MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「医学研究」

【NEWS】[医学研究] AIで高精度検出に成功、早期胃がん領域

理研、国がん東病院

2018年08月20日

理化学研究所、国立がん研究センター東病院消化管内視鏡科の共同研究チームは7月20日、少数の正解データにより構築された人工知能による、早期胃がんの高精度な自動検出法を確立したことを公表した。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 脂肪蓄積に重要な遺伝子、阻害剤で肥満治療期待

九大など

2018年06月26日

体の脂肪組織にある幹細胞が脂肪細胞に変わり、脂肪を蓄積するのに重要な役割を持つ遺伝子をマウスの実験で発見したと、九州大学と名古屋市立大学、金沢大学の研究チームが6日までに米科学誌セル・リポーツに発表した。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] iPS心臓治療を了承、年度内にも移植

厚労省

2018年05月31日

重い心臓病患者に他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を移植する大阪大学の臨床研究計画を、厚生労働省の再生医療等評価部会が16日、条件付きで了承した。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 世界で活躍する研究者育成を

諮問会議

2017年12月01日

政府は16日、経済財政諮問会議と総合科学技術・イノベーション会議の合同会議を開き、生産性向上に向けた大学などの研究開発改革の議論に着手した。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 不妊治療研究で受精卵作製、初の審査

厚労・文科省

2017年08月29日

厚生労働省と文部科学省は7月31日、合同で専門委員会を開き、大阪府内のクリニックが国内で初めて申請した受精卵作製を伴う不妊治療研究の計画の審査を始めた。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] iPSで心臓治療、来年前半に臨床研究

大阪大

2017年08月04日

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って重い心臓病を治療する世界初の臨床研究を、大阪大学の澤芳樹教授らの研究グループが21日までに、学内の委員会に申請した。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 臨床応用は「当面禁止」、受精卵のゲノム編集

日本学術会議

2017年07月31日

遺伝子を効率的に改変できる「ゲノム編集」について、日本学術会議の委員会は10日、受精卵などの遺伝子改変の臨床応用は「当面は禁止が妥当」とする報告書を大筋でまとめた。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 「ゲノム解析、創薬などにAI」開発提言

厚労省検討会

2017年07月20日

保健医療での人工知能(AI)活用を検討してきた厚生労働省の有識者会議は6月27日、患者の遺伝情報に応じたゲノム医療や創薬など6分野でAI開発を進めるべきだとする報告書をまとめた。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] iPS研究で世界リードを

首相が理研視察

2017年07月10日

安倍晋三首相は6月24日、神戸市の理化学研究所多細胞システム形成研究センター(CDB)を視察に訪れた。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 医療用ES細胞、初の作製へ

厚労省

2017年06月27日

厚生労働省専門委員会は7日、再生医療用の胚性幹細胞(ES細胞)を作製する京都大学研究チームの計画を承認した。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る