MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

クリニック経営CaseStudy

第三者継承で低コストの開業 段階的にコスト削減と効率化を実施

~辰巳中央診療所(東京都江東区)

2017年06月23日

地域のかかりつけ医として、適切な医療を提供したいという思いから開業に踏み切った鳴海章人院長だが、新規開業ではなく、第三者継承を選択した理由を、次のように説明する。

有床診療所と包括的サービスで地域のかかりつけ医として浸透

~林医院(北海道旭川市)

2017年05月12日

医療法人社団東旭川宏生会林医院は、1946年に現在の林宏一院長の父である宏紀氏が、南富良野町で開院。その10年後に現在の場所に移転し、長く地域のかかりつけ医としての役割を発揮し続けている。

病診連携の強化とスタッフの好対応で増患につなげる

~清水クリニック(愛知県安城市)

2017年04月19日

2006年に愛知県安城市の住宅街で開業した医療法人誠幸会清水クリニック。この場所を選んだ理由を清水誠司院長は、「長年勤務した安城更生病院から近く連携が取りやすいことと、学生時代に通学で利用していたなじみ深い地域だったからです」と、笑う。

専門性の高さを担保しながら治療を継続しやすい体制を両立

たけおクリニック(東京都世田谷区)

2017年03月09日

東急世田谷線の三軒茶屋駅から徒歩1分の好立地に構えるたけおクリニック。竹尾浩紀総院長は糖尿病専門医。自衛隊中央病院や国立がんセンター、小松基地衛生隊長、厚生労働省健康局生活習慣病対策課たばこ対策専門官などを経て、2011年4月に開業した。

専門外来・自由診療で収益を上げ外来・在宅診療の充実につなげる

なかつか内科医院(滋賀県彦根市)

2017年02月24日

中塚院長のモットーは「患者目線の医療の実践」であり、患者や地域からの要望は断らない。特に訪問診療は月100件を超え、末期がんや脳梗塞などさまざまな疾患に対応し年間10人以上の看取りも行っている

変形時間労働制で残業ゼロ満足度が高まり離職も防ぐ

~笹川眼科(新潟県長岡市)

2017年02月08日

笹川眼科では1カ月単位の変形労働時間制とスタッフにシフト調整を任せることで、残業ゼロと働きやすい環境づくりを実現している。

診療行為に専念する役割り分担を促進し患者の満足度向上につなげる

~医療法人翠光会まつもと皮膚科クリニック(京都府福知山)

2017年01月26日

一般皮膚科、形成外科、美容皮膚科を標榜し、京都府北部では唯一となる保険適用の赤痣治療器を導入するなど、最新の医療・施術を受けられるのが特徴だ。併せて自由診療も提供しており、医療レーザー脱毛やしみ・あざの治療など、幅広いニーズに対応している。

「待たせない」をモットーに介護の視点も生かした診療を展開

上田眼科(福岡県太宰府市)

2017年01月11日

上田眼科は2008年、福岡県太宰府市の西鉄都府楼前駅近くに開業した。福岡市中心部から電車で約30分と交通の便がよく、1日当たり約60人程度の患者が受診している。

グループ内の複数診療所が集まりワンストップで医療サービスを提供

青山クオーツデンタルクリニック(東京都渋谷区)

2016年12月22日

医療法人徳真会グループは、国内外に歯科診療所など71カ所の拠点を擁し、年間80万人の患者の治療に携わる、アジア最大級の歯科医療グループだ。

ビジネスパーソンを対象に薬に頼らない治療を実践

ベスリクリニック(東京都千代田区)

2016年11月18日

田中伸明院長は医学部卒業後、病院勤務を経て、コンサルティング会社でサラリーマンをしていたという異色の経歴を持つ。自身が仕事のストレスが原因で大病を患った経験から、ビジネスパーソンへのメンタルケアの必要性を痛感し、「自分と同じ悩みを抱える人を救いたい」という思いから、医師の道へ戻り、開業した。

ページの先頭に戻る