MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「病院」

Q.2020年4月1日から看護師「特定行為研修」制度の改正が目指すところは?

2020年01月27日

医師業務の看護師へのタスク・シフティング(業務の移管)を進めるために、看護師の「特定行為研修」制度に強い関心を持っています。  ...全文を見る

ロボット支援下内視鏡手術をはじめ「低侵襲」を武器に治療環境を整備

一般財団法人倉敷成人病センター(岡山県倉敷市)

2020年01月17日

内視鏡手術支援ロボットを中四国地方の民間病院で初めて導入した倉敷成人病センター。婦人科領域のロボット手術件数は現在600件を超えており、本邦最多である。  ...全文を見る

Q.活発化する国家資格化ですが、どのような資格が検討されていますか?

2020年01月15日

「医師事務作業補助者」の認定資格化や将来的な国家資格化に向けた動きが活発化していると聞きますが、どのような資格が検討されているのでしょうか?  ...全文を見る

Q.増税に伴う設備投資減税と、高額医療機器の配置効率化とは?

2019年12月23日

当院では、老朽化したMRI、CT等について新機種を導入する予定で準備を進めており、減税が適用されればメリットが大きいのは言うまでもありません。その具体的な内容についてご教示下さい。  ...全文を見る

特集 病院の力を介護に活かせ!介護なくして医療なし

自治体の視点 事業体類型より事業の永続性

2019年12月16日

介護政策の軸である地域包括ケアシステムにおいて「医療」が重要なポイントとして挙げられて久しいが、介護保険事業の主幹である市町村にとってこうした介護と医療の一体的提供はどのように映っているのだろうか。  ...全文を見る

特集 ホントに全床「急性期」でいいのか?(後編)

提言 診療報酬から病棟の実像を読む

2019年12月10日

2018年度診療報酬改定では一般病棟入院基本料を再編し、より「実態に即した」入院料を算定できる体系に改められたが、病院の反応はイマイチだ。患者の実態と報酬のバランスをどうとるか。工藤高・株式会社MMオフィス代表取締役に話を聞いた。  ...全文を見る

Q.特定機能病院の要件として病院機能評価認定に加え「ISO9001」認定やJCI認証が義務づけられるのか?

2019年12月09日

厚生労働省で行われる議論のための“たたき台”では、日本医療機能評価機構による第三者評価の認定や、「ISO9001」の認定、JCI認証(国際基準による医療の質・患者安全)等に言及されていますが、今後、要件として、これら全てを受審することが義務付けられるのでしょうか?  ...全文を見る

特集 ホントに全床「急性期」でいいのか?(前編)

最適な病棟運営をめざそう

2019年12月03日

2018年度診療報酬改定で入院基本料要件のあり方が大きく改められ、「看護職員配置」を軸としたものから、「看護職員配置」を土台に、受け入れた患者やその人たちの状態によって報酬が上乗せされる仕組みになった。  ...全文を見る

Q.医師少数地域を支援する機能として地域医療支援病院で新たに追加された要件とは?

2019年11月25日

2019年8月に厚生労働省で、「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」が開催され、新たに地域医療支援病院の「地域の実情に応じた要件」等が追加されるようになったと聞きました。  ...全文を見る

特集 自治体病院の経営再建

新築移転の急性期病院に赴任 辣腕事務局長として経営再建を果たす

2019年11月21日

厚生労働省が発表した自治体病院など公的病院の統合再編は、さまざまな論議を呼んでいる。地域の大事なインフラでもあり、機械的に話が進むわけではないだろうが、病院独自の経営再建は必要だろう。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る