MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

Weekly厚生政策情報

2次医療圏と老人福祉圏域の整合性を図る 医療計画検討会1

医療計画の見直し等に関する検討会(第2回 6/15)《厚生労働省》

2016年07月12日

療養病床について解説します。

熊本地震でDMAT265隊を派遣、DPAT13隊が心のケア 厚労省

熊本県熊本地方を震源とする地震について(第14報)(4/18)《厚生労働省》

2016年04月26日

日本の災害医療対策について解説する。

医療介護連携系の人材など総合確保方針の論点提示 促進会議

医療介護総合確保促進会議(第6回 3/9)《厚生労働省》

2016年03月24日

厚生労働省は3月9日、医療介護総合確保促進会議を開き、「地域医療総合確保基金」の2016(平成28)年度予算案(公費ベースで総額1,628億円)を提示した。

EPA活用方策の取りまとめ案の方向性を了承

外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会(第10回 2/26)《厚生労働省》

2016年03月08日

日本と外国の経済連携協定(EPA)にもとづく介護福祉士の受け入れ人数が2015年度までの合計で、2千人を超える水準となったことが、2月26日に開かれた「外国人介護人材受け入れの在り方検討会」で示された。

療養病棟入院基本料2は医療区分2・3の患者5割 中医協・総会3

中央社会保険医療協議会 総会(第328回 2/10)《厚生労働省》

2016年02月23日

2016年度(平成28年度)診療報酬改定に関して中央社会保険医療協議会は2月10日、改正案をまとめて厚生労働大臣にあてに答申した。地域包括ケアシステムの入り口ともいえる退院について、今回は複数あった退院調整に関する診療報酬を整理し退院支援加算へと集約をはかっている。

特定入院料で病床機能取り扱いの整理検討 地域医療構想検討会1

地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会(第13回 2/4)《厚生労働省》

2016年02月17日

厚生労働省は、2月4日の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」で、2015年度(平成27年度)病床機能報告における「機能別の病床数」を示した。2015年7月1日時点の速報値となる。

市場拡大再算定品目など再算定対象医薬品を決定 中医協・総会2

中央社会保険医療協議会 総会(第323回 1/20)《厚生労働省》

2016年02月03日

これまでの「市場拡大再算定」制度(当初予想された売上規模の2倍以上の売り上げとなり、かつ売り上げ規模が150億円を超えた場合)に加え、2016年度(平成28年度)診療報酬改定では、年間販売額がきわめて大きい品目の薬価を引き下げる「特例拡大再算定」制度が新設される。

医療外付型の新類型、基準緩和検討の可能性も 療養病床検討会

療養病床の在り方等に関する検討会(第7回 1/15)《厚生労働省》

2016年01月26日

介護療養病床・25対1医療療養病床は、2017年度末で経過措置が切れるため、転換先が注目されている。すでに厚生労働省は、2015年12月25日の「療養病床のあり方等に関する検討会」(第6回) で、転換先として介護老人保健施設など既存施設以外に、2つの新たな施設類型を示している。

2016年度診療報酬改定率、診療報酬本体はプラス0.49% 厚労省

大臣折衝事項(12/21)《厚生労働省》

2016年01月06日

ネット(正味)で「▲0.84%」-厚生労働省が12月21日、2016年度(平成28年度)診療報酬改定の改定率を正式に発表した(図表参照)。診療報酬本体が「+0.49%」となったほか、各科改定率は、従前の「医科1:歯科1.1:調剤0.3」が維持された。

患者像の評価の見直しシミュレーションを提示 中医協・総会3

中央社会保険医療協議会 総会(第318回 12/9)《厚生労働省》

2015年12月25日

7対1院基本料を算定する病床は減少しているが、依然として種別では最も多く、2016年度診療報酬改定でも見直し論議が続いている。

ページの先頭に戻る