MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「特集」

特集 「老健」が地域医療・介護を変える!?(後編)

~老健の現状

2019年03月14日

2018年4月から「超強化型」を算定する宮崎江南病院附属介護老人保健施設。在宅復帰施設としての職員の意識向上、退所支援の充実、新規入所者の確保などにより高い在宅復帰率や入所利用率をキープする。  ...全文を見る

特集 「老健」が地域医療・介護を変える!?(前編)

老健の現状

2019年03月13日

地域包括ケアシステムのなかで老健をどのように位置づけ、どう活用していけばいいのか。それ次第で地域の医療・介護を変えていく可能性を秘めている。  ...全文を見る

特集 ”横浜型”地域包括ケアに向け在宅医療をデザインできる人材を養成

地域医療の先導者 水野恭一(横浜市医師会会長)

2019年03月05日

神奈川県横浜市は、地域包括ケアシステムの構築と在宅医療の担い手不足が課題となっている。横浜市医師会はこの課題の解消に向けて、横浜市行政と協働で18区すべてに在宅医療連携拠点を設置。相談窓口を設け、医療関係者・ケアマネジャーなどの介護関係者や市民からの相談に応じている。  ...全文を見る

特集 高齢者・患者の災害避難(下)

ワークショップ-被災した患者の福祉的なニーズに気づけるか平時からの医療福祉連携で備えよう

2019年02月22日

研修会の講演を受けて、参加者によるワークショップが行われた。そこでは医療と福祉が連携して、福祉的配慮を含めての支援体制づくりが重要であることが確認された。高齢化により、避難者の大半が医療や介護の支援を必要とするケースも出てきそうだ。  ...全文を見る

特集 高齢者・患者の災害避難(中)

災害支援のベテラン職員を北海道の被災地へ派遣

2019年02月21日

社会福祉法人典人会のDCATが北海道胆振東部地震の被災地支援で活動したのは2018年9月10日からの10日間だった。派遣メンバーはそれぞれの経験が評価されて選抜された。  ...全文を見る

特集 高齢者・患者の災害避難(上)

活動報告-北海道被災地に派遣されたDCAT医療福祉連携で被災患者らを守る重要性

2019年02月20日

地震、豪雨など大災害が多発している今、改めて医療と災害支援や高齢者・患者避難について見直す必要がありそうだ。2018年12月に開かれた、災害派遣福祉チームの活動支援をしてきたNPO団体による研修会では、災害時こそ医療と福祉の連携が必要であり、高齢化でそのニーズが高まっているとの報告があった。  ...全文を見る

特集 医師の働き方改革の骨子を公表

「時間」を意識した働き方へ変化を

2019年02月14日

厚生労働省が2019年1月15日までに公表した「医師の働き方改革に関する検討会・とりまとめ骨子」では、医師の労働時間の短縮のために、医療機関内のマネジメント改革などから、トップの意識改革も求めた。  ...全文を見る

特集 地域格差が広がる在宅医療資源 病院が在宅医療を担う時代へ(後編)

<パネルディスカッション>診療所と訪看だけでは在宅医療を担えない病院が専門部署を設けて地域を訪問する

2019年02月07日

パネルディスカッション-診療所と訪看だけでは在宅医療を担えない病院が専門部署を設けて地域を訪問する ...全文を見る

特集 地域格差が広がる在宅医療資源 病院が在宅医療を担う時代へ(前編)

日本医療経営機構設立10周年記念フォーラム

2019年02月06日

多職種連携、退院支援、在宅医療など病院経営の主要なテーマは、政策と現場の温度差がかい離している。NPO法人日本医療経営機構(京都市左京区)が12月8日、京都市内で開いた設立10周年記念フォーラム「これからの医療政策と経営人材」では、政策と現場の双方から問題点が指摘された。  ...全文を見る

特集 医療制度改革を先取りする病院経営戦略(下)

医療経営ステップアップフォーラムin東京

2019年01月24日

厚生労働省審議官の迫井正深氏は「2018年度診療報酬改定がめざすもの」と題して講演したが、厚労省幹部の講演にしては異例ともいえる私見を多く述べた。「私見」と断わった上で、公式資料には書かれていない視点を提示した。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る