MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

病院経営CaseStudy

地域医療と専門性の高い医療との両立で継続性のある経営をめざす

医療法人社団寿量会熊本機能病院(熊本県熊本市)

2017年06月15日

熊本機能病院は地域医療、地域包括ケアを具現化するために救急センターやリハビリテーションを充実させる一方、指肢の再接着など専門性の高い医療では広域から患者を受け入れるなど、2つの医療の方向性の両立により、経営の継続性を図る。

大腿骨近位部骨折の入院期間短縮 多職種連携で周術期管理を実現

~社会福祉法人聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院(千葉県佐倉市)

2017年05月26日

社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷佐倉市民病院は、2015年4月より、大腿骨近位部骨折の24時間以内の手術実施に取り組んでいる。他職種が連携することで、術前管理から退院後の二次骨折予防まで包括的なサポートを行っている。

多職種が講師となり院内研修 一足飛びで15対1補助体制加算へ

医療法人社団恵生会 上白根病院(神奈川県横浜市)

2017年04月25日

医療法人社団恵生会上白根病院では、医師事務作業補助者の研修を外部委託から院内の多職種による取り組みへ転換。30対1から15対1補助体制加算へとより高い算定要件を満たすとともに、事務職と医療職とのコミュニケーションの円滑化も実現している。

高校生・医学生に向けた充実したプログラム 未来の医療人材を発掘・育成

~医療法人財団健康文化会 小豆沢病院(東京都板橋区)

2017年03月17日

医療法人財団健康文化会小豆沢病院では、医学部志望の高校生に向けた「1日医師体験」や、医学部生に向けた実習プログラムを充実。地域密着型の医療やチーム医療の大切さを伝えながら、グループや自院の医療人材確保に貢献している。

「がんセンター化」で院内連携体制を強化 地域の小児がん医療の質向上に貢献

独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター(神奈川県横浜市)

2017年02月16日

1970年の開院時から医療・福祉・教育を一体的に提供する小児医療施設として発展してきた神奈川県立こども医療センター。2013年に小児がん拠点病院、15年4月には横浜市の小児がん連携病院の指定を受けたことで同年6月、院内に「小児がんセンター」を設置した。

抵抗感を抱かせないホテルのような精神科病院

医療法人カメリア横浜カメリアホスピタル(神奈川県横浜市)

2017年01月20日

2008年に開設以来、児童・思春期の精神科医療に注力する横浜カメリアホスピタル。建物からアメニティに至るまで、患者が抱えるさまざまな抵抗感・負担感を取りのぞく工夫は、8年の時を経てなお、精神科病院の最先端を走っている。

病床再編による変革と地域連携で在宅を意識した緩和ケアを提供

松戸市立福祉医療センター東松戸病院(千葉県松戸市)

2016年12月16日

松戸市立福祉医療センター東松戸病院は地域に、市民に必要とされる病院づくりとして、後方支援を旗印に病床再編などに取り組んできた。

医師派遣事業を通じて地域連携を推進 在宅復帰機能も強化

医療法人社団光生会 平川病院(東京都八王子市)

2016年11月11日

医療法人社団光生会平川病院は、内科医師を在宅支援診療所に派遣することで、地域の医療機関と密接な関係を構築。在宅での診療が困難になった患者の入院を積極的に受け入れるなかで、在宅復帰機能強化加算の算定も実現した。

研修機関として日本一の倍率自主性の尊重が要

~日本赤十字社 武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)

2016年10月07日

初期臨床研修機関として人気が高い日本赤十字社武蔵野赤十字病院。その理由は、長い年月を経て醸成された「研修医・指導医がいることが当たり前」な雰囲気のなかで実践される、研修医の自主性を尊重した研修体制にあった。

現場の意見が意思決定の基本 垣根のない、常に変革できる組織をめざす

医療法人明和病院(兵庫県西宮市)

2016年09月23日

「親切で小回りのきく病院」を目標に、地域の高齢患者に対応した医療提供体制を図っている医療法人明和病院。部署間の垣根をなくし、職員全員の組織運営への参画を求めた改善活動を展開している。

ページの先頭に戻る