MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「医療機器」

特集 医療福祉の現場改善-第46回国際福祉機器展から

誰にも伝わる、使えるユーザビリティの追求からはじまるケア

2019年11月14日

第46回国際福祉機器展H.C.R.2019が9月25~27日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。国内最大規模の福祉系コンベンションだが、介護者、障がい者などの当事者の来場が多いのも特徴だ。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] 歩き方の特徴を定量化、デジタル化技術を開発

富士通など

2019年09月25日

富士通研究所および富士通は9月18日、疾病の影響によって多様に発生する患者の歩き方の特徴を定量化する、歩行特徴デジタル化技術を開発したことを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] first callの「オンライン産業医」

スマホで産業医相談が可能に

2019年07月17日

株式会社Mediplat(東京都中央区)は4日、すでに提供しているテレビ電話による産業医相談が、パソコンに加えてスマートフォン(スマホ)とタブレットでも実施可能になったことを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] 非接触おむつセンサーを開発・発売

オフィスワン

2019年07月12日

株式会社オフィスワン(大阪市北区)は7月1日、世界初の非接触おむつセンサーを開発し、病院・介護施設向けIoT見守りシステム「Happiness絆」の新センサーとして発売したことを発表した。また、センサー単独でも販売をいたします。(※同社調べ)  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] 医療画像診断支援AIの臨床研究を推進

佐賀大学、オプティム

2019年07月11日

国立大学法人佐賀大学と株式会社オプティムは6月27日、両者が共同で、医療画像診断支援AI統合プラットフォーム「AMIAS」を用いた医療画像診断支援AIの臨床研究を推進する取り組みを、未来型医療の研究を行う「メディカル・イノベーション・プロジェクト」の1つとして立ち上げることを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] HALを新導入、SBMAの歩行機能改善に

東邦大学医療センター大森病院

2019年07月09日

東邦大学医療センター大森病院リハビリテーション科は6月24日、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)の歩行機能改善を目的とした治療にロボットスーツHAL医療用下肢タイプ(以下HAL)を、7月1日から都内の大学病院では初めて導入することを発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] ICタグを活用、医療材料管理システムを導入

亀田総合病院

2019年07月02日

医療法人鉄蕉会亀田総合病院はこのほど、トッパン・フォームズ株式会社が開発したICタグを活用した医療材料管理システムを、医薬品卸売大手の株式会社スズケンの協力のもと導入した。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] ロボティックアーム、保険適用に

日本ストライカー

2019年06月20日

医療機器メーカーの日本ストライカー株式会社(東京都文京区)は6月1日付けで、ロボティックアーム手術支援システム「Mako(メイコー)システム」を使った人工股関節全置換術への保険適用を取得した。  ...全文を見る

【Report】[医療機器] 足立区の等潤病院、PHRの実現目指す

「CADA-BOX」のサービス開始

2019年06月18日

社会医療法人社団慈生会(東京都足立区、伊藤雅史理事長)等潤病院は5月22日、メディカル・データ・ビジョン株式会社(同千代田区、岩崎博之代表取締役社長、以下「MDV」)が開発した診療情報などを患者と共有する機能を付帯した病院向けのシステム「CADA-BOX」のサービスをスタートさせたと発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[医療機器] ロボットスーツによるプログラムを継続

つくば・湘南で無償提供

2019年04月03日

AIGジャパン・ホールディングス株式会社とCYBERDYNE株式会社は、24日に開催した「つくばロボケアセンターオープニング記念イベント“広がるロボケアセンター”」で、2017~18年に両社で実施した下肢機能障害を有する児童・生徒を対象とした、CYBERDYNEのロボットスーツHALRを活用した歩行機能向上促進の機会を提供するプログラムの対象施設を拡大し、19年も継続することを発表した。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る