MMI 実務レベルの医療経営コンサルティングをご提供する会員制サイト

Produced by 日本経営
検索結果

キーワード「IT」

医療IT最前線 第55回

医療クラークの育て方

2018年11月06日

診療所でも、電子カルテを導入する際に入力業務を医師が行うか、クラークを配置し、医師とクラークが協力して行うか、を考える時代となりました。  ...全文を見る

医療IT最前線 第54回

診療所の来院患者の流れが変わる?

2018年10月24日

かかりつけ医の普及は、果たして日本に定着するのでしょうか。患者さんは馴染みの診療所に行くという行為は、かかりつけ医と考え方がなくても昔から存在しています。  ...全文を見る

医療IT最前線 第53回

クラウドによる価格の低下の恩恵

2018年10月03日

2010年に医療分野でクラウドコンピューティングが解禁されてから8年が経ちました。現在、最もクラウド化が進んだシステムは診療予約システムでしょう。  ...全文を見る

特集 医療とAI・ICT(下)

医療現場の新しい形

2018年09月20日

シンポジウムの後半は、会場参加者から寄せられた質問に登壇者が1つひとつ答えていった。そこでは現在のAI・ICTと医療の接点が見え隠れした。  ...全文を見る

特集 医療とAI・ICT(中)

医療現場の新しい形

2018年09月19日

思考バイアスなき社会を目指すというのだが、実際にどういうことか。河野氏によれば、人間には思い込みがあるというところから始まっている。  ...全文を見る

医療IT最前線 第52回

コミュニケーション向上のための『お薬手帳』の活用

2018年09月19日

政府は患者ごとの薬剤を適切に管理することで、医療費抑制に貢献できると考え、調剤薬局を「かかりつけ薬局」と定義して積極的な患者への関与・介入を期待しています。  ...全文を見る

特集 医療とAI・ICT(上)

医療現場の新しい形

2018年09月18日

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)はこの夏、「医療分野におけるAIとICT」に焦点を当てたシンポジウムを開催した。昨今のAIブームを始め、ICTの急速な進化により形成されつつある医療現場の新しい形が取り上げられた。  ...全文を見る

医療IT最前線 第51回

ネットワーク・コミュニケーションとヒューマン・コミュニケーション

2018年09月04日

政府は患者さんが「かかりつけ医」や「かかりつけ薬剤師」を持つことを推奨しており、患者さんが気軽に相談できる医療機関として診療所や調剤薬局を位置付けています。  ...全文を見る

医療IT最前線 第50回

医療の現場でパソコンが向かない訳

2018年08月22日

医療の現場では、他の業界に比べて、パソコンが苦手なスタッフが多いようです。  ...全文を見る

【NEWS】[医学研究] AIで高精度検出に成功、早期胃がん領域

理研、国がん東病院

2018年08月20日

理化学研究所、国立がん研究センター東病院消化管内視鏡科の共同研究チームは7月20日、少数の正解データにより構築された人工知能による、早期胃がんの高精度な自動検出法を確立したことを公表した。 ...全文を見る

ページの先頭に戻る