MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

自己客観視できない残念な人たち

大所高所からものを見る

2018年11月21日

スタッフとの距離を縮めることや垣根を取り払おうとすることなどは大切なことですが、それは、ある程度の距離があることを前提としているから、大切なことなのです。  ...全文を見る

Q.「時間外・休日労働に関する協定届(36協定)」の様式について教えてください。

2018年11月07日

2019年より「時間外・休日労働に関する協定届(36協定)」の様式が変更になると聞きました。詳しく教えてください。  ...全文を見る

特集 医師発信の医療機器開発(下)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月07日

東京慈恵会医科大学外科学講座教授の大木隆生氏は、自らが日本やアメリカで経験してきた医療機器開発の実際を報告した。  ...全文を見る

医療IT最前線 第55回

医療クラークの育て方

2018年11月06日

診療所でも、電子カルテを導入する際に入力業務を医師が行うか、クラークを配置し、医師とクラークが協力して行うか、を考える時代となりました。  ...全文を見る

特集 医師発信の医療機器開発(中)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月06日

公益財団法人医療機器センター理事長の菊地眞氏は、これまでの来し方の多くを医療機器開発に費やしてきたという。現在でも国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)プログラムディレクターなどを兼任している。  ...全文を見る

特集 医師発信の医療機器開発(上)

アイデア発掘の必要性と在り方とは

2018年11月05日

9月30日に開かれた「第1回医師主導による医療機器開発のためのニーズ創出・事業化支援セミナー」では、産官医の代表がそれぞれの立場から医療機器開発の在り方を報告した。  ...全文を見る

特集 「新専門医制度」時代の医師の集め方・働かせ方(後編)

新専門医制度で何が変わる?

2018年10月31日

今特集では、新専門医制度の概要から現状と課題を掘り下げたうえで、制度下における若手医師の確保について紹介した。単なる医師採用にとどまらず、地域における自院の立ち位置や医師の勤務環境に目を向けることが重要だ。  ...全文を見る

特集 「新専門医制度」時代の医師の集め方・働かせ方(前編)

新専門医制度で何が変わる?

2018年10月29日

この4月から、新たな専門医制度の基本領域研修がスタートした。東京一極集中が進んでいるともされるなか、病院経営にとっての最重要課題である医師の人材確保にも大きな影響が及ぶのでは、と危惧する向きもある。 ...全文を見る

医療IT最前線 第54回

診療所の来院患者の流れが変わる?

2018年10月24日

かかりつけ医の普及は、果たして日本に定着するのでしょうか。患者さんは馴染みの診療所に行くという行為は、かかりつけ医と考え方がなくても昔から存在しています。  ...全文を見る

Q.国民健康保険に加入している場合、産前産後休業中・育児休業中の保険料の免除等はあるのでしょうか。

2018年10月23日

国民健康保険に加入している場合、産前産後休業中・育児休業中の保険料について、教えてください。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る