MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「がん対策」

特集 緩和ケアの現在(4)

がんとの共生を目指して

2017年10月13日

株式会社日本アルトマークは、病院の入院および外来において提供される緩和ケアについて調査結果をまとめた。 ...全文を見る

特集 緩和ケアの現在(3)

がんとの共生を目指して

2017年10月12日

12年前から在宅でのホスピスを行っている山崎章郎氏は、「緩和ケアをがん治療の分野ではなく、がんとの共生に入れたというのは正しい判断だと思う」と今回まとめられた基本計画を評価。 ...全文を見る

特集 緩和ケアの現在(2)

がんとの共生を目指して

2017年10月11日

7月に行われた日本ホスピス緩和ケア協会2017年度年次大会では、実際に緩和ケアの現場を担う医療者、さらには患者団体代表によるパネルディスカッションが開かれた。 ...全文を見る

【NEWS】[予算] 財政健全化へ質重視、来年度予算の議論本格化

財政審

2017年10月10日

財政制度等審議会は9月19日、財政制度分科会を開き、2018年度予算編成に向けた本格的な議論を始めた。 ...全文を見る

特集 緩和ケアの現在(1)

がんとの共生を目指して

2017年10月10日

今年6月、第3期がん対策基本計画がとりまとめられた。そこでは「がんの克服」を目指し、「がんとの共生」が謳われた。緩和ケアも診断時から行うものとして、重要なポジションを占めている。  ...全文を見る

特集 治療と就労継続を考える(4)

病気をしても働くために!

2017年08月31日

三井記念病院精神科部長の中嶋義文氏は、産業医の立場から、「患者からの申し出が支援の前提」と患者主体の原則を確認した上で、「産業医の役割は患者と会社をつなぐこと」と説明した。 ...全文を見る

特集 治療と就労継続を考える(3)

病気をしても働くために!

2017年08月30日

がん患者の就労継続に取り組んでいる株式会社松下産業代表取締役社長の松下和正氏は事業場の立場から報告した。同社は2014年度に「東京都がん患者の治療と仕事の両立への取組を行う企業表彰」優良賞を受賞している。  ...全文を見る

特集 治療と就労継続を考える(2)

病気をしても働くために!

2017年08月29日

シンポジウムでは自身もがん患者であり、現在はNPO法人がんサポートオレンジの会理事長としてがん患者支援の活動をしている松本陽子氏が登壇。現役世代のがん治療における課題について報告した。 ...全文を見る

特集 治療と就労継続を考える(1)

病気をしても働くために!

2017年08月28日

医療の進歩によって、治療を継続しながら働く患者が増えている。そこには多くの社会的な支援が必要だが、その整備は道半ばだ。医療職は、家庭の生活だけではなく、事業場の環境や仕事内容に配慮することも、社会的に期待されている。  ...全文を見る

【NEWS】[がん対策] がん治療後に子持つ可能性、初のガイドライン

日本癌治療学会

2017年08月01日

日本癌治療学会(北川雄光理事長)は13日、若いころがんになった患者に将来子を持つ可能性を残すための治療方法について、医療者向けのガイドラインを初めて作成したと発表した。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る