MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

特集記事

医療機関にとって“在宅診療”との密接な連携を図る 第1回

有効なパイプ役となる特定施設と高齢者専用賃貸住宅

2006年12月05日

2006年4月の診療報酬改定で、厚生労働省は“在宅医療推進”の切り札として、新類型となる「在宅療養支援診療所」を創設。24時間体制での往診・訪問看護等、施設基準を満たすためのハードルは高いものの、2ヶ月が経過した6月1日時点で届出は8500件を越える等順調に増え続けており、厚生労働省が見込む10000件にも手の届く状況になってきた。

どうなる介護保険 第20回 運動の方法や順序

2006年11月29日

特定高齢者に対しても、要支援・要介護者に対しても、運動指導の重要性が問われていますが、現場では様々な問題点や、方法の選択に戸惑っています。今回から、三回シリーズで、運動の方法や順序についてレポートします。

「個人情報保護法」へのリスクマネジメント PART4

インタビュー

2006年11月01日

「プライバシーマーク」を取得するための流れや院内での作業工程に関して、実際に企業や病院の「Pマーク」構築や「ISО9000」「ISО14001」認証取得の支援を行っているコンサルタントのA氏に話を聞いてみた。A氏は品質システム審査員補、環境マネジメント審査員補等の資格を持ち、複数の病院のお手伝いをしている。

2006年介護報酬改定の影響  PART3

戦略 新予防給付導入に向けた対応

2006年10月27日

介護予防への移行における影響について、最も大きな問題となるのがサービス内容の変更であり、それぞれの介護事業者は、現行のサービス体系を見直し、「基本的な視点」との差を課題として認識し、自施設の方向性を明確にするとともに、利用者ニーズ、マーケットニーズと照らし合わせ早急な対応を図ることが必要である。

「個人情報保護法」へのリスクマネジメント PART3

2006年10月20日

これも関西の病院だが昨年4月、個人情報保護法がスタートしたと同時に、「Pマーク」の受診を受け合格した病院の事例をご紹介しよう。

2006年介護報酬改定の影響  PART2

総論・「2006年介護報酬改定」の概要とその特徴

2006年10月18日

今次改定では、軽度者(要支援1・2)を対象とするサービス体系として新予防給付を新設された。これまでの要支援と要介護1の80%程度の高齢者を対象とし、筋力向上や栄養改善、口腔機能向上など、予防効果のあるサービス内容が付加された。

「個人情報保護法」へのリスクマネジメント PART2

「個人情報保護」をマネジメントの一環として捉えプライバシーマークを取得しよう!

2006年10月11日

さて上記の3つの認定のうち、以前に私が取材した「プライバシーマーク」を取得した病院の取り組みを、いくつか紹介する。

「個人情報保護法」へのリスクマネジメント PART1

「個人情報保護」をマネジメントの一環として捉えプライバシーマークを取得しよう!

2006年10月03日

平成17年4月1日より、個人情報保護法の施行がスタートした。医療機関は個人情報に溢れているが、大きく分けて氏名や生年月日、住所や健康保険等の「患者基本情報」。投薬や処置、検査記録等の「診療情報」。医療機関スタッフの「職員情報」の3つ。

2006年介護報酬改定の影響  PART1

総論 「2006年介護報酬改定」の概要とその特徴

2006年10月03日

2006年4月、介護保険制度施行2回目となる報酬改定がスタートした。今回は、初となる介護報酬・診療報酬のW改定となったが、両者の連携・調整が十分でないなど、足並みが揃わない点に非難が集中した。

医療界への提言 『療養病床の次は急性期病床の再編』の報道について

2006年09月20日

医療タイムス2006年6月12日号は、辻哲夫厚生労働審議官が6月4日に都内で行った講演の中で、『療養病床の再編を行った後は急性期病床の再編に着手する考え』を明らかにしたと報じています。具体的には「2008年から癌や小児医療、脳卒中などの主要事業毎に医療連携体制を構築する医療計画を行うが、その中で急性期病床を再編して医師の重点的な配置の適正化をする。とりわけ医師不足が深刻な公立病院から集約化(再編・統廃合)を実施するが、将来的には民間病院も対象に加える意向」を示唆したものです。

ページの先頭に戻る