MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

Weeklyトピックス(医療タイムス)

【NEWS】[医療提供体制]コロナ療養施設、ペット同伴で入所可能に

東京都

2020年10月20日

東京都は10月9日、日本財団(笹川陽平会長)が整備した日本財団災害危機サポートセンター(東京都品川区)を「臨時の医療施設」として位置づけ、東京都が、当面の間、新型コロナウイルス感染症の陽性患者のうち、入院治療の必要がない軽症や無症状の人たちを受け入れるペット同伴者用の療養施設として運営すると発表した。

【NEWS】初診からのオンライン診療、原則解禁へ

コロナ収束後の対応で厚労・行革・デジタル改革の3大臣が合意

2020年10月20日

田村憲久厚生労働大臣は10月9日の閣議後会見で、初診からのオンライン診療の原則解禁について、河野太郎行政改革担当大臣、平井卓也デジタル改革担当大臣と合意したことを明らかにした。映像がある場合に対象を限定し、電話だけでの診療は認めない方針。田村厚労相は、「新たな診療体制の中のひとつの形態になっていくとご理解いただいて良い。今回の合意を基に、新たな制度設計をしていく」と話しており、今後、関係審議会で詳細を詰める。

【NEWS】介護療養の約2割が設置期限終了後も介護療養に留まる意向

18年度介護報酬改定効果検証調査・速報値

2020年10月19日

介護療養病床(介護療養型医療施設)の約2割は、設置期限の2024年3月末以降も介護療養病床に留まるつもりでいる―。そんな実態が厚生労働省が10月9日の社会保障審議会・介護給付費分科会に報告した、「平成30年度(2018年度)介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(2020年度調査)」の速報結果で明らかになった。21年度の介護報酬改定に向けた議論で、介護医療院への移行をいかにして後押しするかが、改めて問われることになりそうだ。

【NEWS】[医薬品]英国拠点で、遺伝子治療の受託ビジネスを展開

富士フイルム

2020年10月19日

富士フイルム株式会社は10月7日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業をさらに拡大するため、バイオ医薬品の中核会社であるフジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ(以下FDB)の英国拠点に設備投資を行い、遺伝子治療薬専用のプロセス開発および原薬製造の施設を新設することを発表した。

【NEWS】[医療提供体制]精神保健医療の新たな相談センターが本格稼働

東邦大学

2020年10月16日

東邦大学医学部精神神経医学講座の研究グループは10月1日、精神保健医療の若者向けワンストップ相談センターである「SODA」を、アクセスのよい北千住駅前に移転し、気軽に相談に立ち寄れる場所として、また、多職種専門チームによる早期相談・支援を実施する地域の窓口として、本格稼働を開始した。

【Report】[調剤薬局]義務化された服薬期間中のフォローアップや薬局認定制度の周知も

【薬と健康の週間】改正薬機法も踏まえ実施

2020年10月15日

薬剤師のより一層の職能発揮に向けて大きな転機を迎えました。9月1日、改正薬機法が施行され、服薬期間中のフォローアップの義務化やオンライン服薬指導がスタートしています。10月17日からは「薬と健康の週間」が実施されますが、その目的の一つは「薬剤師の専門家としての役割」を国民に周知することです。薬剤師一人ひとりが、その職能の重要性を国民がより実感できるよう努力する機会にすべきといえます。

【NEWS】[医療提供体制]医療用HAL、脳卒中などの医療機器承認

米国FDA

2020年10月15日

CYBERDYNE株式会社(茨城県つくば市)はこのほど、米国食品医薬品局(以下、FDA)より、HAL医療用下肢タイプ(以下、医療用HAL)について、すでに承認済の「脊髄損傷」に加えて、「脳卒中」および「進行性の神経・筋難病」への臨床上の安全性と効果効能が認められ、医療機器承認を取得したことを発表した。

【NEWS】HALを導入、女性救急隊員の負担軽減を図る

鎌倉市

2020年10月14日

神奈川県鎌倉市は10月5日、近年の救急需要の高まりにより、出動機会が増加する救急隊員の活動時の負担軽減と、女性消防職員の活躍推進のため、作業支援用ロボットスーツHAL(正式名称「HAL腰タイプ作業支援用」)の運用を開始した。

【NEWS】[感染症対策]専門家ボードに4チーム

東京iCDC

2020年10月13日

東京都は10月1日、9月25日に公表した「東京iCDC」構想に基づき、「東京iCDC専門家ボード」(座長:賀来満夫氏東京都参与、東北医科薬科大学特任教授、東北大学名誉教授)を設置した。

【NEWS】[医療提供体制]MDVとケアネットが包括業務提携

第1弾はオンライン診療普及

2020年10月12日

国内最大規模の診療データベースを保有するメディカル・データ・ビジョン株式会社(MDV)と約17万人の医師会員向けの医療コンテンツ配信などを手掛ける株式会社ケアネットは9月30日、包括業務提携契約を締結したことを発表した。

ページの先頭に戻る