MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

特集記事

特集 医療の使命を問い直す(中)

「国民の健康会議」が投げかけた課題

2018年11月13日

福岡赤十字病院に併設されている福岡赤十字訪問看護ステーション(機能強化型I)は1997年4月に開設された。管理者1人、看護師8人(ケアマネージャー兼務3人)、事務クラーク1人の体制で運営され、居宅介護支援事業所も開設している。

特集 医療の使命を問い直す(上)

「国民の健康会議」が投げかけた課題

2018年11月12日

アドバンス・ケア・プランニングがクローズアップされ、医療者と患者・家族が向き合って、医療観や死生観を共有する流れが形成されつつある。

特集 医師発信の医療機器開発(下)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月07日

東京慈恵会医科大学外科学講座教授の大木隆生氏は、自らが日本やアメリカで経験してきた医療機器開発の実際を報告した。

特集 医師発信の医療機器開発(中)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月06日

公益財団法人医療機器センター理事長の菊地眞氏は、これまでの来し方の多くを医療機器開発に費やしてきたという。現在でも国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)プログラムディレクターなどを兼任している。

特集 医師発信の医療機器開発(上)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月05日

9月30日に開かれた「第1回医師主導による医療機器開発のためのニーズ創出・事業化支援セミナー」では、産官医の代表がそれぞれの立場から医療機器開発の在り方を報告した。

特集 「新専門医制度」時代の医師の集め方・働かせ方(後編)

新専門医制度で何が変わる?

2018年10月31日

今特集では、新専門医制度の概要から現状と課題を掘り下げたうえで、制度下における若手医師の確保について紹介した。単なる医師採用にとどまらず、地域における自院の立ち位置や医師の勤務環境に目を向けることが重要だ。

特集 「新専門医制度」時代の医師の集め方・働かせ方(前編)

新専門医制度で何が変わる?

2018年10月29日

この4月から、新たな専門医制度の基本領域研修がスタートした。東京一極集中が進んでいるともされるなか、病院経営にとっての最重要課題である医師の人材確保にも大きな影響が及ぶのでは、と危惧する向きもある。

特集 オンライン診療の現在(3)

広がる可能性と課題

2018年10月24日

都医師会では2017年、「医療ならびに医業のIT化について」の答申をまとめている。その中での調査結果で、88.4%の会員が遠隔診療を知っていると回答。「またオンライン診療のサービスを利用している会員のうち「CLINICS」(株式会社メドレー)44.4%、「curon」(株式会社MICIN)33.3%だった。

特集 オンライン診療の現在(2)

広がる可能性と課題

2018年10月23日

早くからオンライン診療を取り入れてきた外房こどもクリニック院長の黒木春郎氏は、「小児プライマリケアにおけるオンライン診療の経験」について報告した。

特集 オンライン診療の現在(1)

広がる可能性と課題

2018年10月22日

今春の診療報酬改定でオンライン診療料が創設された。厚労省によるガイドラインも発表され、「オンライン」が普及するための環境が整ったようにみえる。しかし実際にIoTを活用する医師たちからは制度と臨床の矛盾が多いとの声もある。

ページの先頭に戻る