MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「新型コロナウイルス」

こちら民間病院「経営企画室」<番外編>(3)

出遅れた「診療報酬改定」対応に“総力戦”で取り組む!

2020年10月06日

6月には一旦、収束に向かうかに見えた新型コロナウイルス感染症は、7月後半から再び猛威をふるい始めた。D法人事務局長の招集により、事務部門だけの臨時経営会議が開催される。当院の事務部門は総務課、医事課、経理課、人事課、医療情報システム課、不肖私1名体制の「経営企画室」からなる。  ...全文を見る

Q.新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中で、冬場のインフルエンザとの同時流行に備えて、政府はどのような対策を考えているのでしょうか?

2020年09月30日

実際に私たちのような軽装備の「かかりつけ」医療機関では、インフルエンザと新型コロナを症状だけで見分けるのは難しく、冬場にインフルエンザが増えると、対応が難しくなります。インフルエンザワクチンは供給量に限界があり、発熱患者が殺到すると、ワクチンが足りなくなることも心配です。  ...全文を見る

Q.薬局内クラスターを防ぐために「感染制御専門薬剤師」の採用は必要か?

2020年09月28日

最近特に薬局施設内の感染制御体制強化が急務と考えるようになりました。そこで、「感染制御専門薬剤師」という専門職が存在することを知りました。薬局内感染防止のために、このような専門薬剤師をリクルートしたり、育成する必要はあるのでしょうか。  ...全文を見る

特集 「ポスト・コロナ」の病院経営(3)

ICT活用による効率化・働き方改革

2020年09月28日

社会医療法人石川記念会HITO病院などを運営する石川ヘルスケアグループ。総院長でもある、石川賀代理事長は従来からのICT活用をさらに進めるほか、法人内での医療安全、感染対策の統一を図る。  ...全文を見る

医療・介護職のための認知症ケア最前線 第2回

新型コロナウイルス拡大と認知症本人家族への影響を調査

2020年09月25日

2020年8月4~6日、一般社団法人日本老年医学会(秋下雅弘理事長)は、第62回日本老年医学会学術集会を開催した。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、6月開催の日程を8月に変更したうえで、ネット配信を中心とした運営で行った。大会長は東京医科大学高齢総合医学分野主任教授羽生春夫氏が務めた。  ...全文を見る

日本医師会の主張する「医薬分業」政策見直しの議論(1)

日医と調剤薬局業界との診療報酬配分を巡る攻防

2020年09月24日

8月26日に行われた日本医師会の定例記者会見では、松本吉郎常任理事から保険薬局やドラッグストアにとってインパクトのあるデータが示され、薬局業界で波紋を呼んでいます。  ...全文を見る

特集 「ポスト・コロナ」の病院経営(2)

医療の枠を超える

2020年09月24日

社会医療法人財団董仙会、社会福祉法人徳充会で構成する「けいじゅヘルスケアシステム」は、医療、介護、福祉の枠を越え、「生活産業」全般を見据えた事業展開を進めることで患者、ひいては生活者、地域を支えようとしている。その取り組みは、新型コロナ禍を機に加速しようとしている。  ...全文を見る

Q.新型コロナ禍で調剤薬局・薬剤師に支給される公的支援の内容について

2020年09月18日

新型コロナ禍において調剤薬局・薬剤師に対しては「医療従事者慰労金」が支給されない等、医療機関と比較して新型コロナ制御等に対応するための薬剤師への公的な支援策が乏しいことに憤慨しています。実際に現段階で使える薬局・薬剤師への公的支援策について教えて下さい。  ...全文を見る

新型コロナウイルス感染症への対応(4)(特別号)

来局者数減・長期処方急増の中、患者への「セルフメディケーション」支援

2020年09月01日

(公社)日本薬剤師会が6月に、直近の「新型コロナウイルス感染症による薬局経営への影響」調査(5月分)を発表しました。それによると5月分の処方せん回数は前年同月比24.3%減、調剤報酬の技術料は同18.8%減、薬剤料は同8.9%と極めて厳しいものに。  ...全文を見る

Q.「敷地内薬局」に勤務する薬剤師に新型コロナ対応の医療従事者慰労金は給付されますか?

2020年08月28日

新型コロナ患者と接する業務に従事する医療従事者・職員を対象にした「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」という給付事業ができたことを知りました。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る