MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「調剤薬局」

Q.全国・保険者「後発品使用割合」の現状とは?

2019年10月17日

国が公表した『経済財政運営と改革の基本方針2019』(骨太の方針2019)では、2020年9月までの後発品使用割合「80%以上」が示されていますが、実際には全国的な達成状況はどのようになっているのでしょうか?  ...全文を見る

薬機法(医薬品、医療機器等法)改正の調剤薬局に与える影響とは?(3)

“見切り発車”との見方もあるオンライン服薬指導の解禁(上)

2019年09月27日

薬機法改正案の目玉の一つとして位置づけられているのは「服薬指導について、対面義務の例外として、一定のルールの下で、テレビ電話等による服薬指導を規定」との記述があるオンライン(遠隔)服薬指導の解禁です。  ...全文を見る

Q.薬機法改正で誕生する「専門医療機関連携薬局」の薬薬連携のカタチとは?

2019年09月24日

私たちは、かかりつけ薬局であると同時に、今後「専門医療機関連携薬局」としての役割を果たしていくと思うのですが、薬薬連携(薬剤師間の連携)のあり方としては、どのようなイメージになるのでしょうか?  ...全文を見る

Q.ポリファーマシー解消の薬局経営上のメリットとは?

2019年09月12日

先輩薬剤師からポリファーマシー解消への取り組みは、患者様の良質な薬物療法の提供や、服薬アドヒアランスの向上だけでなく、薬局経営にも多くのメリットがあると教わりました。  ...全文を見る

Q.オンライン服薬指導の解禁時期とその運用はどうなりますか?

2019年08月28日

実際に薬機法改正案が成立したとして、薬局現場におけるオンライン服薬指導の解禁が実現するのはいつ頃でしょうか?今回の改正案の中では、オンライン服薬指導の運用方法については触れていませんが、分かる範囲内で教えて下さい。  ...全文を見る

薬機法(医薬品、医療機器等法)改正の調剤薬局に与える影響とは?(2)

2つのタイプの機能別薬局「知事認定制度」が誕生する

2019年08月26日

薬機法改正により、調剤薬局の新しいカタチとして「地域連携薬局」と「専門医療機関連携薬局」という2つのタイプの機能別薬局「知事認定制度」(名称独占)が誕生することになります。  ...全文を見る

Q.薬機法改正案に織り込まれた調剤薬局企業の違法行為に対する罰則規定とは?

2019年08月07日

薬機法改正案では、調剤薬局企業のガバナンスやビジネス・コンプライアンスが厳格に問われるようになったと聞きました。どのような違法行為に対して、どのような罰則が科せられることになるのでしょうか?  ...全文を見る

薬機法(医薬品、医療機器等法)改正の調剤薬局に与える影響とは?(1)

問われる薬局経営者のモラルハザード

2019年07月31日

改正案には今後の調剤薬局のあり方や、薬局経営に大きな影響を及ぼすと思われる重要な内容が織りこまれています。本稿では国会での動向を睨みながら、継続的に薬機法改正案の内容を検証します。  ...全文を見る

Q.「遠隔服薬指導」解禁で、「かかりつけ」薬剤師の調剤報酬算定は可能になりますか?

2019年07月22日

「遠隔服薬指導」は、主に生活習慣病患者等が対象と想定されることから、「かかりつけ薬剤師指導料・かかりつけ薬剤師包括管理料」が算定できるということでしょうか?  ...全文を見る

Q.薬機法改正案で示された「先駆け審査指定制度」とは?

2019年07月09日

「先駆け審査指定制度」とは一体、どのような制度なのでしょうか?今回の薬機法改正で初めて法制化されるものなのでしょうか?  ...全文を見る

ページの先頭に戻る