MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

医療IT最前線 第59回

電子カルテのデータを経営に活かす

2019年01月15日

電子カルテが生まれて約20年が経ち、診療所の普及率も4割に達しようとしています。新規に開業する医師は必ず電子カルテを導入し、既存に開業している先生でも、電子カルテにいずれは導入する必要があると考える時代になりました。  ...全文を見る

Q.育児休業給付の申請の際、従業員(被保険者)の署名・押印の省略について教えてください。

2018年12月20日

育児休業給付の申請の際に従業員(被保険者)の署名・押印が省略できると聞きました。どのような場合に省略できるのでしょうか。  ...全文を見る

医療IT最前線 第58回

ホームページの広告規制の見直し

2018年12月19日

美容医療サービスを提供するクリニックなどのウェブサイトの内容に関して、虚偽または誇大広告などのトラブルが年々増加しており、それを受けて2018年6月にウェブサイトが医療広告の規制対象となるガイドラインが公表されました。  ...全文を見る

Q.年次有給休暇の取得義務化への対応について教えてください。

2018年12月06日

2019年4月から、年次有給休暇の取得が義務化されると聞きました。どのような対応をすればいいのでしょうか。  ...全文を見る

医療IT最前線 第57回

問診票の見直し

2018年12月05日

問診票の内容の充実を図るためには、受付スタッフの「傾聴力」や「質問力の向上」と、問診票そのものの「用紙の改善」が必要です。  ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(3)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月05日

フォーラムの最後に、慶応義塾大学大学院教授 中村洋氏を座長とし、シンポジウム「健康経営の実践で明らかに業績に差がつく」を開催した。  ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(2)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月04日

年金・医療費・介護費において、年金問題は「マクロ経済スライド方式」の導入により、大まかな問題は解決した。公的年金はインフレ・デフレ対応を行いながら「現役勤労者」の平均給与を目安に設定される。  ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(1)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月03日

医療費抑制策を考察するシンポジウムは数多いが、論点は医療提供体制の変革にとどまりがちである。医療経済フォーラム・ジャパンが10月25日、都内で開いた公開シンポジウムでは新たな視点が提示された。特に経済産業省の提言がクローズアップされた。  ...全文を見る

特集 インターバル制度の視点(3)

看護職の夜勤負担

2018年11月29日

看護師の夜勤について、安全、健康、生活の視点から大原記念労働科学研究所上席主任研究員の佐々木司氏が報告した。  ...全文を見る

特集 インターバル制度の視点(2)

看護職の夜勤負担

2018年11月28日

看護師確保に悩んでいる医療機関は多い。その点を日本看護協会看護労働・確保対策担当専門職の奥村元子氏は「子育てや介護をしながら働き続けることができる夜勤交代制に取り組む」と話した。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る