MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営

役職者としてのヒント

職員が動くとき、組織が変わるとき 第12回

在宅のIVHをどうするか

2017年12月01日

これまでの連載とは話が前後しますが、ウメノキ薬局(仮称)に出向した当初、悩みの種がIVH(中心静脈栄養法)をしている在宅患者に、薬剤師が高カロリー輸液を調製して訪問する在宅事業を展開していることでした。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第11回

2017年11月01日

月、水、金と週3回発行し続けた本部通信では、様々なテーマを取り上げました。そのほとんどは、私が現場を視察していておかしいと感じたことをそれとなく伝える内容でした。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第10回

現場を回って

2017年10月02日

私は出向して以来、朝は一番に本部に出勤し、まずどこかの店舗の朝礼に出席し、日中は時間が許す限り各店舗を回って現場を観察したり、職員と話をしたりし、夜は事業計画を作成したり、問題点の改善策を練ったりという毎日を過ごしていました。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第9回

2017年09月01日

やせ細った体にぼろぼろの服を着て数ヶ月ぶりに店舗に姿を現したT君。話を聞くと、ある事情から軟禁され、歓楽街で強制的に仕事をさせられていたとのことでした。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第8回

2017年08月01日

たった6ヶ月の出向でしたが、その間に色々なことがありました。人事的なことでも多くの経験をしましたが、今回はその中でも特に印象深いエピソードを3つご紹介します。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第7回

2017年07月03日

土日の職員の確保に苦戦している店舗からは、土日の時給を上げてほしいという要望もありました。ただ、他の店舗との公平性などを考えると、どうしたらよいものか簡単には答えが出ませんでした。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第6回

2017年06月01日

店舗に訪問する際には、ちょっとした手土産も持っていきました。正直なところ、ある種の機嫌取りです。仕事は現場が第一ですから、少しでも気持ちよく働いてもらえればという考えでした。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第5回

それでも混乱は続く

2017年05月01日

Bさんへの業務移管が一方的だといって「今後、私の上司は本部長だといわれたが、現場の業務を何もわかっていない人間が上司などできるのか。給料だけもらって仕事をしない人に偉そうに言われたくない。」と叫ぶAさん。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第4回

2017年04月03日

前回紹介した店長会議は私が出向してから最初の店長会議であり、多くの不満や批判が飛び交うものだと覚悟していました。しかし、事前に各店舗に足しげく通ってそれぞれの職員と話をしていたのが効いたのか、有意義な話し合いと意思決定を行うことができました。

職員が動くとき、組織が変わるとき 第3回

2017年03月01日

出向して2週間ほど経過した頃のことです。いろいろと動いてきたものの、状況はすぐには良くなりません。相変わらず次は自分の番だとばかりに退職者が続きます。一方で、なかなか採用は進みません。

ページの先頭に戻る