MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「働き方改革」

医療IT最前線 第94回

2020年診療報酬改定におけるICT化の評価(2)

2020年06月22日

2018年に新設された「オンライン診療料」。様々な要件を用意することで、スモールスタートを選択したわけですが、2020年の改定では普及を目指して、様々な要件が緩和されています。  ...全文を見る

【Report】[働き方改革]特例要件の時短計画は3年ごとに第三者が訪問で審査

【医師の働き方改革の推進】 労働時間短縮の実効性確保

2020年06月18日

2024年4月以降、すべての勤務医に時間外労働の上限規制が適用されます。その具体的内容については、厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が昨年3月末に報告書をまとめており、その後、7月に立ち上がった「医師の働き方改革の推進に関する検討会」が引き続き必要事項の検討を進めています。  ...全文を見る

特集 開業医が押さえておくべき5つのポイント

<特別企画>2020年度診療報酬改定

2020年06月15日

診療報酬本体は+0.55%となった2020年度診療報酬改定。その内容は、社会問題化している「医師の働き方改革」をメーンに、より効率性の高い医療提供体制に向けた医療機能の分化・連携を推進するものになっている。診療所に求められるのは、やはり「かかりつけ医機能の強化」だ。今次改定で診療所が押さえておくべき点を、株式会社AMI&I代表取締役の溝口博重氏に解説してもらった。  ...全文を見る

医療IT最前線 第93回

2020年診療報酬改定におけるICT化の評価(1)

2020年06月04日

2020年4月の診療報酬改定は少子高齢社会の影響から人手不足が深刻化しており、働き方改革とICTの活用に着目した改定内容となりました。そこで、今回は診療報酬改定におけるICT化の評価について2回に分けて解説します。 ...全文を見る

医療IT最前線 第88回

働き方改革に向けた医療クラークの活用

2020年03月12日

現在、少子高齢化の影響から人手不足が深刻になりつつあり、今後さらに生産人口の減少が予想されています。そのような状況を受けて、政府は「働き方改革」を急ピッチに進めています。 ...全文を見る

特集 「医師の働き方改革」めぐり各界の登壇者たちと熱く議論

「医師の働き方改革をみんなで考える」フォーラム

2020年03月11日

2019年11月17日、日本医療企画は「医師の働き方をみんなで考える」フォーラムを東京都内で開催した。病院団体代表や関連検討会の議論をリードした関係者、社会保険労務士など、さまざまな視点の登壇者が、「改革」のあり方を論じた。  ...全文を見る

救急病院の医師働き方改革を診療報酬と基金で重層的に支援

年間救急搬送2,000件以上が目安に

2020年03月02日

中央社会保険医療協議会・総会が2月7日に2020年度診療報酬改定について答申したことで、個別改定項目の点数設定などが明らかになった。算定要件や施設基準などの詳細は3月上旬の告示や通知の公表を待たねばならないが、今回、通常の改定財源とは別に消費税財源で手当てすることになっていた、救急病院の勤務医の働き方改革支援では、「地域医療体制確保加算」が新設される。算定対象は年間の救急搬送件数が2,000件以上の医療機関に限られるが、同加算の対象外となった医療機関は、「地域医療介護総合確保基金」の補助対象になる見通しだ。  ...全文を見る

特集 医師の働き方改革 推進イメージさらに具体的に

時短取り組みの評価法など提示 厚労省検討会

2020年01月27日

医療提供体制の見直しを進めている厚生労働省は、2019年12月2日に開かれた「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(座長=遠藤久夫国立社会保障・人口問題研究所所長)の会合の席上、新たに設置が予定されている「評価機能」の組織体系案や、そこで使用する「評価項目」、そこで作成する「評価結果通知書」のイメージなどを提示しました。  ...全文を見る

特集 皆で語ろう医師の働き方改革

経営の視点で考察する

2020年01月14日

「医師の働き方改革」に関する法制度改正は、2019年3月に大きな方針がまとまり、7月からの検討会でその具体的内容についても議論が始まっている。基本的には医師の就労時間短縮に焦点を当て、残業時間上限の設定や業務の共有・移管などを軸とした方策が詰められていくと見られる。  ...全文を見る

特集 医師のタスク・シフティング年内に結論へ

勤務時間の上限設定受け シフトの可能性を検討

2019年12月20日

厚生労働省は医師から他職種へのタスク・シフティングについて、その可能性や課題の検討を進め、年内に一定の結論を得ることになりました。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る