MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「医学研究」

【NEWS】[医学研究]兄弟・同世代のドナー、長期治療効果を向上

順天堂大

2020年07月06日

順天堂大学の研究グループは6月25日、2014年7月から開始した臨床研究「潰瘍性大腸炎に対する抗生剤併用便移植療法」の長期経過を検証した結果、潰瘍性大腸炎患者と便提供者(ドナー)との関係が治療効果と関連することを発表した。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究]血清疫学研究・医薬品開発の共同研究を締結

京大、大阪市立大

2020年07月03日

京都大学(iPS細胞研究所・医学部附属病院)と大阪市立大学(大学院医学研究科)は6月24日、新型コロナウイルス感染症の病態解明から迫る血清疫学研究および医薬品の開発を目的とした共同研究の契約を締結したことを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究]新プロジェクト「サーキュレートジャパン」始動

国立がん研究センター

2020年06月23日

国立がん研究センター(中釜斉理事長)は6月10日、大腸がん(結腸・直腸がん)の外科治療が行われる患者を対象に、血中循環腫瘍DNAを検査する技術(リキッドバイオプシー)によるがん個別化医療の実現を目指すプロジェクト「サーキュレートジャパン」を開始したことを発表した。  ...全文を見る

【Report】[医学研究]唾液を用いたPCR検査を可能に

医療従事者の負担を大幅に軽減

2020年06月12日

厚生労働省は6月2日、唾液を用いたPCR検査について、症状発症から9日以内の症例で従来の鼻咽頭ぬぐい液を用いた検査結果と良好な一致率が認められたとして、「症状発症から9日以内の者」について、唾液を用いたPCR検査を可能とすることを発表した。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究]新型コロナウイルスの迅速診断法を開発

東大など

2020年06月11日

東京大学医科学研究所らの研究グループはこのたび、国産ゲノム編集技術クリスパー-キャス3により、サンプル中の微量なウイルスRNAを正確に検出する手法を開発し、新型コロナウイルス迅速診断法として確立したことを発表した。6月2日付の「medRxiv」に掲載された。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究]「コロナ制圧タスクフォース」の立ち上げを発表

慶応大学など

2020年06月03日

慶應義塾大学はこのほど、東京医科歯科大学、大阪大学、東京大学医科学研究所、国立研究開発法人国立国際医療研究センター、東京工業大学、北里大学、京都大学とともに、感染症学、ウイルス学、分子遺伝学、ゲノム医学、計算 科学を含む、異分野の専門家からなる共同研究グループ「コロナ制圧タスクフォース」を立ち上げたことを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究]AI技術により診断支援技術の開発を開始

富士フイルム

2020年05月29日

富士フイルム株式会社は5月19日、人工知能(AI)技術を用いた新型コロナウイルス肺炎の診断支 援技術の開発を開始したことを発表した。これまで同社と都大学が共同開発した間質性肺炎の病変を定量化する技術を応用し、新型コロナウイルス肺炎患者の経過評価や治療効果の判定などをサポートする診断支援技術の開発を目指す。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究]65歳未満の一人暮らし、長期予後不良の要因に

順天堂大静岡病院

2020年05月28日

順天堂大学医学部附属静岡病院の研究グループは5月15日、独居生活が急性冠症候群(ACS)に対して経皮的冠動脈形成術(カテーテル治療)を行った後の長期予後に与える影響について解析の結果を発表した。 ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 認知症リスク、少量血液から診断可能に

岡山大ら

2020年03月02日

岡山大学の研究グループと株式会社プロトセラは2月20日、MCI(軽度認知障害)、AD(アルツハイマー症)患者の血液を解析し、特異的に存在する4種類のペプチドを発見して、この4種類のペプチドが、認知症のリスクを発見するバイオマーカーセットとして有用であることを確認したことを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] 【中医協1月22日】医療技術評価分科会がとりまとめを報告 新規医療技術の評価・既存技術の再評価

中央社会保険医療協議会

2020年02月07日

中央社会保険医療協議会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)が1月22日に開いた総会で、福井次矢医療技術評価分科会会長(聖路加国際病院院長)は新規医療技術の評価及び既存技術の再評価のとりまとめを報告し、了承された。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る