MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

特集記事

電子カルテ選択の極意 第21回 購入する前の最終確認

2006年03月01日

これまで、電子カルテを選択する際のポイントを20回にわたりご説明してきました。今回は、電子カルテの絞込みができ、「さあ、買おう」と考える前に、再チェックすべき事項について考えたいと思います。

どうなる介護保険 第6回 介護保険改定のおさらい1

2006年02月24日

この改正で、施設入所費用の見直しが17年10月から施行され、その他の改正は18年4月からとなっており、全体として、地域が重視されたものとなっています。

電子カルテ選択の極意 第20回 電子カルテのデモを見るポイント

2006年02月22日

電子カルテを購入する際は、通常数社のメーカーやディーラーから製品のデモンストレーション(デモ)を受けて、その後各社から見積を提出してもらい、希望の条件に合ったものを購入するという流れになります。製品の絞込み段階で各社からデモを受けるのは、ほとんどの場合が1回だけですから、分かりやすくスムーズなデモを受けると、何となく使えるようなイメージを持ってしまいますし、逆にいくら良い製品であっても、デモがうまくなければ使えない電子カルテだと勘違いしてしまうものです。何の目的もなくデモを眺めていては、デモの良し悪しが直接製品の良し悪しの判断につながってしまい、誤った意思決定をしてしまう恐れがあります。そこで今回は、デモを見る際のポイントについてアドバイスをさせていただきます。

電子カルテ選択の極意 第19回 紙カルテから電子カルテへの移行方法

2006年02月15日

すでに開業している診療所に電子カルテを導入するのは、新規開業の場合とは様々な点で異なります。まず、日々行われている業務の流れが大幅に変わってしまうこと、電子カルテを導入しても紙カルテやフィルムが残ること、既存のレセコンからのデータ移行が生じることなどです。今回は、これら既存診療所における電子カルテ導入のポイントと、導入までのスケジュールなどについて説明します。

電子カルテ選択の極意 第18回 電子カルテの導入スケジュール

2006年02月08日

今回は、電子カルテを選び始めてから実際に稼動させるまでのスケジュールをご紹介します。電子カルテの導入については、新規開業時に最初から導入する場合と、既に開業している医療機関に導入する場合で流れが異なりますので、それぞれに分けて解説いたします。

電子カルテ選択の極意 第17回 電子カルテの選び方 その4(サポート)

2006年02月01日

電子カルテ選択の判断基準として、メーカーのサポート体制は非常に重要な要素となります。今回は、サポート面から見た電子カルテの選び方についてご説明いたします。

電子カルテ選択の極意 第16回 電子カルテの選び方 その3(付加機能)

2006年01月25日

前回ご紹介した基本機能は、電子カルテ選択においてもっとも重要な要素です。一方、基本機能がある一定以上の水準だと思われる場合は、今回ご紹介する付加機能的な部分が、電子カルテを選ぶ上での着眼点となります。基本機能についてはそもそもすべての電子カルテに備わっているものですから、その使い勝手などを中心にチェックすることになるのですが、付加機能については、有無がはっきりしていますから、自分が望む機能があるかないか簡単にチェックすることができます。今回は、これら付加機能のうち、比較的人気の高い機能をご紹介します。

電子カルテ選択の極意 第15回 電子カルテの選び方 その2(基本機能)

2006年01月18日

電子カルテを選ぶ際、機能面でもっとも重視すべきは、電子カルテの基本機能部分です。基本機能というのは、第6回「電子カルテの機能(その(1)/一般的な機能)」でご紹介させていただきましたが、(1)受付機能(2)カルテ入力機能(3)会計機能―の3点です。電子カルテには各種の付帯的機能がありますが、それよりもやはりこの基本機能の良し悪しや自院への適合性が、電子カルテ導入の成否を分けると言っても過言ではないでしょう。そこで、今回はこれらの機能を比較検討する際のポイントをご説明いたします。

電子カルテ選択の極意 第14回 電子カルテの選び方 その1(価格)

2006年01月11日

電子カルテを選択する際の判断基準として、価格は非常に重要な要素となります。今回は、価格面から見た電子カルテの選び方について解説いたします。

どうなる介護保険 第5回 介護保険改定と保健事業3

2006年01月11日

地域の高齢者が、住み慣れた地域で安心して生活を継続することができるようにするには、本人ができることはできる限り本人が行うことを基本とししつつ、利用者のできることを利用者と共に発見し、主体的な活動と参加意欲を高めることを目指します。

ページの先頭に戻る