MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「眼目」

医院ホームページ作成の教科書 第1回

クリニックのホームページとは

2017年08月10日

スマートフォンの普及に伴い、ネットを通じたコミュニケーション機会がますます増えていっています。紹介などの地域連携についても、ネット上のやり取りで完結してしまうことが多くなってくるでしょう。では、そんな時代に向けて、クリニックはどういうホームページを作れば良いのでしょうか?  ...全文を見る

1年後に迫った同時改定その行方と対応策を考える

医療・介護事業経営セミナー

2017年07月12日

医療・介護事業経営セミナー『1年後に迫る医療・介護報酬同時改定! 医療・介護サービス提供体制を徹底検証』が開催された。当日はASK梓診療報酬研究所所長の中林梓氏が同時改定をテーマにした講演を行った。  ...全文を見る

売り手・買い手ともに成功するM&Aのために必要な条件

~M&Aの動向とポイント

2017年06月14日

後継者不足や経営難といった理由から、医療法人のM&Aが右肩上がりで増加している。M&Aの現状や将来予測を整理するとともに、売り手・買い手ともに自身の願いをかなえるためのポイントを解説する。  ...全文を見る

医療IT最前線 第37回

~電子カルテのクラーク運用はスタッフの人材育成につながる

2017年05月19日

最近、医師のそばでクラークが電子カルテ入力を支援する「クラーク運用」が注目されている。その運用効果は医師の業務負荷の軽減だけでなく、診療所のコントロールタワーの役割を果たす人材の育成にもつながる。  ...全文を見る

病院など医療機関にとってのAIの可能性と危険性への対応・心構え

~森下正之 医療シンクタンクNPO主幹研究員

2017年05月02日

連日新聞・雑誌等メディアで取り上げられているAIについて、昨年あたりから医療機関での認識の程度を、具体的に調べる必要性を痛感し、資料を集めはじめた。現在「AIバブル」といえるほどの盛り上がりを見せているが、そのブームに潜む落とし穴に留意しなければならない。患者をはじめとする医療サービスの利用者の視点に基づき、考察を加えたい。  ...全文を見る

医療IT最前線 第35回

~診療所ICT化の鍵を握る3つのコミュニケーション

2017年04月14日

診療所におけるICT化の目的は「業務効率の向上」「関係者間の情報共有の促進」に大別される。中でも多職種の医療従事者が連携するチーム医療においては、コミュニケーションの質の向上にICTが役立ちます。  ...全文を見る

医療IT最前線 第34回

~補助金を活用する“医療ICT化”後に待ち受ける壁

2017年03月10日

医療分野では、政府や自治体などの補助金制度によるシステムの導入支援が行われてきました。システム化を後押ししてくれる一方で、制度終了後に直面する問題が医療機関を苦しめることもあります。  ...全文を見る

医療IT最前線 第33回

在宅医療の現場で活躍するスマートデバイス

2017年02月10日

患者宅に出向いて診察を行う在宅医療では、移動中の車内でカルテ記載を行うことが多い。しかし、多くの医師が繁忙であるため時間を十分に確保できないという。その解決にはiPhoneやiPadなどのスマートデバイス利用が効果的だ。 ...全文を見る

医療IT最前線 第32回

在宅医療のIT化に欠かせない“クラウドとタブレット端末”2つの波

2017年01月13日

政府主導で進められている「在宅医療・介護推進」事業。在宅医療に取り組むクリニック数の増加が予想される中、医療クラウドとタブレット端末の普及がそれを後押している。  ...全文を見る

医療IT最前線 第31回

電子カルテの導入評価は賛否両論、その理由とは?

2016年12月09日

電子カルテを導入した医師の中には「もう紙カルテには戻れない」という声がある一方、「紙カルテに戻りたい」という意見もある。その違いは一体どこから来ているのだろうか?  ...全文を見る

ページの先頭に戻る