MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「調剤薬局」

Q.電子版お薬手帳がなかなか普及しない理由はなんでしょうか?

2019年04月18日

私たちは電子版お薬手帳の導入を検討していますが、東日本大震災の時に調剤薬局のコンピュータが機能不全に陥った際、紙媒体のお薬手帳が患者さんの支援に有益だったことを思い起こし、二の足を踏んでいます。 ...全文を見る

Q.「かかりつけ薬剤師指導料」を算定している場合でも、「服薬情報等提供料」を算定できますか?

2019年04月10日

既に包括制の「かかりつけ薬剤師管理料」を届出し、かかりつけ薬局としての機能を果たしています。調剤報酬上の「かかりつけ薬剤師」としての要件と、「服薬情報等提供料」で求められる機能が、かなり似通っていると思うのですが、「服薬情報等提供料」の算定は可能なのですか? ...全文を見る

Q.電子処方せんを運用するための実施条件とは?

2019年03月26日

厚生労働省は2016年3月に「電子処方せんの運用ガイドライン」を公表し、厚生労働省令を改正し、「処方せんの電子化」実現に向けて動き出しています。2018年10月に同省は電子処方せんの本格運用に向けた実施事業の公募をスタートしました。  ...全文を見る

「電子版」お薬手帳に患者はメリットを感じているのだろうか?

「電子版」推進は「処方せん電子化」の一里塚

2019年03月19日

「電子版」お薬手帳の運用は電子処方せんを運用するための“一里塚”であり、患者が処方内容を可視化して知り、活用するためには「電子版」お薬手帳との連携が不可欠と捉えている。  ...全文を見る

Q.患者の服薬情報を把握するためにできる手段を教えて下さい。

2019年03月12日

「患者が服用している医薬品に関する情報の収集手段」としては、厚生労働省のアンケート調査結果にもあるように、当薬局でも「お薬手帳の活用」と「患者・家族への質問等」、「処方せんに印字、記載された情報」がほとんどになります。  ...全文を見る

都市部の「大型門前薬局」グループでの導入が進展する「e-お薬手帳」

患者の「パスワードを預かる」 行為へのハードルの高さ

2019年02月27日

2016年1月13日に厚生労働省・中央社会保険医療協議会の「論点整理」で、「お薬手帳については電子版の手帳であっても、紙媒体と同等の機能を有する場合には、算定上、紙媒体の手帳と同様の扱いにする」ことが示されました。  ...全文を見る

Q.薬局薬剤師が行う「他職種連携」との具体的な取組みを教えてください。

2019年02月22日

徐々に「患者のための薬局ビジョン」で示されたような地域連携の取り組みを進めていきたいと考えているのですが、どのような取組みをしたらよいですか?ご指導下さい。 ...全文を見る

Q.「患者のための薬局ビジョン」実現に向けて全国的に把握すべきKPIでの指標を教えてください。

2019年02月15日

「患者のための薬局ビジョン」実現のためのアクションプラン検討委員会が、KPI(Key Performance Indicator)の中で、「かかりつけ薬剤師としての役割を発揮出来る薬剤師を配置している薬局数」を評価しうる指標を設定したと聞きました。 KPIで示された指標の内容を教えて下さい。  ...全文を見る

「健康サポート薬局」の現在~小規模薬局の多くに広く浸透していない課題が浮き彫りに

「研修受講の必要性を感じない」薬局が14.3%

2019年01月30日

厚生労働省は2018年3月、「かかりつけ薬剤師・薬局」の推進に関する指標を中心に、薬剤師・薬局の現状について把握・分析すること等を目的に、薬局及び患者を対象にしたアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。  ...全文を見る

Q.日本の調剤薬局で、「電子版お薬手帳」導入を実現しているのは、どの位の割合に及ぶのでしょうか。

2019年01月23日

実際に日本の調剤薬局で、「電子版お薬手帳」導入を実現しているのは、どの位の割合に及ぶのかを教えて下さい。また、導入に向けての最大の課題は、どこにあるのでしょうか?  ...全文を見る

ページの先頭に戻る