MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「診療報酬改定」

課題山積の在宅医療はどう変わるか?(2)

在宅医療の「専門分化」と医科歯科連携の推進

2017年07月18日

今年に入り、1月11日、更に4月12日の2回に亘って中医協総会で在宅医療に係る議論が行なわれたが、今回は前回に引き続き、中医協での幾つかの論点を整理しながら、来年度に予定される診療報酬・介護報酬W改定でのポイントを占ってみたい。 ...全文を見る

特集 改正介護保険法が成立(下)

世代間の費用負担差も意識

2017年07月05日

介護保険事業計画によってサービス提供量が管理されているものの、参入コストが低く利益率の高いサービス事業者数が偏って増加。特に小規模デイサービスについては、参入する事業所数が目立って多い。 ...全文を見る

特集 改正介護保険法が成立(上)

世代間の費用負担差も意識

2017年07月04日

改正介護保険法が成立した。2018年度には診療報酬・介護報酬の同時改定があり、高齢者ケアが総合的に見直されそうだ。利用者負担の適正化など、世代間のギャップも意識した内容になっている。  ...全文を見る

特集 2018年同時改定と2025年高齢社会に向けた病院経営を探る(下)

医療経営ステップアップフォーラムin福岡

2017年05月18日

冒頭、武久洋三氏は、「日本に寝たきりが多いのは、急性期での入院日数が他国の5倍以上あることに起因する」との持論を展開。寝たきりは急性期医療の治療中と治療後の継続入院中に主に作られると指摘した。  ...全文を見る

特集 2018年同時改定と2025年高齢社会に向けた病院経営を探る(中)

医療経営ステップアップフォーラムin福岡

2017年05月17日

相良吉昭氏によれば、社会医療法人博愛会は現在、鹿児島市内の4つの医療機関で乳がん治療を中心とした女性医療を展開している。  ...全文を見る

特集 2018年同時改定と2025年高齢社会に向けた病院経営を探る(上)

~医療経営ステップアップフォーラムin福岡

2017年05月15日

2018年度同時改定とその先にある2025年。さまざまに動く医療制度改革の中で、今後の病院経営はどうあるべきなのか。福岡県で開かれた医療経営ステップアップフォーラムでは、行政の動向、医療連携の経営戦略、慢性期医療の在り方から病院経営の姿が語られた。  ...全文を見る

医療・介護改革の行方(下)

2018年に向けて

2017年04月06日

医療・介護を論じる視点は、現場レベルと政策レベルがある。その上で、医療と介護がリンケージするための課題は何だと考えているか。 ...全文を見る

医療・介護改革の行方(中)

2018年に向けて

2017年04月05日

2025年の病床を見たとき神奈川県では、超急性期と急性期はあまり減らず、回復期、慢性期が非常に増えていくことになる。現在は超急性期病院も競争の最中で、どこが最初に敗れて回復期に移行するのかを見ている状況だ。  ...全文を見る

医療・介護改革の行方(上)

2018年に向けて

2017年04月04日

医療・介護同時改定に加え、医療計画、介護保険事業計画が一斉に見直される2018年は、今後の社会保障の道筋を決めるマイルストーンと言われる。医療介護福祉政策研究フォーラムが1月に開催した新春座談会では、各分野の論客が集い、18年を踏まえて議論した。財政とともに不足する医療人材、予防の課題が浮かび上がった。  ...全文を見る

特集 革新的な経営手法、続々公開(3)

2017年02月16日

林氏は現在懸念している問題を、長期的には病床削減が進む2025年問題で、当面は病床利用率の低下、収益低下と費用上昇、医師の高齢化、介護施設で発生するアクシデント、働いている人の意識などを挙げた。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る