MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「特集」

特集 自治体病院の経営再建

新築移転の急性期病院に赴任 辣腕事務局長として経営再建を果たす

2019年11月21日

厚生労働省が発表した自治体病院など公的病院の統合再編は、さまざまな論議を呼んでいる。地域の大事なインフラでもあり、機械的に話が進むわけではないだろうが、病院独自の経営再建は必要だろう。  ...全文を見る

特集 医療福祉の現場改善-第46回国際福祉機器展から

誰にも伝わる、使えるユーザビリティの追求からはじまるケア

2019年11月14日

第46回国際福祉機器展H.C.R.2019が9月25~27日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。国内最大規模の福祉系コンベンションだが、介護者、障がい者などの当事者の来場が多いのも特徴だ。  ...全文を見る

特集 未来を拓く最新医療

2019年度成長戦略から近未来のヘルスケアを展望する

2019年11月05日

「デジタルヘルス」の動向を考えずに今後の地域医療は見通せない。本企画ではデジタルヘルスの今と今後の可能性を考える。  ...全文を見る

特集 高齢者住宅の最前線

自己負担額は20万円が主流 持続可能な社会資源の株式会社化

2019年10月30日

多死社会の進行とともに、高齢者と住まいが語られるようになった。人生の最期をどう心豊かに過ごすかが問われ、経済性を優先した画一的な高齢者住宅は陳腐化してしまう。2019年9月19日都内で開かれ第70回月例社会保障研究会では、前衛的な取り組みをするサービス付き高齢者向け住宅などの事例が報告された。  ...全文を見る

特集 VRと医療を結ぶ可能性(後半)

広がる医療でのVR活用 VRの現実化は増加する一方に

2019年10月21日

VRを活用したソリューションを提供している日本HPの島崎さくら氏は「2019年VR本格始動!VRの歴史とトレンドから医療での利活用を考察する」をテーマに、医療機関におけるVRの活用法を提案した。  ...全文を見る

特集 VRと医療を結ぶ可能性(前半)

遊ぶように医療と生活をつなげるVRテクノロジー

2019年10月16日

VR(バーチャルリアリティー)は医療界でも話題だ。8月31日に開かれた工学系の第19回日本VR医学会学術大会で、大会長の中口俊哉氏(千葉大学フロンティア医工学センター教授)は「VR開発には長い歴史がある。今は話題になっているが、これを持続的なものにしなければならない」と課題を指摘した。  ...全文を見る

特集 令和初、2020年度予算概算要求

厚労省概算要求、前年度比2.1%増の32兆6,234億円と過去最大

2019年10月08日

一般会計予算の概算要求総額が104兆円台後半から105兆円に達する見通しだ。厚生労働省は、団塊ジュニア世代が高齢者となり現役世代の減少が進む2040年頃を見据え、人生100年時代に対応した全世代型社会保障の構築に取り組む。  ...全文を見る

特集 地域包括ケア病棟の評価と機能(後半)

高齢社会の進行とこれからの地域包括ケア

2019年09月30日

埼玉県立大学理事長で、「地域包括ケア研究会」の座長を務める田中滋氏は、地域包括ケアシステムの中で地域包括ケア病棟はどうあるべきかを示した。  ...全文を見る

特集 地域包括ケア病棟の評価と機能(前半)

次期診療報酬と地域包括ケア病棟-見え隠れする地ケア病棟の課題

2019年09月24日

2019年7月27日に開催された地域包括ケア病棟研究大会では、地域包括ケア病棟がどう評価されるか、さらには地域包括ケアシステムの中でどう機能を果たすべきかの報告があった。  ...全文を見る

特集 緩和ケア病棟の機能、地域との連携

変化する緩和ケア病棟のハードルとさまざまな課題

2019年09月11日

2018年度診療報酬改定で、「緩和ケア病棟入院料」は区分1・2に分けられ、緩和ケア病棟の機能分化が図られるようになった。一方で地域との連携の視点も求められている。7月に開催された日本ホスピス緩和ケア協会の大会では、機能分化と地域連携に苦慮する現場からの声が寄せられた。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る