデントさえなければ、多くの人が長生きできる時代です。

ページの先頭に戻る