MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「がん対策」

【NEWS】[がん対策] パネル検査の実用化推進、がんゲノム医療で初会合

厚労省

2018年08月23日

厚生労働省は1日、がん患者の遺伝子を調べて治療法を選ぶ「がんゲノム医療」の普及に向けた課題を検討する「がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議」の初会合を開いた。  ...全文を見る

【NEWS】[がん対策] 「連携病院」新設を、小児がん診療手厚く

厚労省検討会

2018年05月08日

厚生労働省有識者検討会は、小児がんの患者が全国15の「小児がん拠点病院」以外の各地域でも診療を受けられるようにするため、拠点病院が指定する「小児がん連携病院」(仮称)を新設すべきだとする報告書を大筋でまとめた。  ...全文を見る

【NEWS】[がん対策] 宇宙の技術でがん退治

JAXA、東大が連携

2018年04月24日

東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星「ひとみ」に搭載された超高精度の観測センサー技術を活用し、がんのもとになる「がん幹細胞」の体内分布を高精度で追跡する研究を本格化させる。 ...全文を見る

【NEWS】[医薬品] 高額抗がん剤「オプジーボ」、2割超値下げ28万円に

厚労省

2018年03月12日

厚生労働省は5日、医薬品薬価について、2018年度の個別品目の改定額を官報で告示した。  ...全文を見る

【NEWS】[がん対策] がんゲノム医療、11病院選定

厚労省

2018年02月27日

がん患者の遺伝情報を網羅的に調べて最適な治療法を選択する「がんゲノム医療」の本格実施に向け、体制整備を進めてきた厚生労働省は14日、全国7ブロックの中核拠点に11病院を指定する方針を固めた。  ...全文を見る

【NEWS】[がん対策] 免疫細胞を新技術で活性化、RNAワクチンで開発

東大など

2017年10月30日

感染症予防やがんの免疫療法に使うワクチンをリボ核酸(RNA)で作る場合に、免疫細胞を活性化させる新技術を開発したと、東京大学や東京医科歯科大学などの研究チームが11日発表した。  ...全文を見る

特集 緩和ケアの現在(4)

がんとの共生を目指して

2017年10月13日

株式会社日本アルトマークは、病院の入院および外来において提供される緩和ケアについて調査結果をまとめた。 ...全文を見る

特集 緩和ケアの現在(3)

がんとの共生を目指して

2017年10月12日

12年前から在宅でのホスピスを行っている山崎章郎氏は、「緩和ケアをがん治療の分野ではなく、がんとの共生に入れたというのは正しい判断だと思う」と今回まとめられた基本計画を評価。 ...全文を見る

特集 緩和ケアの現在(2)

がんとの共生を目指して

2017年10月11日

7月に行われた日本ホスピス緩和ケア協会2017年度年次大会では、実際に緩和ケアの現場を担う医療者、さらには患者団体代表によるパネルディスカッションが開かれた。 ...全文を見る

【NEWS】[予算] 財政健全化へ質重視、来年度予算の議論本格化

財政審

2017年10月10日

財政制度等審議会は9月19日、財政制度分科会を開き、2018年度予算編成に向けた本格的な議論を始めた。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る