MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「歯科」

同時に同一部位に複数の手術を行った場合、手術料を一部減額  厚労省

複数手術に係る費用の特例について(3月19日付 通知)《厚生労働省》

2012年03月28日

 厚生労働省は3月19日に、平成24年度診療報酬改定関連の告示公布、通知等発出を行った。  ...全文を見る

北海道芦別市など30地域で、地域別の診療報酬スタート

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(3/5付 通知)《厚生労働省》

2012年03月05日

 厚生労働省は3月5日に、平成24年度診療報酬改定における施設基準等に関する告示を公布。あわせて解釈通知である「基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて」を発出した。  ...全文を見る

亜急性期入院料、患者の状態とリハ実施の有無で1と2を算定

診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(3/5付 通知)《厚生労働省》

2012年03月05日

 厚生労働省は3月5日に、平成24年度診療報酬改定を受けて、新たな医科点数表の告示を公布した。あわせて、厚労省保険局の医療課長名で、いわゆる解釈通知「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」を発出している。  ...全文を見る

ついに平成24年度改定の答申、病院の同一日・2科目の再診料は34点に

中央社会保険医療協議会 総会(第221回 2/10)《厚労省》

2012年02月10日

 厚生労働省は2月10日に、中医協総会を開催した。本日は、平成24年度診療報酬改定について答申を行った。4月からの新点数が明らかとなっている。  今後は、算定要件の詳細を省内で詰め、3月上旬の告示公布、解釈通知発出を目指す予定だ。主な改定項目を、基本方針に沿って見てみよう。  ...全文を見る

24年度改定に向け大詰めの議論、2月上旬答申へ  中医協総会

中央社会保険医療協議会 総会(第220回 2/1)《厚労省》

2012年02月01日

 厚生労働省は2月1日に中医協総会を開催した。本日は、修正された「短冊」と答申附帯意見案が厚労省当局から提示され、これに基づいた議論を行った。  本日は大詰めの議論が行われ、短冊と答申附帯意見案について了承。来週(2月上旬)には答申が行われる見込みだ。  ...全文を見る

新たな回復期リハ、在宅復帰率7割などハードル高し  中医協総会

中央社会保険医療協議会 総会(第219回 1/30)《厚労省》

2012年01月30日

 厚生労働省は1月30日に、中医協総会を開催した。本日は、24年度改定に向けて、4つの視点のうちI「充実が求められる分野の適切な評価」、II「患者から見て分かりやすく納得できる医療の実現」、IV「効率化の余地がある領域の適正化」、DPC、歯科報酬、調剤報酬、後発医薬品の使用促進について短冊(p84~p254参照)が提示された。  ...全文を見る

同一日・同一病院の再診料、2つ目までは算定を認める  中医協総会

中央社会保険医療協議会 総会(第209回 11/30)《厚労省》

2011年11月30日

厚生労働省は11月30日に、中医協総会を開催した。 本日は、 1.外来医療 2.後発品の使用促進 3.歯科医療 4.調剤報酬 ―と、非常に幅広い分野について議論を行った。  ...全文を見る

訪問看護の規定整理し、円滑な在宅療養への移行目指す  中医協総会

中央社会保険医療協議会 総会(第205回 11/11)《厚労省》

2011年11月11日

 厚生労働省は11月11日に、中医協総会を開催した。本日は、訪問看護、在宅歯科医療、在宅における薬剤師業務について議論を行った。  前回(11月9日)議題となった在宅医療推進の第2弾である。  ...全文を見る

特集 広がる在宅医療(2)

歯科を突破口に、医科、介護をもワンストップサービスで提供

2011年09月13日

デンタルサポート株式会社は、訪問歯科診療サポートをメインに、訪問医科(在宅医療)サポート、介護、歯科技工、販売などの事業を展開している。グループ内に歯科と医科の医療法人を持ち、その中核に位置する企業だ。  ...全文を見る

救急医療の充実など22年度改定の影響を調査  結果検証部会

中央社会保険医療協議会 診療報酬改定結果検証部会(第31回 9/7)《厚労省》

2011年09月07日

 厚生労働省は9月7日に、中央社会保険医療協議会の結果検証部会を開催した。本日は、(1)救急医療等の充実・強化(2)外来管理加算の要件見直し、地域医療貢献加算の創設(3)歯科技工加算の創設(4)後発医薬品の使用状況(5)明細書発行の義務化―の5点について、調査結果をもとにした部会コメントをまとめた。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る