MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

特集記事

どうなる介護保険 第22回 現場の疑問点 II

2006年12月20日

転倒防止に特に即効性があるのが下肢のトレーニングです。

医療機関にとって“在宅診療”との密接な連携を図る 第3回

高専賃は参入障壁低く医療機関安定収入確保の切り札へ

2006年12月19日

さて平成18年2月10日に国会提出された「健康保険法等の一部を改正する法律案」に「介護療養型医療施設を平成23年度末をもって廃止すること」等を内容とする介護保険法の改正を盛り込み、当該法律案は平成18年6月14日に可決・成立した。

どうなる介護保険 第21回 現場の疑問点 I

2006年12月13日

新予防が始まり、運動器の機能改善にとりくんでいる施設では、新しい取組に戸惑っている点が多く数えられるようです。要介護・支援者に対する、ストレッチや筋力アップの疑問に答えるかたちで、まとめています。

医療機関にとって“在宅診療”との密接な連携を図る 第2回

特定施設を在宅療養支援診療所の在宅患者供給源に

2006年12月12日

今年の診療報酬改定で、「在宅療養に関わる評価」として「在宅療養支援診療所」の制度が新設されたが、要件を満たした診療所に関しては、緊急時の往診や看取りの評価が引き上げられるなど、開業医を中心とした医療関係者から大きな注目を集めている。

医療機関にとって“在宅診療”との密接な連携を図る 第1回

有効なパイプ役となる特定施設と高齢者専用賃貸住宅

2006年12月05日

2006年4月の診療報酬改定で、厚生労働省は“在宅医療推進”の切り札として、新類型となる「在宅療養支援診療所」を創設。24時間体制での往診・訪問看護等、施設基準を満たすためのハードルは高いものの、2ヶ月が経過した6月1日時点で届出は8500件を越える等順調に増え続けており、厚生労働省が見込む10000件にも手の届く状況になってきた。

どうなる介護保険 第20回 運動の方法や順序

2006年11月29日

特定高齢者に対しても、要支援・要介護者に対しても、運動指導の重要性が問われていますが、現場では様々な問題点や、方法の選択に戸惑っています。今回から、三回シリーズで、運動の方法や順序についてレポートします。

「個人情報保護法」へのリスクマネジメント PART4

インタビュー

2006年11月01日

「プライバシーマーク」を取得するための流れや院内での作業工程に関して、実際に企業や病院の「Pマーク」構築や「ISО9000」「ISО14001」認証取得の支援を行っているコンサルタントのA氏に話を聞いてみた。A氏は品質システム審査員補、環境マネジメント審査員補等の資格を持ち、複数の病院のお手伝いをしている。

2006年介護報酬改定の影響  PART3

戦略 新予防給付導入に向けた対応

2006年10月27日

介護予防への移行における影響について、最も大きな問題となるのがサービス内容の変更であり、それぞれの介護事業者は、現行のサービス体系を見直し、「基本的な視点」との差を課題として認識し、自施設の方向性を明確にするとともに、利用者ニーズ、マーケットニーズと照らし合わせ早急な対応を図ることが必要である。

「個人情報保護法」へのリスクマネジメント PART3

2006年10月20日

これも関西の病院だが昨年4月、個人情報保護法がスタートしたと同時に、「Pマーク」の受診を受け合格した病院の事例をご紹介しよう。

2006年介護報酬改定の影響  PART2

総論・「2006年介護報酬改定」の概要とその特徴

2006年10月18日

今次改定では、軽度者(要支援1・2)を対象とするサービス体系として新予防給付を新設された。これまでの要支援と要介護1の80%程度の高齢者を対象とし、筋力向上や栄養改善、口腔機能向上など、予防効果のあるサービス内容が付加された。

ページの先頭に戻る