MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

なぜ、同じ経験をしても成長に差がつくのか?

成長できる人のポイント

2020年01月24日

仕事において自己成長というのはとても大事にされます。特に最近の若者は、「成長」を仕事に求めることが多いようです。この傾向は、採用面接をしていると顕著です。  ...全文を見る

Q.職員が休職する際の注意点を教えてください。

2020年01月21日

先日職員から「うつ病により1カ月間労務不能、休養が必要」という診断書を受け取りました。職員が休職する際の注意点があれば教えてください。  ...全文を見る

医療IT最前線 第84回

キャッシュレス決済、診療所にも普及するか?

2020年01月17日

政府は2019年10月の消費税の8%から10%への引き上げに際して、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を利用した消費者に対し、購入額の5%あるいは2%分をポイントやキャッシュバックで還元する「キャッシュレス・消費者還元事業」(ポイント還元事業)を始めました。  ...全文を見る

特集 皆で語ろう医師の働き方改革

経営の視点で考察する

2020年01月14日

「医師の働き方改革」に関する法制度改正は、2019年3月に大きな方針がまとまり、7月からの検討会でその具体的内容についても議論が始まっている。基本的には医師の就労時間短縮に焦点を当て、残業時間上限の設定や業務の共有・移管などを軸とした方策が詰められていくと見られる。  ...全文を見る

2020年度診療報酬改定特集(後編)

看護必要度の基準2は廃止し、認知症ケア等の体制評価を拡充

2020年01月07日

2018年度診療報酬改定で大幅な統合再編が行われた入院料は、改定後2年間の運用で明らかになった矛盾や問題を解決する軌道修正が行われる見通しだ。  ...全文を見る

Q.同一労働同一賃金の基本給の考え方について教えてください。

2020年01月07日

正社員からパート社員へ変更する職員がいます。これを機に今後の同一労働同一賃金のことも考えてパート社員と正社員との差を少し埋めたいのですが、どういう考え方で基本給(時給)を設定すればいいのでしょうか。  ...全文を見る

2020年度診療報酬改定特集(前編)

診療報酬本体を0.55%引き上げ、年明けの議論の行方は?

2020年01月06日

財務省や保険者が診療報酬本体への切り込みを訴えるなか、2020年度改定における診療報酬本体の改定率は0.55%のプラスとすることで決着した。年明けの中央社会保険医療協議会・総会の再開を前に、これまでの議論で争点となったポイントを振り返ることにしよう。  ...全文を見る

医療IT最前線 第83回

在宅医療における多職種間の情報共有

2019年12月24日

在宅で患者さんをサポートするためには、医師、看護師、薬剤師、リハビリ、ヘルパー、ケアマネージャーなど様々な職種が関わるようになり、多職種間の連携が大切になります。  ...全文を見る

特集 医師のタスク・シフティング年内に結論へ

勤務時間の上限設定受け シフトの可能性を検討

2019年12月20日

厚生労働省は医師から他職種へのタスク・シフティングについて、その可能性や課題の検討を進め、年内に一定の結論を得ることになりました。  ...全文を見る

Q.有期労働契約を終了する場合の注意点を教えてください。

2019年12月16日

勤怠不良の契約職員がいます。採用後3年ほどは遅刻や欠勤もなかったのですが、ここ数カ月は遅刻や無断欠勤が続いています。もうすぐ契約更新の時期ですが、更新しない場合は、いつまでに伝えたらいいでしょうか。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る