MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「高齢者」

高齢者医療の将来(3)

日本老年医学会の提言する「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」

2019年04月04日

学会では、「高齢者だけでなく広く国民に働きかけ、国民一人一人が現状を正確に認識したうえで、超高齢社会における課題にともに取り組む体制を構築することが必要である」としている。  ...全文を見る

高齢者医療の将来(2)

日本老年医学会の提言する「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」

2019年04月03日

2017年に日本老年医学会の「高齢者の定義を75歳以上にする」という提言に対して大きな反響があった。この提言は、超高齢少子化社会であるわが国の今後の医療・介護の行方を見極める上で様々な課題を示唆している。  ...全文を見る

【NEWS】[高齢者] 75歳以上の運転者、「認知症恐れ」延べ5.4万人

警察庁

2019年03月29日

運転免許更新時などの検査で医師の診断が必要な「認知症の恐れ」と判定された75歳以上の高齢ドライバーが、昨年1年間に延べ5万4786人いたことが18日、警察庁のまとめ(確定値)で分かった。  ...全文を見る

【NEWS】[高齢者] 認知症高齢者の情報提供で協定

東京都町田市など

2019年02月04日

東京都町田市と警視庁町田、南大沢両警察署は18日、ヤマト運輸、東急電鉄、JR東日本、小田急電鉄、京王電鉄、エフエムさがみの6事業者と、行方不明になった認知症の高齢者らに関する情報提供の協定を結んだ。  ...全文を見る

介護人材不足は外国人が救えるか?

改正出入国管理法で、日本は選ばれる国になったのか

2019年01月31日

2018年12月、改正出入国管理法が成立した。外国人労働者に対する国の方針は大きく舵が切られたことになるが、政府は「法律の具体的な内容については、政省令で今後決めていく」としている。 ...全文を見る

【NEWS】[高齢者] 認知症対策の大綱策定へ

政府

2019年01月15日

政府は12月25日、高齢化の進展を踏まえ、新たな認知症対策を策定するため、関係閣僚会議の初会合を首相官邸で開いた。  ...全文を見る

高齢者医療の将来(1)

日本老年医学会の提言する「健康長寿達成を支える老年医学推進5か年計画」

2018年12月20日

2017年1月に日本老年医学会では高齢者の定義を75歳以上とする提言をした。第60回日本老年学会開催時にプレスセミナーを開き、大阪大学医学部教授で同学会理事長の楽木宏美氏が内容について説明と質疑応答を行った。 ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(3)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月05日

フォーラムの最後に、慶応義塾大学大学院教授 中村洋氏を座長とし、シンポジウム「健康経営の実践で明らかに業績に差がつく」を開催した。  ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(2)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月04日

年金・医療費・介護費において、年金問題は「マクロ経済スライド方式」の導入により、大まかな問題は解決した。公的年金はインフレ・デフレ対応を行いながら「現役勤労者」の平均給与を目安に設定される。  ...全文を見る

特集 医療費はどれだけ増えるのか(1)

焦点はハイブリッド型社会と健康経営

2018年12月03日

医療費抑制策を考察するシンポジウムは数多いが、論点は医療提供体制の変革にとどまりがちである。医療経済フォーラム・ジャパンが10月25日、都内で開いた公開シンポジウムでは新たな視点が提示された。特に経済産業省の提言がクローズアップされた。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る