MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「業界全体」

3密対策とICT化(1)

新型コロナの診療所経営への影響

2020年08月07日

新型コロナウイルスの感染拡大は、約2か月の外出自粛の甲斐あって、いったんは収束に向かい、5月末には全国で「緊急事態宣言」は解除されました。しかしながら、7月に入り連日多くの感染者が報告されており、再拡大という局面を迎えています。  ...全文を見る

“前向きさ”は性格ではなく思考習慣

可能性を見出す

2020年08月05日

「難しいけどチャレンジしてみようか」「この失敗から学んだことを活かしてもう一度やってみよう」「今は時間があるから、サービス向上に力を入れて、来る時の準備をしよう」「やる前から否定しないで、まずはやってみよう」こうした前向きな発言が飛び交う職場は、可能性を感じますね。  ...全文を見る

Q.「労働保険」とは何を指すものですか?

2020年08月03日

毎年、労働保険の計算をして保険料を納付していますが、そもそも「労働保険」とは何を指すものですか? ...全文を見る

特集 新型コロナ対策と病院の動き方~ヒト・モノ・カネをフル活用(3)

<事例>院内外に方針を明示

2020年07月27日

心臓カテーテル治療をはじめとした循環器分野において、常に全国トップクラスの実績を誇る札幌心臓血管クリニック。「循環器医療を継続すること」を目的に、指定病院さながらの新型コロナウイルス感染症対策を早くから徹底し、意欲的な情報発信を行っている。  ...全文を見る

2022年度目処にスマホで保健医療情報を閲覧できる仕組みを構築

オンライン資格確認システムを活用、厚労省・データヘルス集中改革プラン

2020年07月22日

政府は7月17日、「経済財政運営と改革の基本方針2020(骨太の方針2020)」を閣議決定した。新型コロナウイルス感染症と共存する「新しい日常」の実現に向け、デジタル化やオンライン化を強力に推進することを施策の柱に据えた。医療関係では、厚生労働省が掲げる「データヘルス集中改革プラン」が盛り込まれた。オンライン資格確認システムの基盤を活用し、今後2年間で国民・患者が自分の保健医療情報をいつでもパソコンやスマートフォンで閲覧できる仕組みを整える。  ...全文を見る

特集 新型コロナ対策と病院の動き方~ヒト・モノ・カネをフル活用(2)

<事例>クルーズ船患者を受け入れ

2020年07月14日

神奈川県三浦郡にある葉山ハートセンターは2月下旬から3月中旬にかけて、国の要請を受けて新型コロナウイルス感染症の陽性患者を入院させた。感染症病床を持たないが、決断から数日間で準備を整えての受け入れである。有事の際の医療提供体制を考えていくうえで同センターの取り組みに学ぶべき点は少なくない。  ...全文を見る

特集 新型コロナ対策の病院の動き方~ヒト、モノ、カネをフル活用(1)

<序論>経営なくして診療なし

2020年07月08日

新型コロナウイルス感染症の渦中で、全国の医療従事者が英雄的な働きを見せている。ただその一方で、現場の疲労、医療物資の不足、あるいは病院運営にあたっての資金繰りなどの課題も浮上している。これを解決するのは個々の医療従事者ではなく、むしろ支える側の役割と言える。病院経営者の役割と言い換えてもいい。経営資源をいかに駆使し、現場を勇気づけられるか。マネジメント手腕が問われている。  ...全文を見る

Q.やむを得ず退職勧奨か解雇を検討していますが、留意点などありますか。

2020年07月07日

新型コロナウイルスの影響で売り上げがほとんどなく、従業員には大変申し訳ないのですが、退職勧奨か解雇を検討しています。注意すべきことはありますか?  ...全文を見る

あの人の話を聞いてみたいと思える人

自分で考える力の重要性

2020年07月06日

もし叶うなら、何かに迷ったり、悩んだりしたときに京セラ創業者の稲盛和夫氏の話を聞いてみたい。パナソニック創業者の松下幸之助氏の話を聞いてみたい。HONDAで経営を支えた藤沢武夫氏の話を聞いてみたい。そんな風に思うことがあります。松下氏と藤沢氏は故人ですし、稲盛氏にしても現実的には叶うことはないのですが、あの人の話を聞いてみたいと思う人は、身近にもいらっしゃいます。 ...全文を見る

オンライン診療システムの最適な選び方

選定基準となる6つの要素

2020年07月02日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響から、4月に政府は全国に「緊急事態宣言」を発令し、外出自粛が要請されました。そんな渦中に、医療崩壊を防ぎ、受診困難な患者の受診機会を守るために、政府は時限的・特例的措置として「初診から電話及びオンラインによる診療」を行うことを認めました。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る