MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「地域医療」

2020年度診療報酬改定、1巡目の議論を読み解く

秋の再開を前に、注目ポイントや支払・診療側の意見を整理!

2019年09月12日

中央社会保険医療協議会・総会は7月24日、2020年度診療報酬改定についての1巡目の議論を終え、取りまとめを行った。秋の再開を前に、これまでの議論から浮かび上がってきた注目ポイントや、支払・診療側の意見を整理する。  ...全文を見る

特集 緩和ケア病棟の機能、地域との連携

変化する緩和ケア病棟のハードルとさまざまな課題

2019年09月11日

2018年度診療報酬改定で、「緩和ケア病棟入院料」は区分1・2に分けられ、緩和ケア病棟の機能分化が図られるようになった。一方で地域との連携の視点も求められている。7月に開催された日本ホスピス緩和ケア協会の大会では、機能分化と地域連携に苦慮する現場からの声が寄せられた。  ...全文を見る

地域医療と専門性の高い医療との両立で継続性のある経営をめざす

医療法人社団寿量会熊本機能病院(熊本県熊本市)

2017年06月15日

熊本機能病院は地域医療、地域包括ケアを具現化するために救急センターやリハビリテーションを充実させる一方、指肢の再接着など専門性の高い医療では広域から患者を受け入れるなど、2つの医療の方向性の両立により、経営の継続性を図る。  ...全文を見る

病床再編による変革と地域連携で在宅を意識した緩和ケアを提供

松戸市立福祉医療センター東松戸病院(千葉県松戸市)

2016年12月16日

松戸市立福祉医療センター東松戸病院は地域に、市民に必要とされる病院づくりとして、後方支援を旗印に病床再編などに取り組んできた。  ...全文を見る

浸水被害に見舞われるもさまざまな支援と職員の結束力で“奇跡の復興”を果たす

医療法人寛正会 水海道さくら病院(茨城県常総市)

2016年07月05日

2015年9月の集中豪雨により、鬼怒川では茨城県常総市付近の堤防が決壊し氾濫。医療法人寛正会水海道さくら病院も、地下と1階が浸水し、医療機器が全て壊れるなど甚大な被害が出たが、わずか86日でほぼ水害前の状態に戻した。  ...全文を見る

地域医療の核として地域包括医療・ケアの推進を図る

国東市民病院(大分県国東市)

2016年05月12日

国東市立国東市民病院は、2010年創設の「くにさき地域包括ケア推進会議(ホットネット)」の中核として、地域包括医療・ケアの推進を図ってきた。 ...全文を見る

特集 地域包括ケア時代で変わる病診連携のかたち(下)

~病診連携戦略II 中小病院との関係づくり

2016年02月10日

今後さらに増加が見込まれる認知症への対応もかかりつけ医の重要な業務となる。その対応範囲は治療だけでなく、生活環境の整備あるいはその支援などといった全人的なものになるため、認知症のマネジメントは他の医療機関や介護従事者との連携が必須となる。  ...全文を見る

特集 地域包括ケア時代で変わる病診連携のかたち(上)

~新たな関係づくりと体制整備を提示する

2016年02月09日

医療の効率性を高めるとともに、住み慣れた地域で最期まで生活できる地域包括ケアシステムに向けた医療・介護提供体制の改革が進められるなか、連携のあり方にも変化が生まれてきている。  ...全文を見る

Q.2016年度診療報酬改定と地域医療連携の留意点は?

2016年02月01日

地域の他の診療所との関係を強化していこうと思いますが、病院との連携の仕方も変わっていくのでしょうか。病院との関係づくりにおける留意点を教えて下さい。  ...全文を見る

今後の診療報酬改定と「地域包括ケアシステム」などの動向は?

2016年01月19日

今後の診療報酬体系や最近よく言われる「地域包括ケアシステム」などの制度的な動向はどの様に変化していくのでしょうか。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る