MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「特集」

特集 民間介護事業者の行方(下)

新たなサービス創出から混合介護まで

2017年04月27日

要介護4で透析の高齢者がいる。認知症ではないが、自分で通院することができない。この高齢者は週3回、移送サービスで透析に通う。ベット・トゥ・ベットの移送サービスだから可能だ。 ...全文を見る

特集 民間介護事業者の行方(中)

新たなサービス創出から混合介護まで

2017年04月26日

地域包括ケアの先進事例として全国から注目されている和光市(埼玉県)。介護予防と重症化予防に取り組んできた成果として、要介護認定率の低下や重度要介護者の減少を達成している。  ...全文を見る

特集 民間介護事業者の行方(上)

新たなサービス創出から混合介護まで

2017年04月24日

一般社団法人日本在宅介護協会は「2017年セミナー 民間介護事業者のこれから」と題し、混合介護などをテーマに講演会を開催した。東京都豊島区が18年度から取り組む混合介護について、その仕掛け人でもある学習院大学教授の鈴木亘氏が基調講演した。  ...全文を見る

特集 がん治療と就労の両立を支援(下)

企業はどう取り組んでいるのか

2017年04月20日

実際に社員ががん治療を開始した際に、企業や医療はどのように対応していけばいいのだろうか。シンポジウム後半のパネルトークでは、『がんと就労』のケーススタディーが紹介された。  ...全文を見る

特集 がん治療と就労の両立を支援(上)

企業はどう取り組んでいるのか

2017年04月18日

現在は、医療技術の進歩で働きながら通院する人が増え、仕事と治療の両立が課題となっている。昨年12月にはがん患者の雇用継続に配慮するよう、企業に努力義務を課すことを柱とした改正がん対策基本法が成立した。 ...全文を見る

特集 公的保険外サービスの胎動(下)

政策・現場で吹く追い風とは

2017年04月13日

保険外サービス展シンポジウムの3人目の登壇者として登場したのが、脳梗塞リハビリセンターを運営する株式会社ワイズの早見泰弘会長だ。「もっとリハビリをしたい」とのニーズに応えた同センターの在り方は、現在注目を集めている。 ...全文を見る

特集 公的保険外サービスの胎動(上)

政策・現場で吹く追い風とは

2017年04月10日

地域包括ケアシステムの構築、ヘルスケア産業の成長などの思惑をはらみながら、公的保険外サービスが注目を集めている。 ...全文を見る

医療・介護改革の行方(下)

2018年に向けて

2017年04月06日

医療・介護を論じる視点は、現場レベルと政策レベルがある。その上で、医療と介護がリンケージするための課題は何だと考えているか。 ...全文を見る

医療・介護改革の行方(中)

2018年に向けて

2017年04月05日

2025年の病床を見たとき神奈川県では、超急性期と急性期はあまり減らず、回復期、慢性期が非常に増えていくことになる。現在は超急性期病院も競争の最中で、どこが最初に敗れて回復期に移行するのかを見ている状況だ。  ...全文を見る

医療・介護改革の行方(上)

2018年に向けて

2017年04月04日

医療・介護同時改定に加え、医療計画、介護保険事業計画が一斉に見直される2018年は、今後の社会保障の道筋を決めるマイルストーンと言われる。医療介護福祉政策研究フォーラムが1月に開催した新春座談会では、各分野の論客が集い、18年を踏まえて議論した。財政とともに不足する医療人材、予防の課題が浮かび上がった。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る