MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「診療報酬」

【NEWS】[診療報酬] 【中医協1月10日】新経済・財政再生計画改革工程表2019への対応で 堂々巡りの論議

中央社会保険医療協議会

2020年01月24日

中央社会保険医療協議会(会長:田辺国昭東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月10日に総会を開き、厚生労働省が報告した「2020年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)」について議論した。 ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 全国初、都市部での遠隔服薬指導がスタート

福岡市

2020年01月16日

福岡市は12月25日、18日の中医協で都市部における遠隔服薬指導に係る調剤報酬が決定されたことを受け、全国初となる都市部での遠隔服薬指導がスタートした。  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 【中医協12月20日】重症度、医療・看護必要度Ⅱ C項目対象手術の評価を議論

中央社会保険医療協議会

2020年01月10日

中央社会保険医療協議会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)が12月20日に開いた総会で、重症度、医療・看護必要度ⅡのC項目(手術等の医学的状況)の評価対象手術について、入院で実施する割合が高い手術を新たに対象とする場合、一定の点数以上の手術に限って追加することが提案された。  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 【中医協12月18日】同一薬局の利用推進、対物から対人業務への転換 支払側、診療側とも慎重な要件設定を要望

中央社会保険医療協議会

2020年01月08日

中央社会保険医療協議会(会長=田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は12月18日に総会を開いて、かかりつけ薬剤師・薬局の評価を含む対人業務として、同一薬局の利用推進、対物業務から対人業務への構造的転換を議論した。  ...全文を見る

Q.「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」と「特定加算」のキャリアパス要件とは連動しているのでしょうか?

2020年01月06日

キャリアパス要件ついて、一般社団法人シルバーサービス振興会が実施する「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」を導入して、人事考課と連動している場合は、キャリアパス要件を満たしていると判断されるのでしょうか?  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 【中医協12月6日】2020年度診療報改定、支払側と診療側が意見発表 1号側はマイナス改定、2号側はプラス改定を主張

中央社会保険医療協議会

2019年12月24日

中央社会保険医療協議会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)が12月6日に開いた総会で、令和2年度診療報酬改定について、1号側委員(支払側)と2号側委員(診療側)がそれぞれ意見を発表した。  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 【中医協12月4日】救急医療管理加算の算定要件 重症度のスコア記載が焦点

中央社会保険医療協議会

2019年12月20日

中医協が12月4日に開いた総会で救急医療管理加算が取り上げられた。救急医療管理加算1(900点)および救急医療管理加算2(300点)は重症度の基準が明確でなく、入院時の重症者スコアが正常範囲の患者が一定割合占められる医療機関があるなど、患者間や施設間の判断にばらつきが見られることが課題になっていた。  ...全文を見る

Q.「介護職員等特定処遇改善加算」算定の非対象となる介護サービスとは?

2019年12月17日

当該施設に勤務する介護福祉士で、勤続10年以上等の全ての要件を満たしていれば、これら全ての介護サービス事業では、2019年10月からスタートする「介護職員等特定処遇改善加算」の適用対象となるのでしょうか?  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] DPC対象病院に線引きは必要か?

2020年度診療報酬改定に向け検討始まる

2019年08月05日

厚生労働省の診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」で、いよいよ2020年度診療報酬改定に向けた検討が始まりました。DPC対象病院の要件については、「平均在院日数」や「診療密度」「DPC病床の構成割合」で線引きを行うかどうかを検討するとの方針が早くも示されています。  ...全文を見る

【Report】[診療報酬] 材料費を踏まえた増点など

次期診療報酬改定へ外保連が要望

2019年08月01日

外科系学会社会保険委員会連合(外保連)は9日、2020年度診療報酬改定に向けた各学会の要望を発表した。加盟83学会からの要望を合わせると、新設が164項目、改正が207項目、材料が34項目である。今後、厚生労働省のヒヤリングを受けて議論を重ねていく。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る