MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「経営」

売り手・買い手ともに成功するM&Aのために必要な条件

~M&Aの動向とポイント

2017年06月14日

後継者不足や経営難といった理由から、医療法人のM&Aが右肩上がりで増加している。M&Aの現状や将来予測を整理するとともに、売り手・買い手ともに自身の願いをかなえるためのポイントを解説する。  ...全文を見る

特集 地域に求められる病院へ(下)

慢性期で勝ち残る

2017年05月31日

熊谷氏は、耳慣れぬ2023年問題についても言及した。同問題は、23年以降、世界医学教育連盟(WFME)が認定した医学部卒業生ではないと、アメリカ外国医学校卒業者認定機関(ECFMG)の認定を受けられないというものだ。実は日本の場合、WFMEの認定条件とする臨床実地研修病院の質と時間数が足りないとされる。 ...全文を見る

特集 地域に求められる病院へ(中)

慢性期で勝ち残る

2017年05月30日

武久氏は、急性期病院での長期入院抑制のために行われてきたさまざまな施策により、「地方での自称急性期病院には現在空床が目立ってきた」と指摘。このような病院は、一般病床を回復期リハ病棟や障害者病棟、地域包括ケア病棟へと転換を図ってきているが、思うようにいかない部分も多々あると述べた。 ...全文を見る

特集 地域に求められる病院へ(上)

慢性期で勝ち残る

2017年05月29日

2018年度同時改定では、高度急性期から回復期、慢性期へ、そして在宅という流れは明確になるといわれる。生き残りをかけて慢性期へ移行する急性期病院も増加するだろう。今後勝ち残る慢性期病院像として多くの事例が発表された。その一部を紹介する。  ...全文を見る

特集 2018年同時改定と2025年高齢社会に向けた病院経営を探る(下)

医療経営ステップアップフォーラムin福岡

2017年05月18日

冒頭、武久洋三氏は、「日本に寝たきりが多いのは、急性期での入院日数が他国の5倍以上あることに起因する」との持論を展開。寝たきりは急性期医療の治療中と治療後の継続入院中に主に作られると指摘した。  ...全文を見る

特集 2018年同時改定と2025年高齢社会に向けた病院経営を探る(中)

医療経営ステップアップフォーラムin福岡

2017年05月17日

相良吉昭氏によれば、社会医療法人博愛会は現在、鹿児島市内の4つの医療機関で乳がん治療を中心とした女性医療を展開している。  ...全文を見る

特集 2018年同時改定と2025年高齢社会に向けた病院経営を探る(上)

~医療経営ステップアップフォーラムin福岡

2017年05月15日

2018年度同時改定とその先にある2025年。さまざまに動く医療制度改革の中で、今後の病院経営はどうあるべきなのか。福岡県で開かれた医療経営ステップアップフォーラムでは、行政の動向、医療連携の経営戦略、慢性期医療の在り方から病院経営の姿が語られた。  ...全文を見る

特集 がん治療と就労の両立を支援(下)

企業はどう取り組んでいるのか

2017年04月20日

実際に社員ががん治療を開始した際に、企業や医療はどのように対応していけばいいのだろうか。シンポジウム後半のパネルトークでは、『がんと就労』のケーススタディーが紹介された。  ...全文を見る

特集 がん治療と就労の両立を支援(上)

企業はどう取り組んでいるのか

2017年04月18日

現在は、医療技術の進歩で働きながら通院する人が増え、仕事と治療の両立が課題となっている。昨年12月にはがん患者の雇用継続に配慮するよう、企業に努力義務を課すことを柱とした改正がん対策基本法が成立した。 ...全文を見る

動き出した”社会福祉法人制度改革“(1)

~厳しさ増す特養ホームの経営、社福の倒産も起こり得る時代に!~

2017年04月17日

社会福祉法人が「情報の可視化」を実施するのは「当たり前」というより、今後、定款、事業計画書、貸借対照表、収支計算書、更に役員報酬基準に至るまで、閲覧や公表対象にすることが法令上、明記されるようになった。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る