MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「病院」

Q.回復期リハ病棟に勤務するPT専従要件が緩和される医療機関の条件とは?

2019年03月04日

一定の条件を満たしている場合、回復期リハビリテーション病棟のPTやOT等、リハビリテーション専門職の専従要件が、緩和されたと聞きました。PTはどのような条件を満たすことで、業務を兼務することが可能になるのでしょうか?  ...全文を見る

【NEWS】[病院] 小児がん拠点病院の指定見直しへ

厚労省

2019年02月25日

厚生労働省の有識者検討会は7日、小児がん患者に質の高い医療を提供する全国15カ所の「小児がん拠点病院」の指定を見直し、新たに静岡県の病院を加えることを決めた。近く同省が指定する。  ...全文を見る

特集 高齢者・患者の災害避難(下)

ワークショップ-被災した患者の福祉的なニーズに気づけるか平時からの医療福祉連携で備えよう

2019年02月22日

研修会の講演を受けて、参加者によるワークショップが行われた。そこでは医療と福祉が連携して、福祉的配慮を含めての支援体制づくりが重要であることが確認された。高齢化により、避難者の大半が医療や介護の支援を必要とするケースも出てきそうだ。  ...全文を見る

特集 高齢者・患者の災害避難(中)

災害支援のベテラン職員を北海道の被災地へ派遣

2019年02月21日

社会福祉法人典人会のDCATが北海道胆振東部地震の被災地支援で活動したのは2018年9月10日からの10日間だった。派遣メンバーはそれぞれの経験が評価されて選抜された。  ...全文を見る

Q.時間外労働の上限規制から適用猶予される業種はありますか?

2019年02月21日

2018年6月19日に「働き方改革を推進するための関係法規の整備に関する法律」(平成30年法律第71号)が可決・成立しました。 医師の場合は5年間の猶予期間があり、同規制は改正法施行後、5年後に適用されると聞きました。医師と同様に適用猶予を受ける職種はあるのですか?  ...全文を見る

特集 高齢者・患者の災害避難(上)

活動報告-北海道被災地に派遣されたDCAT医療福祉連携で被災患者らを守る重要性

2019年02月20日

地震、豪雨など大災害が多発している今、改めて医療と災害支援や高齢者・患者避難について見直す必要がありそうだ。2018年12月に開かれた、災害派遣福祉チームの活動支援をしてきたNPO団体による研修会では、災害時こそ医療と福祉の連携が必要であり、高齢化でそのニーズが高まっているとの報告があった。  ...全文を見る

患者一人ひとりの思いを尊重 初診から看取りまでを担う

富岡地域医療企業団 公立富岡総合病院(群馬県富岡市)

2019年02月15日

公立富岡総合病院は二次医療圏で唯一の急性期病院として最新の医療機器を整備し、地域がん診療連携拠点病院としてがん治療を行う。一方で、地域包括ケア病棟や緩和ケア病棟を整備し、緩和ケアから派生した「シルバーケア」という新たな概念を発案。患者の思いを尊重した、患者中心の医療に取り組む。  ...全文を見る

特集 医師の働き方改革の骨子を公表

「時間」を意識した働き方へ変化を

2019年02月14日

厚生労働省が2019年1月15日までに公表した「医師の働き方改革に関する検討会・とりまとめ骨子」では、医師の労働時間の短縮のために、医療機関内のマネジメント改革などから、トップの意識改革も求めた。  ...全文を見る

わが国のロボット戦略(後編)

高機能病院では「低侵襲治療センター」を設置し、ダヴィンチを効率的に活用・共同利用の可能性も

2019年02月13日

ロボット外科学会によると2016年9月現在の全世界におけるダヴィンチ導入実績は3,803台。 設置台数が最も多いのはアメリカで2,501台、ヨーロッパ全域で644台、アジア全域には467台が設置され、アジアの中では日本が237台と突出して高い導入実績となっている。  ...全文を見る

特集 地域格差が広がる在宅医療資源 病院が在宅医療を担う時代へ(後編)

<パネルディスカッション>診療所と訪看だけでは在宅医療を担えない病院が専門部署を設けて地域を訪問する

2019年02月07日

パネルディスカッション-診療所と訪看だけでは在宅医療を担えない病院が専門部署を設けて地域を訪問する ...全文を見る

ページの先頭に戻る