MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

特集記事

特集 今日から始める病院の働き方改革(後編)

「制度」「業務」「意識」の3つを変える!

2019年01月09日

2019年3月の最終的な取りまとめに向けて、厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」の議論が本格化している。宿日直や自己研鑽など、長時間勤務にかかわる内容が議題の上っており、議論の行方は今後の医師の働き方を決めるものだ。同検討会の構成員であるハイズ株式会社の英洙代表取締役社長に、働き方改革の議論のポイントを聞いた。

特集 今日から始める病院の働き方改革(前編)

「制度」「業務」「意識」の3つを変える!

2019年01月08日

社会的課題となっている働き方改革だが、医療界でも医師を中心に議論が進められている。時間外労働の削減、外来・救急の縮小などに踏み切った病院がすでに出てきており、すべての病院において、医療提供体制の見直しは必至だ。急速な改革は医療の崩壊につながるといった懸念する声も上がるなかで、どのような道筋をつけ、取り組んでいけばいいか。国の議論と併せて、病院がすべき対応策を挙げる。

特集 医療と介護の再編(3)

介護医療院と地域包括ケアの行方

2019年01月07日

地方の中核都市という立地から病院経営の将来について日本病院会会長の相澤孝夫氏が講演した。

特集 医療と介護の再編(2)

介護医療院と地域包括ケアの行方

2018年12月26日

7対1の病床は前回改定の影響が大きく、約1.2万床減少したという。しかし「200床以下の病院では影響を受けるかもしれないが、全体として今回はそれほど減らないだろう」というのが武藤氏の見通しだ。

特集 医療と介護の再編(1)

介護医療院と地域包括ケアの行方

2018年12月25日

医療と介護の同時改定から早くも半年が経ち、先日、福祉医療機構が診療報酬算定の影響についてアンケート結果を公表した。

特集 病院広報とヘルスリテラシー(下)

第22回全国病院広報研究大会から

2018年12月19日

民間病院に比べて、公的医療機関の広報戦略のコンセンサスがまだ足りていないというのが実感だ。その要因は、広報と広告が混同され金儲けと同義語と考えられてしまうことにある。

特集 病院広報とヘルスリテラシー(中)

第22回全国病院広報研究大会から

2018年12月18日

今回私たちが広報活動を通して、ターゲットである地域の医師や患者に伝えたかったことは、診療情報は病気と向き合うためのベストツールであるということだ。それは私たちが理想の医療を実現するためのカギとなるからだ。

特集 病院広報とヘルスリテラシー(上)

第22回全国病院広報研究大会から

2018年12月17日

「病院広報が育むヘルスリテラシーと健康社会」をテーマに第22回全国病院広報研究大会を京都市内で開催。全国の応募の中から1次審査を通過した10病院が、自らの病院広報の取り組みを報告した。

特集 医療費はどれだけ増えるのか(3)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月05日

フォーラムの最後に、慶応義塾大学大学院教授 中村洋氏を座長とし、シンポジウム「健康経営の実践で明らかに業績に差がつく」を開催した。

特集 医療費はどれだけ増えるのか(2)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月04日

年金・医療費・介護費において、年金問題は「マクロ経済スライド方式」の導入により、大まかな問題は解決した。公的年金はインフレ・デフレ対応を行いながら「現役勤労者」の平均給与を目安に設定される。

ページの先頭に戻る