MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「在宅」

特集 在宅緩和ケアを考える(中)

日本ホスピス緩和ケア協会年次大会から

2018年08月21日

高齢者の独居や老老介護が増加する中、前野氏はそんな時代を象徴する具体的な事例を紹介した。  ...全文を見る

特集 在宅緩和ケアを考える(上)

日本ホスピス緩和ケア協会年次大会から

2018年08月20日

日本のホスピス緩和ケアは病棟中心に発展してきたが、7月14日に開かれた日本ホスピス緩和ケア協会年次大会では、病棟緩和ケアの文化を地域、在宅に広げていくべきだと訴えた。  ...全文を見る

Q.在宅医同士のグループ診療を阻む「在宅患者訪問診療料」の取り扱いには見直しが必要?

2017年07月05日

A先生が同市内で新規開業することになり、在宅患者に対し主治医(私)、副主治医(A先生)のグループ診療体制で今後、在宅医療の提供を進めていく予定です。A先生が私の診ている患者さんに訪問診療を行った場合に、「在宅患者訪問診療料」を算定することが出来るのでしょうか?  ...全文を見る

第二ステージを迎えた自治体病院改革(1)

前プランでは民間譲渡16病院、診療所化34施設と再編進む

2016年08月05日

総務省が初めて公立病院改革ガイドラインを通知したのは2007年の12月。同省は地域において必要な医療提供体制を確保するために、08年度内に公立病院改革プランを策定し、公立病院改革へ積極的に取り組むように要請を行った。  ...全文を見る

2つの「在宅時医学総合管理料」に大きなメス(下)

「在宅医療専門」診療所の今後の可能性

2016年05月17日

厚生労働省は今後の高齢者人口の増加により、現状の「かかりつけ医」だけでは在宅医療を支え切れないことから、「かかりつけ医」を補完する役割として、在専診の制度化に踏み切ったと思う。2025年までの診療報酬改定で、どのような要件緩和や加算等によって政策誘導していくのか注目したい。  ...全文を見る

2つの「在宅時医学総合管理料」に大きなメス(上)

~「在宅医療専門診療所」の創設とはコインの裏表か?

2016年04月13日

2016年診療報酬改定の個別項目を検証すると、調剤薬局関連を除き、一番大きなメスが入り医療現場に大きな影響を与えそうなのは、「在宅医療」に係る項目ではないかと感じる。  ...全文を見る

特集 在宅復帰のリハビリテーション(下)

施設・地域の多職種連携が大きな鍵に

2016年04月07日

リハビリ不足地域だった区西南部保健医療圏の原宿で昨年4月に開院した原宿リハビリテーション病院は303床の回復期リハビリテーション病棟だ。ほぼ1年が経過した現在の在宅復帰率は約83%。周辺にある急性期病院からの紹介患者でベッドは埋まる。 ...全文を見る

特集 在宅復帰のリハビリテーション(上)

施設・地域の多職種連携が大きな鍵に

2016年04月05日

在宅復帰につながるリハビリテーションを提供している病院施設では生活まるごと援助するチームケアを実践していた。医療モデルから生活回復への発想の転換。そのとき医師、看護師とセラピスト、そしてリハビリチームと患者家族、地域をつなぐソーシャルワーカーの連携が重要だ。  ...全文を見る

2016年診療報酬改定を占う(3)

~新機軸として在宅専門クリニックの導入

2015年12月16日

7月29日に開催された中医協「入院医療等の調査・評価分科会」では、「地域包括ケア病棟入院料」の今後のあり方に関して、幾つかの論点が提示された。  ...全文を見る

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)と地域包括ケア

~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて

2015年12月01日

認知症の人を受け容れる体制ができている地域は多くはない。認知症の人へ提供する医療・介護は、現在大きな転換期を迎えている。今後いっそう早期発見・早期支援が求められる中で、地域包括ケアシステムと認知症ケアとの関係を考える。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る