MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

クリニック経営CaseStudy

まちのコンビニクリニックとして生活習慣病からがんまで幅広く診療を行う

たにぐちクリニック(大阪市旭区)

2018年05月11日

下町風情が残る商店街近くの住宅街の一角に、たにぐちクリニックがある。診療領域は生活習慣病から腰痛・膝関節痛、内視鏡検査やがんの早期発見、訪問診療と幅広い、まちのかかりつけ診療所だ。

重度の患者が在宅で生活できるよう社会資源を最大限に活用する

在宅サポートながさきクリニック(北九州市小倉北区)

2018年04月05日

在宅サポートながさきクリニックは、毎月約120人の在宅患者の訪問診療、年間約25人の在宅看取りを行う機能強化型の在宅療養支援診療所だ。在宅医療を主とし、外来は主に予約制としている。

訪問・通所リハビリを通じて高齢者の継続的ケアを行う

きくち整形外科(東京都調布市)

2018年03月16日

医療法人社団晃啓会きくち整形外科は、菊地淑人院長の専門である手外科領域のほか、リウマチやリハビリなど、1日約230人の外来患者を診ており、整形外科領域におけるかかりつけ医として、地域から高い支持を受けている。

患者とともに理想の生活を描きそれに最適な治療を導き出す

医療法人社団 和田眼科(兵庫県西宮市)

2018年02月23日

「患者の立場に立った医療の提供」「患者一人ひとりのQOLを高める医療の実践」-。多くの医療機関がこのような理念や目標を掲げている。

患者目線の検査と病診連携で地域の支持を一気に集める

ファミリークリニックひきふね(東京都墨田区)

2018年01月18日

ファミリークリニックひきふねは、外来患者数はわずか3カ月の段階で1日40人を突破。50人を超える日も珍しくはない。

外国人のニーズを正確にとらえ世界基準に則った医療を提供

千駄ヶ谷インターナショナルクリニック(東京都渋谷区)

2017年12月21日

日本の医療機関を受診する外国人が急増している。一方で、日本では在日外国人を除く外国人患者が少なかったこともあり、円滑に受け入れるための体制づくりは遅れている。

開業にはマーケティングを最重要視 清潔感と緑の活用で安心できる環境を

やすだ泌尿器科クリニック(大阪府門真市)

2017年12月08日

2016年5月、大阪府門真市で泌尿器科専門医として開業し、地域に根ざした医療を提供しながら着実に患者数を増やしているのが、やすだ泌尿器科クリニックだ。

精神科受診の抵抗感を和らげる地域に開かれた診療所づくり

石束クリニック(東京都世田谷区)

2017年11月30日

地域住民が気軽に相談できる「町のこころのかかりつけ医」を目指して「精神科は受診しにくい」と感じる患者が少なくないなか、地域住民が受診しやすい診療所づくりに尽力している。

患者が快適な環境づくりの徹底と専門分野に絞った効率経営を実践

みつみや大腸肛門クリニック(神戸市中央区)

2017年11月15日

消化器外科医だった光宮義博院長は、胃がんや大腸がんだけではなく、肛門疾患の知識と技術も身につけたいと修行後に独立開業したみつみや大腸肛門クリニック。

地元コミュニティーにマッチした診療体制づくりに尽力

やわらぎクリニック(奈良県生駒郡三郷町)

2017年10月30日

医療法人やわらぎ会やわらぎクリニックは「断らない。何でも診る」をモットーに、地域密着型のぬくもりのある医療を追求している。特に重視しているのが、総合診療医によるトータル・ケアだ。

ページの先頭に戻る