MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

病院経営CaseStudy

連携に注力、高齢社会を見据えた最先端の質の高いリハビリを提供

医療法人社団健育会湘南慶育病院(神奈川県藤沢市)

2019年11月15日

急性期から慢性期、看取りを行うなど幅広い機能を備え、大学との共同研究を進める湘南慶育病院。自院の役割を果たすべく、地域との連携に取り組む。

安全で効率的な医療の提供とスタッフの働く環境整備を両立

医療法人社団医修会大川原脳神経外科病院(北海道室蘭市)

2019年10月18日

2代目理事長の改革により、大川原脳神経外科病院は新たな病院へと生まれ変わった。根底にあるのは、専門に特化した医療の提供と「スタッフの豊かな生活が良い医療を生む」という揺るぎない信念だ。

「先進」「救急」「予防」を3本柱に地域密着型の病院づくりを推進

公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院(仙台市宮城野区)

2019年09月06日

紹介外来型病院の先駆けとして知られる公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院。「先進医療」「救急医療」「予防医療」の3つを軸に地域医療に貢献している。

救急から療養までの機能を整備 地域に求められる病院をめざす

医療法人輝栄会 福岡輝栄会病院(福岡市東区)

2019年08月09日

脳卒中、内視鏡手術、心臓血管の各センターを軸に、救急から療養まで幅広い機能をもつ医療法人輝栄会福岡輝栄会病院。地域に求められる病院づくりに邁進している。

リハビリを通じてめざす誰もが健康長寿になる地域づくり

医療法人社団三成会 南東北春日リハビリテーション病院(福島県須賀川市)

2019年07月12日

南東北春日リハビリテーション病院は2015年、メディカルフィットネスさくらを開設。医療・介護の充実はもちろん、地域の健康長寿の実現に向けた活動にも取り組んでいる。

「LA(ライフ・アシスタント)」と名付け、職能・求めるスキルも明確化し、定着につなげる

医療法人財団利定会 大久野病院(東京都西多摩郡日の出町)

2019年06月14日

大久野病院では、介護福祉士と介護職を合わせ「LA(ライフ・アシスタント)」と呼んでいる。2018年5月、「介護」に専念できる体制づくりとともに、人事考課も一新。わかりやすく公平な評価制度を背景に、介護職の定着が進んでいる。

突出した専門性と地域医療を両立 高齢社会に対応できる病院づくり

社会医療法人信愛会交野病院(大阪府交野市)

2019年05月17日

全国から患者が訪れる「信愛会脊椎脊髄センター」など地域に根ざしつつ高度な専門医療を提供する交野病院。さまざまな患者に対応できる病院運営を実践している。

「目の前の患者を受け入れ生活を支える」基本に立ち返る

医療法人社団城東桐和会 東京さくら病院(東京都江戸川区)

2019年04月19日

東京さくら病院は地域包括ケア病棟を中心に医療と介護の情報共有を図ることで高い病床稼働率をキープ。「断らない慢性期」を理念に掲げ、日本一の慢性期病院をめざす。

安心と癒しの療養環境を整備 地域に愛される病院をめざす

医療法人ロコメディカル江口病院(佐賀県小城市)

2019年03月15日

2018年9月に新築移転した医療法人ロコメディカル江口病院。 「その土地の」を表す法人名のように、地域に根差した病院としての取り組みを強化している。

患者一人ひとりの思いを尊重 初診から看取りまでを担う

富岡地域医療企業団 公立富岡総合病院(群馬県富岡市)

2019年02月15日

公立富岡総合病院は二次医療圏で唯一の急性期病院として最新の医療機器を整備し、地域がん診療連携拠点病院としてがん治療を行う。一方で、地域包括ケア病棟や緩和ケア病棟を整備し、緩和ケアから派生した「シルバーケア」という新たな概念を発案。患者の思いを尊重した、患者中心の医療に取り組む。

ページの先頭に戻る