MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「かかりつけ医」

特集 『かかりつけ病院』待望論(3)

中小病院の出番はここだ!

2018年11月21日

医療政策が医療機関に求める大きな流れは「高度化・機能分化」に見えるが、2018年度診療報酬改定からもわかるように、とりわけ中小病院にはこれとは別の役割も期待されている。  ...全文を見る

特集 『かかりつけ病院』待望論(2)

中小病院の出番はここだ!

2018年11月20日

たとえば当院の在宅患者は常時60人、外来患者は一日平均80人、入院患者も30床がほぼ満床状態です。これらすべての患者さんについて、生活情報まで含めて医師一人ひとりが頭の中に入れ、その変化を逐一把握するのはさすがに不可能です。 ...全文を見る

特集 『かかりつけ病院』待望論(1)

中小病院の出番はここだ!

2018年11月19日

病院の機能分化が進み、地域包括ケアシステム時代を迎えつつある今、中小病院が生き残るには、地域に根ざす以外に方法はない。そこから導きだされるのは「かかりつけ病院」というあり方だ。  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 在宅医療における医師の連携を評価

中医協

2017年03月13日

中央社会保険医療協議会(中医協)は2月22日、総会を開き、「かかりつけ医機能」の診療報酬上の評価について議論した。 ...全文を見る

診療科名標榜見直しと医療機関の「外来」戦略(1)

専門外来や特殊外来に特化していく大病院の動向

2016年12月06日

2016年診療報酬改定で療養担当規則が改正されたことにより、今年の4月より紹介状なしで大病院を受診した場合に初診5000円、再診2500円が課せられるようになった。  ...全文を見る

特集 かかりつけ医はこうして選ばれる!(下)

今後の医療ニーズの傾向と対策

2016年08月04日

患者・消費者中心の医療の重要性が叫ばれて久しい。しかし、そのながれのなかで診療所がとるべき具体的な対応策については、あまり議論されてこなかったのが現状だ。そこで東京大学大学院客員研究員の浅野信久氏に、今後患者・消費者から求められる医療ニーズとその対応策について分析してもらった。  ...全文を見る

特集 かかりつけ医はこうして選ばれる!(中)

都心・下町別かかりつけ医のあり方

2016年08月03日

医療機関の激戦区にあって1995年の開院以来、身近な地域のかかりつけ医として、高い評価を受けているのが長尾クリニックである。かかりつけ医機能を発揮するうえで長尾院長は、(1)必要なインフラの整備とスタッフの充実、(2)院内外との連携体制の構築に力を入れている。  ...全文を見る

特集 かかりつけ医はこうして選ばれる!(上)

都心・下町別かかりつけ医のあり方

2016年08月02日

患者の医療ニーズは地域によって異なるため、当然かかりつけ医としてのあり方も違う。ここでは都心・下町の2つの地域でかかりつけ医として活躍している院長・理事長の取り組みやスタンスを紹介しながら、地域別のかかりつけ医として機能するためのヒントを提示する。  ...全文を見る

どんな患者にも対応できる「コンビニエンス・クリニック」を目指す

医療法人社団順洋会武蔵野総合クリニック(東京都清瀬市)

2016年03月30日

医療法人社団順洋会武蔵野総合クリニックは、子どもから高齢者まで誰もがいつでも気軽に立ち寄れ、さまざまな疾患・症状を相談できる診療所づくりを通じて地域住民に安心感を与えることを目指している。  ...全文を見る

Q.今後の地域かかりつけ医の役割について

2016年03月15日

2014年度の診療報酬改定で設けられた地域包括診療料・地域包括診療加算については、算定基準の要件等ハードルが高く算定出来ておりませんでしたが、2016年度の改定を受けてどうすれば良いのでしょうか。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る