MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

スタッフへのメッセージ

5S

2009年11月30日

整理・整頓・清掃・清潔を4Sといいます。これに、「しつけ」を加えたものを5Sといい、ほとんどの企業の新入社員研修では、一番初めに教えることのひとつです。ちなみに、しつけは、「躾」と書きます。身を美しくすると書いて「しつけ」です。

経営とは

2009年10月26日

「経営」という言葉は、医療関係の方にとってはあまりいいイメージがない言葉かもしれませんが、もともとの発祥は仏教用語にあるといわれ(いくつかの説はありますが・・・)、家族経営という言葉が発祥とされています。

行動変革の5段階

2009年09月28日

自分自身の行動を変えていく、習ったことを実践するという中には、5つの段階があります。

他者からの評価

2009年08月31日

私たちは、周囲の人たちからどのように見られているでしょうか。あまり気にすると自意識過剰になってしまいますが、自分がどう見られているかを考えることは重要です。

報告・連絡・相談

2009年07月27日

一般企業では、新人研修の際に最初に教えるのが、この報告・連絡・相談(略して、ホウレンソウ)です。

職業人のプライド

2009年06月29日

よく、プライドが高い人、低い人という話があります。プライドが高いというとどちらかといえば、ネガティブなイメージに捉えてしまうことがあるのではないでしょうか。「あの人はプライドが高すぎる・・・」とか。しかし、プライドが高いということは決して悪いことではありません。むしろ、職業人としては仕事にプライドを持たなければなりません。しかし、正しいプライドをもてるかどうかが重要です。

満足と不満足

2009年05月25日

満足の反対は?当然、「不満」と考えるでしょう。しかし、これは正しいようで、少し違います。

他責から自責へ

2009年04月27日

何か問題があったり、嫌なことがあったりすると、ついつい私たちは「○○さんが悪い」「患者さんが悪い」「仕組みが悪い」「忙しいのが悪い」「会社が悪い」「まだ慣れていないから仕方がない」など、自分以外のところに責任を転嫁してしまいがちです。これを他責といいます。

仕事の成果とは

2009年03月16日

仕事の成果とは、単に売上とか利益と言うことではありません。もちろん、売上や利益は大切です。利益がなければ機械も買えませんし、経営も維持できませんし、従業員の給料も払えません。そうなれば結局、事業を継続することができなくなり、最終的には患者さんの迷惑になります。

仕事の成果の方程式

2009年02月15日

仕事の成果=モノの見方・考え方×能力×意欲 このような式をご存知でしょうか。人材育成とか能力開発というと、私たちはこの中の「能力」の部分ばかりを見てしまいがちです。しかし、仕事で成果をあげ、やりがいを作っていくためには、「モノの見方・考え方」がとても重要です。

ページの先頭に戻る