MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「健康サポート薬局」

「電子版」お薬手帳に患者はメリットを感じているのだろうか?

「電子版」推進は「処方せん電子化」の一里塚

2019年03月19日

「電子版」お薬手帳の運用は電子処方せんを運用するための“一里塚”であり、患者が処方内容を可視化して知り、活用するためには「電子版」お薬手帳との連携が不可欠と捉えている。  ...全文を見る

Q.患者の服薬情報を把握するためにできる手段を教えて下さい。

2019年03月12日

「患者が服用している医薬品に関する情報の収集手段」としては、厚生労働省のアンケート調査結果にもあるように、当薬局でも「お薬手帳の活用」と「患者・家族への質問等」、「処方せんに印字、記載された情報」がほとんどになります。  ...全文を見る

Q.薬局薬剤師が行う「他職種連携」との具体的な取組みを教えてください。

2019年02月22日

徐々に「患者のための薬局ビジョン」で示されたような地域連携の取り組みを進めていきたいと考えているのですが、どのような取組みをしたらよいですか?ご指導下さい。 ...全文を見る

Q.「患者のための薬局ビジョン」実現に向けて全国的に把握すべきKPIでの指標を教えてください。

2019年02月15日

「患者のための薬局ビジョン」実現のためのアクションプラン検討委員会が、KPI(Key Performance Indicator)の中で、「かかりつけ薬剤師としての役割を発揮出来る薬剤師を配置している薬局数」を評価しうる指標を設定したと聞きました。 KPIで示された指標の内容を教えて下さい。  ...全文を見る

「健康サポート薬局」の現在~小規模薬局の多くに広く浸透していない課題が浮き彫りに

「研修受講の必要性を感じない」薬局が14.3%

2019年01月30日

厚生労働省は2018年3月、「かかりつけ薬剤師・薬局」の推進に関する指標を中心に、薬剤師・薬局の現状について把握・分析すること等を目的に、薬局及び患者を対象にしたアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。  ...全文を見る

Q.日本の調剤薬局で、「電子版お薬手帳」導入を実現しているのは、どの位の割合に及ぶのでしょうか。

2019年01月23日

実際に日本の調剤薬局で、「電子版お薬手帳」導入を実現しているのは、どの位の割合に及ぶのかを教えて下さい。また、導入に向けての最大の課題は、どこにあるのでしょうか?  ...全文を見る

茨城県薬剤師会で独自に行なわれている「セルフメディケーション支援薬局」とは?

2019年01月11日

「健康サポート薬局」に近い考え方として、地方において独自の「セルフメディケーション支援薬局」を認定する動きがあるようですが、どのような仕組みなのか教えて下さい。  ...全文を見る

Q.「健康サポート薬局」における連携先・紹介先リスト作成の方法について

2017年08月17日

「健康サポート薬局」の届出に際し、地域の連携体制構築の中で、当該薬局の連携先・紹介先のリスト作成が求められていますが、連携・協力を依頼する病院や診療所、他薬局に対して、私たちの薬局が個別に了解を得る必要があるのですか?  ...全文を見る

Q.「健康サポート薬局」基準の“常駐”とは“常勤”と同義なのでしょうか。

2017年07月27日

薬局勤務経験5年以上の女性薬剤師が1名だけおりますが、その薬剤師は“常駐”しているものの“常勤”ではありません。非常勤の薬剤師でも「健康サポート薬局」の基準を満たすことは出来るのでしょうか?  ...全文を見る

健康サポート薬局の全貌(2)

~門前薬局からのパラダイム・シフト

2015年11月16日

来年4月に実施される診療報酬改定は、強硬な引き下げを要求する財務省と、プラス改定を要望する日本医師会や、族議員の後押しを受けた厚生労働省との間での“綱引き”が続いています。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る