MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

病院経営CaseStudy

「脱・老人病院」を院内に徹底しケアミックス病院へ

社会福祉法人信愛報恩会信愛病院(東京都清瀬市)

2017年12月14日

社会福祉法人信愛報恩会信愛病院はもともと、介護療養病床を中心に緩和ケアなど、在宅療養が難しい患者の受け皿機能を中心に担ってきたが、2016年以降、地域の実情を踏まえた機能強化にも取り組み、着々と成果をあげている。

地域ニーズに応えた街並みに溶け込む建物

医療法人樹会 臼杵病院(大分県臼杵市)

2017年10月18日

白と黒を基調とした落ち着いた外観の臼杵病院は、「医療と介護は一つもの」というコンセプトを掲げ、密接に地域とかかわっていこうという姿勢を建物全体で表現したものだ。

誰にでも優しい理想の光環境を備えたNICU

名古屋第二赤十字病院(愛知県名古屋市)

2017年09月14日

二重構造の天井にLED3000個を設置し光と闇を美しく見せる照明にこだわった名古屋第二赤十字病院のNICU。増床による圧迫感を緩和する改築で心地よい環境を実現。

地域住民が集まる“憩い”の高度急性期病院

社会医療法人孝仁会 北海道大野記念病院(北海道札幌市)

2017年08月22日

最先端医療を提供する病院らしいシャープで独創的なたたずまいが印象的な北海道大野記念病院。しかし、ひとたび中へ足を踏み入れれば、明るい光が差し込む開放的な空間と、動物や花が描かれた温かみのあるデザインを感じられる。

外国人人材が集まる病院

医療法人社団崎陽会 日の出ヶ丘病院(東京都西多摩郡)

2017年07月19日

医療法人社団崎陽会日の出ヶ丘病院は、EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士候補生を積極的に受け入れ、人材育成を行っている。単なる資格取得支援に留まらず、外国人が同院や地域に愛着をもち、長期雇用につながるよう支援体制を整えている。

地域医療と専門性の高い医療との両立で継続性のある経営をめざす

医療法人社団寿量会熊本機能病院(熊本県熊本市)

2017年06月15日

熊本機能病院は地域医療、地域包括ケアを具現化するために救急センターやリハビリテーションを充実させる一方、指肢の再接着など専門性の高い医療では広域から患者を受け入れるなど、2つの医療の方向性の両立により、経営の継続性を図る。

大腿骨近位部骨折の入院期間短縮 多職種連携で周術期管理を実現

~社会福祉法人聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院(千葉県佐倉市)

2017年05月26日

社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷佐倉市民病院は、2015年4月より、大腿骨近位部骨折の24時間以内の手術実施に取り組んでいる。他職種が連携することで、術前管理から退院後の二次骨折予防まで包括的なサポートを行っている。

多職種が講師となり院内研修 一足飛びで15対1補助体制加算へ

医療法人社団恵生会 上白根病院(神奈川県横浜市)

2017年04月25日

医療法人社団恵生会上白根病院では、医師事務作業補助者の研修を外部委託から院内の多職種による取り組みへ転換。30対1から15対1補助体制加算へとより高い算定要件を満たすとともに、事務職と医療職とのコミュニケーションの円滑化も実現している。

高校生・医学生に向けた充実したプログラム 未来の医療人材を発掘・育成

~医療法人財団健康文化会 小豆沢病院(東京都板橋区)

2017年03月17日

医療法人財団健康文化会小豆沢病院では、医学部志望の高校生に向けた「1日医師体験」や、医学部生に向けた実習プログラムを充実。地域密着型の医療やチーム医療の大切さを伝えながら、グループや自院の医療人材確保に貢献している。

「がんセンター化」で院内連携体制を強化 地域の小児がん医療の質向上に貢献

独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター(神奈川県横浜市)

2017年02月16日

1970年の開院時から医療・福祉・教育を一体的に提供する小児医療施設として発展してきた神奈川県立こども医療センター。2013年に小児がん拠点病院、15年4月には横浜市の小児がん連携病院の指定を受けたことで同年6月、院内に「小児がんセンター」を設置した。

ページの先頭に戻る