MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「在宅医療」

セカンドコール体制で24時間365日対応 患者と家族に寄り添うことを最優先

医療法人光輪会さくらクリニック(大阪市北区)

2017年09月21日

在宅療養支援診療所として大阪市北区で2004年に開院した医療法人光輪会は、柳楽知義理事長が院長を務めるさくらクリニックを中心に、関西に5カ所、関東(横浜)に1カ所の診療所で構成されており、法人全体での患者数は2,000人以上、1年間の看取り数は140人に上る。  ...全文を見る

特集 在宅医療と患者急変(下)

第1回日本在宅救急研究会シンポジウム

2017年09月13日

看取り搬送という言葉がある。自宅で看取ろうとされていたが、ぎりぎりになってあわてた家族などが緊急搬送してしまう。結果、病院到着時には死亡している場合がある。  ...全文を見る

特集 在宅医療と患者急変(中)

第1回日本在宅救急研究会シンポジウム

2017年09月12日

小豆畑病院病院長の小豆畑丈夫氏は、自らが茨城県で実施している「在宅と救急の1つの病院連携」について報告した。  ...全文を見る

特集 在宅医療と患者急変(上)

第1回日本在宅救急研究会シンポジウム

2017年09月11日

地域包括ケアシステムが機能するためには、在宅医療の充実が不可欠だ。一方で、在宅医療患者の急変憎悪に生じる救急医療との連携の問題も浮き彫りとなる。  ...全文を見る

課題山積の在宅医療はどう変わるか?(1)

~4月12日「中医協」(在宅医療その2)の議論から見えてきたもの

2017年06月16日

今年4月12日に開催された中医協総会での議論は大きく分けて、(1)在宅医療提供体制の確保(安心して身近な地域において療養できる地域包括ケアシステムの構築推進)(2)看取りを含めた在宅医療の充実(多様化する療養に関するニーズの対応や看取りを支える在宅医療の推進)-の2つの視点からなる。  ...全文を見る

特集 ここからはじまるエンドオブライフ・ケア 超高齢少子化多死時代における“つながり”(下)

エンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウム

2017年06月14日

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター医師の西川満則氏は、医療選択だけではなく、気がかりなこと、譲れないことなどを前もって意思表明する機会が準備されている地域像について語った。  ...全文を見る

特集 ここからはじまるエンドオブライフ・ケア 超高齢少子化多死時代における“つながり”(中)

エンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウム

2017年06月13日

金子稚子氏の夫・金子哲雄氏は、がんの一種である肺カルチノイドを発症し、1年半の闘病後2012年10月2日に逝去した。その死の前後から、多くの人とのつながりが生まれた。  ...全文を見る

特集 ここからはじまるエンドオブライフ・ケア 超高齢少子化多死時代における“つながり”(上)

エンドオブライフ・ケア協会設立2周年シンポジウム

2017年06月12日

従来機能していたコミュニティは高齢化などにより、つながりが希薄化し、孤立する人が増えていく。超高齢少子化多死時代を迎えようとする現在、エンドオブライフにおける「人のつながり」がテーマとなった。  ...全文を見る

【NEWS】[在宅医療] 2025年の地域医療構想、在宅加速へ

厚労省

2017年05月24日

厚生労働省は10日、各都道府県が2025年の医療提供体制を示した「地域医療構想」の分析結果を公表した。  ...全文を見る

【NEWS】[在宅医療] 在宅療養ガイドブック作製

横須賀市

2017年05月15日

神奈川県横須賀市は4月19日、在宅療養を支えるガイドブック「ときどき入院・入所 ほぼ在宅」を作製したと発表した。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る