MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

Q.労災認定と健康保険給付について教えてください。

2017年04月26日

3ヶ月ほど前にケガをした従業員が、その治療に健康保険を使っていたのですが、先日労災の認定をされました。医療費の清算についてどのような手続きが必要になるのでしょうか? ...全文を見る

特集 がん治療と就労の両立を支援(下)

企業はどう取り組んでいるのか

2017年04月20日

実際に社員ががん治療を開始した際に、企業や医療はどのように対応していけばいいのだろうか。シンポジウム後半のパネルトークでは、『がんと就労』のケーススタディーが紹介された。  ...全文を見る

特集 がん治療と就労の両立を支援(上)

企業はどう取り組んでいるのか

2017年04月18日

現在は、医療技術の進歩で働きながら通院する人が増え、仕事と治療の両立が課題となっている。昨年12月にはがん患者の雇用継続に配慮するよう、企業に努力義務を課すことを柱とした改正がん対策基本法が成立した。 ...全文を見る

医療IT最前線 第35回

~診療所ICT化の鍵を握る3つのコミュニケーション

2017年04月14日

診療所におけるICT化の目的は「業務効率の向上」「関係者間の情報共有の促進」に大別される。中でも多職種の医療従事者が連携するチーム医療においては、コミュニケーションの質の向上にICTが役立ちます。  ...全文を見る

Q.2017年度の労働保険料、社会保険料はどのように変更になりますか?

2017年04月12日

2017年度は、労働保険料、社会保険料が変更になると聞きましたが、どのように変わりますか?  ...全文を見る

医療・介護改革の行方(下)

2018年に向けて

2017年04月06日

医療・介護を論じる視点は、現場レベルと政策レベルがある。その上で、医療と介護がリンケージするための課題は何だと考えているか。 ...全文を見る

医療・介護改革の行方(中)

2018年に向けて

2017年04月05日

2025年の病床を見たとき神奈川県では、超急性期と急性期はあまり減らず、回復期、慢性期が非常に増えていくことになる。現在は超急性期病院も競争の最中で、どこが最初に敗れて回復期に移行するのかを見ている状況だ。  ...全文を見る

医療・介護改革の行方(上)

2018年に向けて

2017年04月04日

医療・介護同時改定に加え、医療計画、介護保険事業計画が一斉に見直される2018年は、今後の社会保障の道筋を決めるマイルストーンと言われる。医療介護福祉政策研究フォーラムが1月に開催した新春座談会では、各分野の論客が集い、18年を踏まえて議論した。財政とともに不足する医療人材、予防の課題が浮かび上がった。  ...全文を見る

Q.介護保険料が上がると聞きましたが本当でしょうか?

2017年03月28日

介護保険料が上がると聞きましたが、どの程度保険料が上がるのでしょうか? ...全文を見る

特集 民間銀行による、融資金利の引上げ要請(下)

~事業者側の対応策はどうあるべきか

2017年03月16日

「市場金利の引き上げ」の理由が、「市場金利が上昇している」の場合には、次の2つが考えられます。第1は、短期金利の動向を示すTIBORの上昇です。第2は、長期金利の動向を示す国債の利回りの上昇です。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る