MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「診療報酬」

特集 衝撃の診療報酬改定 危機回避のポイントはここだ!(5)

知らない診療所は危ない!!

2018年05月23日

2018年度介護報酬改定は地域包括ケアシステムの構築を御旗に掲げ、自立支援や重度化防止、サービスの適正化がテーマになった。 ...全文を見る

特集 衝撃の診療報酬改定 危機回避のポイントはここだ!(4)

知らない診療所は危ない!!

2018年05月21日

毎回のことですが透析医療は削られていっています。今回も人工腎臓関係は大きく減らされたし、しかも透析用監視装置に台数に応じた点数設計という新しい手法を導入し、大規模型の透析医療の基本料を減らしてきています。  ...全文を見る

特集 衝撃の診療報酬改定 危機回避のポイントはここだ!(3)

知らない診療所は危ない!!

2018年05月17日

今改定の外来で最も大きなポイントは「初診料機能強化加算」でしょう。もう少し厳しい算定要件が課されるかと思いましたが、非常に緩いという印象を受けます。 ...全文を見る

特集 衝撃の診療報酬改定 危機回避のポイントはここだ!(2)

知らない診療所は危ない!!

2018年05月16日

在宅医療に関しては今回、在宅患者に対して複数の医療機関が訪問診療に入れるよう「在宅患者訪問診療料Ⅰ」が見直されました。 ...全文を見る

特集 衝撃の診療報酬改定 危機回避のポイントはここだ!(1)

知らない診療所は危ない!!

2018年05月14日

2018年度診療報酬改定は本体部分0.55%のプラス、介護報酬は0.54%のプラスとなった。ともにプラス改定となったものの、従前の「診療体制」から「診療実績」へ、入院基本料の評価指標の大幅な見直しをはじめ評価体系は大きく変わってきている。 ...全文を見る

急性期入院医療は実績指標「看護必要度」

該当患者割合が病院経営の今後を左右する

2018年05月10日

『急性期一般入院基本料』は、現行の「7対1」一般病棟と「10対1」一般病棟の中間に位置する評価として新たに設定され、診療報酬は『急性期一般入院料1~7』まで7段階の区分となった。 ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 診療報酬改定を評価

日本臨床内科医会アンケート

2018年04月03日

日本臨床内科医会はこのほど、2018年度の診療報酬改定に関し、所属の開業医らを対象にしたアンケートの結果をまとめた。  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 「医療的ケア児」手厚く、障害福祉サービスの新報酬

厚労省

2018年02月21日

厚生労働省は5日、障害者に福祉サービスを提供する事業者に支払う報酬について、2018年度からの配分内容をまとめた。日常的にたん吸引などが必要な「医療的ケア児」が増えており、支援を手厚くする。  ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 「脱入院」後押し、=医療費膨張抑制へ

18年度の診療報酬改定

2018年02月16日

2018年度の診療報酬の改定案では、重症患者向けの急性期病床が将来のニーズより多過ぎるため、診療報酬の要件を厳格化し、病床の再編を誘導。入院の必要度が低い高齢患者の退院も促し、自宅や新設する「介護医療院」などで医療・介護サービスを受けてもらう。 ...全文を見る

【NEWS】[診療報酬] 遠隔診療普及に期待、患者へ負担増も?

診療報酬改定

2018年02月15日

7日に答申された2018年度診療報酬改定案には、テレビ電話などを用いて医師が診察する遠隔診療の報酬が新設された。普及が進めば通院が不要となり、高齢患者らの負担軽減も期待される。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る