MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「2020年度報酬改定」

2020年度診療報酬改定ホットニュース

今回の「目玉」項目をピンポイント解説(上)

2020年03月05日

1月31日に厚生労働省の中医協(中央社会保険医療協議会)より2020年度診療報酬改定の個別改定項目(「短冊」)が公表された。  ...全文を見る

中医協での議論から予想される2020年度診療報酬改定の行方(3)地域包括ケア病棟

DPC病院や大規模病院の地域包括ケア病棟運営に対してルールを更に厳格化

2020年02月10日

2014年度診療報酬改定で地域包括ケア病棟(地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料届出施設)は、厚生労働省によると2015年9月時点で全国1,170施設、3万1,700床だったのが、(株)日本アルトマークの調査によると、2019年6月時点で2,424病院18万4,813床にまで達していた。  ...全文を見る

中医協での議論から予想される2020年度診療報酬改定の行方(2) 急性期一般病棟~(下)

現行の急性期一般病棟・7区分は今後も存続するのだろうか?

2020年01月09日

2018年度診療報酬改定から従来の「重症度、医療・看護必要度」(看護必要度に略)に加え、診療実績データを用いた看護必要度IIという測定方法が導入された。また2018年度診療報酬改定では、急性期一般入院料2および3に関しては、看護必要度IIの採用が、原則、義務付けられた。  ...全文を見る

中医協での議論から予想される2020年度診療報酬改定の行方(1) 急性期一般病棟~(上)

着眼点は「重症度、医療・看護必要度」の見直し

2019年12月04日

中医協での2020年度診療報酬改定に係る第二ラウンドの議論は、2019年9月11日から本格的にスタートしたが、本稿では「令和」初となる同改定に関する議論の内容や提示された資料(データ)等から、類推される改正ポイントについて考えてみたい。  ...全文を見る

ページの先頭に戻る