MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「働き方改革」

特集 医師の働き方改革 推進イメージさらに具体的に

時短取り組みの評価法など提示 厚労省検討会

2020年01月27日

医療提供体制の見直しを進めている厚生労働省は、2019年12月2日に開かれた「医師の働き方改革の推進に関する検討会」(座長=遠藤久夫国立社会保障・人口問題研究所所長)の会合の席上、新たに設置が予定されている「評価機能」の組織体系案や、そこで使用する「評価項目」、そこで作成する「評価結果通知書」のイメージなどを提示しました。  ...全文を見る

特集 皆で語ろう医師の働き方改革

経営の視点で考察する

2020年01月14日

「医師の働き方改革」に関する法制度改正は、2019年3月に大きな方針がまとまり、7月からの検討会でその具体的内容についても議論が始まっている。基本的には医師の就労時間短縮に焦点を当て、残業時間上限の設定や業務の共有・移管などを軸とした方策が詰められていくと見られる。  ...全文を見る

特集 医師のタスク・シフティング年内に結論へ

勤務時間の上限設定受け シフトの可能性を検討

2019年12月20日

厚生労働省は医師から他職種へのタスク・シフティングについて、その可能性や課題の検討を進め、年内に一定の結論を得ることになりました。  ...全文を見る

【NEWS】[働き方改革] 「働き方改革の推進へ看護職の負担軽減を」、要望書を提出

日本看護協会

2019年12月11日

公益社団法人日本看護協会(福井トシ子会長)は11月28日、厚生労働省保険局の濱谷浩樹局長宛に、5月14日以来2度目となる2020年度診療報酬改定に関する要望書(その2)を提出した。  ...全文を見る

【NEWS】[働き方改革] 救命救急士を、救急医療の担い手に

日本救急医学会提言

2019年12月03日

日本救急医学会理事会は11月19日、消防機関以外に属する救急救命士の業務の質の向上と活用に関する協議会で取りまとめた「救急救命士が医療機関で業務する必要性と課題解決のための提言」を公表した。  ...全文を見る

【Report】[働き方改革] 2024年の「医師の働き方改革」

勤務医の55%「時間外労働は遵守できない」

2019年09月17日

医師12万人以上が参加する医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」を運営するメドピア株式会社はこのたび、会員医師のうち、勤務医約3,000人を対象に、医師の働き方改革で焦点になっている「時間外労働」に関するアンケートを実施した。  ...全文を見る

2020年度診療報酬改定、1巡目の議論を読み解く

秋の再開を前に、注目ポイントや支払・診療側の意見を整理!

2019年09月12日

中央社会保険医療協議会・総会は7月24日、2020年度診療報酬改定についての1巡目の議論を終え、取りまとめを行った。秋の再開を前に、これまでの議論から浮かび上がってきた注目ポイントや、支払・診療側の意見を整理する。  ...全文を見る

特集 実践!医師のタスクシフト・タスクシェア

「働き方改革」成功のカギ!

2019年09月04日

医師の働き方改革に関する議論で、真っ先に上がった具体策が、医師業務の「タスクシフト」「タスクシェア」だった。しかし、言うとやるとでは大違い。他職種へ「シフト」するには医師の業務を理解し、肩代わりできるだけのレベルが求められる。  ...全文を見る

【Report】[働き方改革] 年3000時間超の時間外労働

20~30歳代外科医の4割

2019年04月16日

地域医療を守るために医師にどこまでの負担を求めるのか。医師の長時間労働を是正するには境界線をどこに引くかにかかっている。外科系学会社会保険委員会連合は外科医労働環境改善委員会を開いて、タスクシフティングなどの研究を進めている。  ...全文を見る

【NEWS】[働き方改革] 医師残業、特例措置として最長年1860時間に

厚労省案

2019年03月06日

2024年度から医師に適用する残業時間規制に関し、厚生労働省は2月20日、研修医や地域医療体制確保のために必要な勤務医らに特例で認める上限を、休日労を含め年1860時間とする方針案を明らかにした。同日開いた医師の働き方改革を検討する有識者検討会の会合で示した。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る