MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

特集 医療費はどれだけ増えるのか(2)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月04日

年金・医療費・介護費において、年金問題は「マクロ経済スライド方式」の導入により、大まかな問題は解決した。公的年金はインフレ・デフレ対応を行いながら「現役勤労者」の平均給与を目安に設定される。  ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(1)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月03日

医療費抑制策を考察するシンポジウムは数多いが、論点は医療提供体制の変革にとどまりがちである。医療経済フォーラム・ジャパンが10月25日、都内で開いた公開シンポジウムでは新たな視点が提示された。特に経済産業省の提言がクローズアップされた。  ...全文を見る

特集 インターバル制度の視点(3)

看護職の夜勤負担

2018年11月29日

看護師の夜勤について、安全、健康、生活の視点から大原記念労働科学研究所上席主任研究員の佐々木司氏が報告した。  ...全文を見る

特集 インターバル制度の視点(2)

看護職の夜勤負担

2018年11月28日

看護師確保に悩んでいる医療機関は多い。その点を日本看護協会看護労働・確保対策担当専門職の奥村元子氏は「子育てや介護をしながら働き続けることができる夜勤交代制に取り組む」と話した。  ...全文を見る

医療IT最前線 第56回

医療とIoT

2018年11月27日

医療やヘルスケアの世界でも「IoT」という言葉が少しずつ浸透してきています。今後の超高齢社会を踏まて、IoTの活用が医療の世界にどのような変化をもたらすのか考えてみましょう。 ...全文を見る

特集 インターバル制度の視点(1)

看護職の夜勤負担

2018年11月26日

「働き方改革関連法」が成立して、勤務と勤務の間に一定の間隔をあける勤務間インターバルの確保が事業者の努力義務となった。日本看護協会は9月、「看護職の夜勤負担に関する調査研究報告会」を開催。研究者らが勤務間インターバルは看護職にとってどのような意味を持つのかを報告した。  ...全文を見る

Q.健康保険(協会けんぽ)の扶養認定時の添付書類について教えてください。

2018年11月22日

2018年10月から全国健康保険協会の扶養認定について、添付書類に変更があると聞きましたが、何が変わるのでしょうか。  ...全文を見る

自己客観視できない残念な人たち

大所高所からものを見る

2018年11月21日

スタッフとの距離を縮めることや垣根を取り払おうとすることなどは大切なことですが、それは、ある程度の距離があることを前提としているから、大切なことなのです。  ...全文を見る

Q.「時間外・休日労働に関する協定届(36協定)」の様式について教えてください。

2018年11月07日

2019年より「時間外・休日労働に関する協定届(36協定)」の様式が変更になると聞きました。詳しく教えてください。  ...全文を見る

特集 医師発信の医療機器開発(下)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月07日

東京慈恵会医科大学外科学講座教授の大木隆生氏は、自らが日本やアメリカで経験してきた医療機器開発の実際を報告した。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る