MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「特集」

特集 住み慣れた街でいつまでも暮らす(1)

地域包括ケア病棟の役割

2017年08月21日

地域包括ケア病棟協会は7月9日、第3回研究大会を開催。記念シンポジウムでは少子高齢化が進む中で、住み慣れた街で暮らすために地域包括ケア病棟の担うべき役割が語られた。  ...全文を見る

特集 「野外救急法」という医療(下)

専門学会も設立

2017年08月09日

講師のウィルダネス・メディカル・アソシエイト・ジャパンの本杉美紀野氏は、「野外救急法とは、人体の構造に基づく判断と、環境が人体に及ぼす影響を考慮した処置」と説明。  ...全文を見る

特集 「野外救急法」という医療(中)

専門学会も設立

2017年08月08日

「野外における救急活動と医師法の関係が問題だ」と山岳事故に詳しい弁護士・溝手康史氏はシンポジウムで報告した。  ...全文を見る

特集 「野外救急法」という医療(上)

専門学会も設立

2017年08月07日

昨今盛んとなった野外体験活動の登山ガイドや野外体験プログラムを提供する自然学校、イベント主催者たちは野外における医療リスクに着目している。アメリカでは医療とアウトドア事業者による野外救急法が30年前に確立している。 ...全文を見る

特集 病院進化論(4)

急性期-救急体制で“再生”-/慢性期-地域活動に注力-

2017年07月31日

「病院はよく『専門』を聞かれます。脳神経外科に強い、心臓疾患に特化しているといった回答をイメージされますが、当院の専門は『地域』であると強調しています。特徴的な医療を提供している急性期病院なら差別化はできますが、慢性期の場合はどうしたらいいか。当院では、差別化戦略の一つとして地域に特化する方法をとりました」と菅原専務理事。  ...全文を見る

特集 病院進化論(3)

急性期-救急体制で“再生”-/慢性期-地域活動に注力-

2017年07月28日

医療法人CLSすがはら 菅原病院は、「生活の視点」を重視し、同一敷地内に地域密着型特定施設や介護保険適用の在宅サービス、障がい児を対象とした通所サービス等を併設。入院時から在宅支援までを医療・介護・福祉が協働で行うほか、地域住民向けの予防・育児・社会参画等の支援といった地域づくりにも力を注いでいる。  ...全文を見る

特集 病院進化論(2)

急性期-救急体制で“再生”-/慢性期-地域活動に注力-

2017年07月26日

徹底して断らない救急を追求した結果、16年度の救急搬送受入件数は1カ月あたり平均約550件。前身の厚生連時代の1カ月あたり約250件に比べて2倍以上に増加した。加えて、新規入院患者数1.4倍、初診患者数1.8倍、ウォークインの救急患者にいたっては月平均1087人と移譲前の約7倍にまで増えている。  ...全文を見る

特集 病院進化論(1)

急性期-救急体制で“再生”-/慢性期-地域活動に注力-

2017年07月24日

病院機能や規模に関係なく、時代や社会の流れを読み取り、地域で確固たるポジションを気付いている病院がある。そのような病院の戦略と戦術、成果を出すトップダウン・ボトムアップのマネジメントなどを分析するとともに、外部の視点から俯瞰的に病院を見ることで、真に地域に求められる病院になるための方策を考える。  ...全文を見る

特集 訪日外国人への医療支援(下)

受入れ体制をいかに整備するか

2017年07月18日

航空会社、ホテルや旅行会社、それぞれの業界で外国人の不慮の事故を含めた医療の対応マニュアルはあるのか。  ...全文を見る

特集 訪日外国人への医療支援(中)

受入れ体制をいかに整備するか

2017年07月12日

国際医療福祉大学大学院医療経営管理分野准教授として、訪日外国人の医療支援研究を行う岡村世里奈氏は、訪日外国人と医療の現実を話した。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る