MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

クリニック経営CaseStudy

各地域・診療科の院長が語るコロナ禍の診療所の生き残り戦略(1)

医療法人隆由会(大阪府)

2020年09月18日

新型コロナによる患者や診療所を取り巻く状況の変化を敏感にキャッチし、新たな環境に適合するための生存戦略を取れない診療所に、もはや明日はない。各地域の異なる診療科の診療所院長たちに、自院の生き残り戦略を聞いた。

スタッフが安心して働ける体制が 患者が安心できる在宅医療の大前提

医療法人社団ときわ(東京都北区)

2020年07月17日

当法人は、2016年の「赤羽在宅クリニック」の開業から現在までの約4年間で、赤羽、大宮、練馬、墨田と、東京都・埼玉県を中心に在宅専門診療所を展開してきた。2020年1月末時点の累計患者数は2,921人。常勤医師14人、看護師21人、相談員13人、医療アシスタント18人(常勤換算)の体制を敷いている。

小児泌尿器科領域におけるファーストペンギンを自院の役割と定める

医療法人社団佐々木クリニック泌尿器科・小児泌尿器科(東京都小平市)

2020年06月05日

医療法人社団佐々木クリニック泌尿器科・小児泌尿器科は、全国でも稀な小児泌尿器科を標榜する診療所だ。白柳慶之院長は以前、小児泌尿器科の専門医として小児科の専門病院で勤務。その際、小児泌尿器領域の患者で夜尿症や昼間尿失禁で困っている患者が多くいたこと、また、小児泌尿器科疾患を抱えて成人した、いわゆるキャリーオーバーの患者を受け入れられる医療機関が限られていたことなどから、そういった患者の受け皿となる診療所をつくりたいと思い、2014年、小平市に同院を開業した。

専門のリウマチ特化に方針転換 最新検査で早期診断・治療に尽力

さとう埼玉リウマチクリニック 理事長 佐藤 理仁(埼玉県戸田市)

2020年05月08日

2016年に開業後、19年に専門であるリウマチ専門診療所としてリニューアルした、さとう埼玉リウマチクリニック。埼玉県外からも患者が来院する背景には、新たな検査方法の活用による早期診断・治療のスタンスがあった。

最先端技術の安全な導入に尽力し日本の眼科医療の技術推進を目指す

医療法人先進会岡眼科飯塚クリニック(福岡県飯塚市)

2020年04月03日

福岡市の市街地から車で1時間ほどの立地にもかかわらず、日本中から来院者が絶えず、開院1年目で1日平均外来患者数150人を突破した。そこまで同院が支持を受けている理由が、最先端の水準を担保した眼科治療だ。

スポーツで悩んでいる多くの子どもを笑顔にする これを目標に分院展開も目指す

SOL整形外科スポーツクリニック(神奈川県川崎市)

2020年03月06日

「自然で最適なスポーツ健康医療を実践できるクリニック」です。2040年には1人の若者が1人の高齢者を支えなければならないと試算されています。こうした超高齢社会を乗り切るには、健康寿命の延伸はもちろん、支え手となる若者の身体の強化も不可欠。

40年来の老舗診療所を引き継ぎ 良いものは残したリノベーションを図る

医療法人水ノ江医院(福岡県那珂川市)

2020年02月07日

福岡市南部に隣接する那珂川市は、都心へのアクセスのよさから人口が増加し、2018年10月に旧那珂川町から単独で市に移行した地域だ。

不整脈特化型の診療所として治療に最適な環境を整える

東京ハートリズムクリニック(東京都世田谷区)

2020年01月10日

320列マルチスライスCT、アンギオグラフィシステム、3次元マッピングシステムなど、大学病院や専門病院と同等以上の最新鋭の高度医療機器、さらにはホテルのようなアメニティーを備え、日本有数の症例数を誇る桑原大志院長が、年間約400件ものカテーテルアブレーション手術をはじめ、高度な不整脈治療を実践する。

「糖質制限」のキーワードに医師集結 総合病院のような診療所を目指す

福岡糖質制限クリニック(福岡市南区)

2019年12月06日

福岡糖質制限クリニックは、堺整形外科医院、福岡スポーツクリニックに続く、医療法人堺整形外科医院グループの3つ目の診療所として、2014年7月に誕生した。

脊椎疾患やがんによる痛みを緩和する治療とケアに尽力

千里ペインクリニック(大阪府豊中市)

2019年11月01日

麻酔科医として病院で何人ものがん患者を看取るうちに、「訪問診療で緩和ケアをしたほうがADLやQOLを保つことになるのでは」と感じた松永美佳子理事長が、2004年にビルテナントで開業。2011年に入居施設を併設した現在地に移転した。

ページの先頭に戻る