MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

コロナ禍の変化に適応する新常識に沿った診療所づくり(1)

2020年10月22日

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの生活様式、それに伴う受領行動を大きく変化させようとしています。これまでの常識が通用しないNew Normalが生まれようとしているのです。  ...全文を見る

Q.退職する職員の社会保険料は、いつまでが控除対象でしょうか

2020年10月12日

10月31日付で退職する職員がいます。社会保険料はいつまでが控除対象でしょうか。給与は15日締25日払いです。  ...全文を見る

特集 診療相談の新たなかたち

オンライン機能を使いたおせ

2020年10月09日

診療の場に、オンラインの波が押し寄せている。従来も医療機関のなかではレセプトデータやオーダリング、電子カルテなどの導入が進んできたが、周辺業務や診療情報の共有などにとどまっていた。ところが近年は診療行為そのものに結びつくかたちでの活用が見られるのだ。用途としては大きく2つ。  ...全文を見る

87歳 自宅からWebミーティング

新しいことへの挑戦

2020年10月05日

4月7日に緊急事態宣言が発令されるとともに、日本経営グループの全拠点は、一斉に在宅勤務体制となりました。役員会をはじめ、各種会議もWebに移行しました。 ...全文を見る

Q.協会けんぽからの扶養の確認書類について

2020年10月01日

協会けんぽから被扶養者資格の再確認の書類が届きましたが、返送は必要でしょうか。また返送の際に注意すべきことがあれば教えてください。  ...全文を見る

特集 「ポスト・コロナ」の病院経営(3)

ICT活用による効率化・働き方改革

2020年09月28日

社会医療法人石川記念会HITO病院などを運営する石川ヘルスケアグループ。総院長でもある、石川賀代理事長は従来からのICT活用をさらに進めるほか、法人内での医療安全、感染対策の統一を図る。  ...全文を見る

特集 「ポスト・コロナ」の病院経営(2)

医療の枠を超える

2020年09月24日

社会医療法人財団董仙会、社会福祉法人徳充会で構成する「けいじゅヘルスケアシステム」は、医療、介護、福祉の枠を越え、「生活産業」全般を見据えた事業展開を進めることで患者、ひいては生活者、地域を支えようとしている。その取り組みは、新型コロナ禍を機に加速しようとしている。  ...全文を見る

3密対策とICT化(4)

補助金の活用

2020年09月23日

コロナ禍で患者が減少している中で、ICTへの投資は難しいと考える診療所も多いと思われます。予約システムやWeb問診、自動精算機・セルフレジなど、3密対策に有効と考えるシステムは、初期投資として数十万円~数百万円はしますし、ランニングコストも月に数万円はかかります。この経営が厳しい最中に、投資を躊躇するのは当然のことと考えます。そこで、「補助金」を活用してはいかがでしょうか。今すぐ利用できる補助金をご紹介します。  ...全文を見る

特集 「ポスト・コロナ」の病院経営(1)

<序論>「新しい生活様式」と病院

2020年09月16日

新型コロナウイルスの感染拡大は、診療報酬改定や地域医療構想並みか、あるいはそれ以上のインパクトを病院経営にもたらすかもしれない。患者の受療意識を大きく変えるだけでなく、診療のあり方も再考を求めている。そうした環境激変のなか、病院の経営者はどのように舵を取っていこうとしているのか。  ...全文を見る

Q.雇用保険の加入要件を教えてください

2020年09月10日

初めて従業員を採用します。 パートで来ていただきますが、雇用保険に加入したいようです。要件を教えてください。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る